ゲシるにビタ着。
見出し画像

ゲシるにビタ着。

そう言えばこないだの日曜日もボケ〜っとテレビを見てたらたまたま映ってたのがスケートボードの中継だったなと、今日も同じ日曜日のボケっとテレビからの、BMXフリースタイル・パークの中継を観戦することに。

テレビから席を外したいなと思い、ネットで中継を見直す。そこから流れてくる解説と実況が凄くわかりやすかった。

解説は、BMXプロライダーの勅使河原大地、実況は日本テレビの中野謙吾アナウンサー。

解説は専門的(内輪ネタ的)過ぎず、動きが速くて複雑過ぎて見分けのつかないトリックをわかりやすい言葉で解説してくれた。実況は専門家でもないアナウンサーが適切にそんなトリックの違いを把握していることにビックリした、相当に勉強したんだろうか。

そんな二人が相まって、引き込まれた。

たまたま見た中継だったけど、単純に聴きものとして楽しめた。凄く。

その副産物として「ゲシる」と「ビタ着」と言う専門用語が脚光を浴びることに。

ゲシる」とは、着地での失敗が失速を招く状態

ビタ着」とは、着地での成功が加速を招く状態

一連の流れの中で今の状態が次のトライに影響する時、主に使う言葉。

何事にも使える言葉として広がっていきそうな勢い。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フリーランスのマウンテンバイクライダーです。https://www.yans.com