読書note33「僕は、そして僕たちはどう生きるか」梨木香歩
見出し画像

読書note33「僕は、そして僕たちはどう生きるか」梨木香歩

前回の「ほんとうのリーダーのみつけ方」から逆算で読んだ。「君たちはどう生きるか」のリスペクトか、主人公のコペル君とその友達仲間を中心に展開する物語。同調圧力に知らずに流されているかもしれない現代社会を反映しつつ、自ら考えることを忘れてはいけないと強く警告している。

「西の魔女が死んだ」などの作品で、静かでしんしんとする世界が好きだった作家であるが、こんな風にある意味、”今”に対して熱い想いを持った作家であったことを改めて知ったきがした。

「・・・泣いたら、だめだ。考え続けられなくなるから」

考えさせられる一言だった。

やあ。よかったら、ここにおいでよ。気に入ったら、ここが君の席だよ。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
日用品メーカーでマーケッターとして働いた後、大学でマーケティングを教える教員をしています。マーケティングとは、「人を気持ちよく動かす”仕掛け、仕組み、考え方”」であると定義しています。”人を動かす”文章は書けませんが、自分が動かされた本やヒト、コト、ものについて、書いていければ。