Yentaが生み出すビジネスの出会い

65
課題と意見を素直に話す。助成金・補助金サポートツール開発のきっかけ。

課題と意見を素直に話す。助成金・補助金サポートツール開発のきっかけ。

Yenta を利用して出会い、実際にお仕事につながった株式会社セームページの高木さんとフリーランスの吉田さん。出会いから半年後、高木さんが手がけていた助成金・補助金支援事業の価値を向上させる、業務ツールを吉田さんが開発。その開発過程をお聞きするなかで、見えてきたのは Yenta での出会いが生んだ新しい可能性でした。 事業を担える仕事仲間を探していたー お二人の自己紹介をお願いします。 高木さん(TOP画像左): 株式会社セームページ代表の高木です。会社は今年で 9 期目

スキ
12
新規事業開発に重要なヒントが得られた 〜マインドセットと顧客ニーズの発見〜

新規事業開発に重要なヒントが得られた 〜マインドセットと顧客ニーズの発見〜

大阪から東京へ転勤し、仕事内容も活動拠点も変わった伊藤忠テクノソリューションズでを務める林さん。新規事業のテーマ探しに悩んでいた時に、Yenta を使い始め、人との出会いの中からヒントを得られたそうです。林さんの出会いがどんなものだったのか、お聞きするなかで見えてきたのは、 Yenta がつくりだす偶発的な人の出会いでした。 新規事業のテーマ、開発ノウハウがない― 林さんは Yenta をいつから使われているのですか? 2017年に大阪から東京に転勤して、少し経った頃です

スキ
13