見出し画像

高尚なる考え方

哲ちゃんの晴耕雨読

2回目の収穫を終え、今作業場には大量のぽんかんが、山積みされています。
その山を見て、これを「全部自分で売る」ということに「絶望しそうになる」ことがあります。

そうならないために、「哲ちゃんの晴耕雨読」を書き、65から始めたインスタで、写真・動画を発信し、わたしたちの日々の生活・考え方を伝えてきました。
「人間まるごとやのぽんかん園」のファンを増やすことが目的です。

そのSNSが、直接的にどれだけ集客につながるか?
今、それは未知数であり、商売はそんな甘いものでもありません。

そんな時、静岡の尊敬する先輩との電話(お歳暮のお礼)の中で、インスタの話になり、わたしがそういうことを言ったら
「たとえ商売につながらなくても、人とのつながりにはなるよね」
「人とのつながりが大事だよね」

この言葉を聞き、こころが洗われるような新鮮な気持になりました。
一箱3000円の商品を売る以上に、こうして「人間をさらして」人とつながっている(これは実感します)ことこそ、お金では買えない大きな価値を得れるんだ、と思いました。

SNSに対し、こうした高尚な考え方にたったほうが、ずっと続けられるし「潔い生き方」かもしれません。

人との縁、出会いが、困難を突破させること、何度も経験してきました。
今それがSNSを通じて、全国規模で縁・出会いができるようになりました。
今まで以上に困難突破の可能性が広がるかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!