ショート・ショート

4

ショート・ショート:少年の夢

 夕暮れ時、風をきる音。  息が白い。 「またやってる。」  呆れたような声。  少年がバットを振っている。 「ご飯できてるからね。」  疲れた顔の若い母親。  意図せず彼女は侮蔑的視線を向ける。 「うん。」  少年はバットを振っている。  彼女は舌打ちをした。 「才能がない。」…