見出し画像

つくりながら暮らすウェア「ゆあん」のパンツでクラファン挑戦中!

有松発!つくりながら暮らすウェア「ゆあん - YUAN」
有松・鳴海絞りの技法によるシワを生かしたドット柄パンツを
PROJECT NAGOYA GONA!のクラウドファンディングにて受注開始


名古屋市緑区有松を中心に遊休不動産の利活用、地域振興イベントの企画運営などをおこなう合同会社ありまつ中心家守会社(本社:愛知県名古屋市、共同代表:浅野 翔・武馬淑恵・山上正晃)は、『ナゴヤに新しい変化を起こす。』をテーマにしたクラウドファンディングサービス「BOOSTER by PARCO & CAMPFIRE」が実施するNAGOYA GONA!において、つくりながら暮らすウェア「ゆあん - YUAN」の、有松・鳴海絞りの技法によるシワを生かしたドット柄パンツを受注するクラウドファンディングを2021年3月31日[月]から開始いたします。


リターンには、ゆあんのパンツ、有松の工場見学や絞り染体験、支援者自らがパンツを染色する体験などがあります。

詳細URL:https://camp-fire.jp/projects/view/394991

プロジェクト概要

プロジェクト名|つくりながら暮らすウェア、伝統工芸の技術から生まれたパンツを届けたい!
URL|https://camp-fire.jp/projects/view/394991
実施期間|2021年3月31日[水]―2021年5月28日[金]
目標金額|1,200,000円

プレスリリース資料一式|https://docs.google.com/document/d/1-O7ujjgfWCR0QYxL3iOs9EXtT03kVIx4hdfh4FuGbFY/edit?usp=sharing

ゆあんのパンツ概要

ゆあんのパンツは、縫い絞りという技法によって生まれたドット柄と生地の折りを活かし、塩縮(綿生地を化学的に縮ませる加工)と染色を加えることで、カジュアルな印象とやわかなストレッチ性を実現しています。スムーズな着脱をサポートする太めのウエストゴムや、サイズ調整のためのヒモがポイントがポイントで、男女ともに使えるフリーサイズとなっています。

画像1

画像2

着用イメージ

画像3

画像4

[モデル|高澤怜那、写真|アイディアバルブ(株)高津潤也]

モデル身長|162cm
着用サイズ|フリーサイズ

お問い合わせ

合同会社ありまつ中心家守会社|458-0924名古屋市緑区有松1060冨田ビル205号室|https://yamori.armt.jp|代表 info@armt.jp|武馬 buma@armt.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
名古屋市有松にある遊休不動産の利活用から、にぎわいづくりやエリアブランディングに取り組むサービス会社です。 https://yamori.armt.jp