山梨県立大学【公式】
「ちょっと待って、作れない」
見出し画像

「ちょっと待って、作れない」

山梨県立大学【公式】

ある木曜日の2限の時、私はこう叫んでいた。

そう、作れないのだ「やじろべえ」が。

『初等科生活科指導法』という、山崎先生の講義である。その名の通り、小学校低学年の生活科の指導について、学習指導要領を読んだり、授業の実践例を見たり、模擬授業を行ったりする授業だ。

今回は、実際に「やじろべえ」を作った。

キリがなかったので、2人1組になり、ドリルで穴を開けたのだが、どうしても上手くいかない。
どんくりが割れてしまうのだ。何回も何回も挑戦しても、破壊されたどんぐりが増えていく。

破壊王になれそうだ!!!

画像1

ペアの学生と「もっとこうしたらいいんじゃない!」と試行錯誤しながら取り組んだ。

やっとのやっと、できた「やじろべえ」は、すぐ壊れてしまったけれど、できた時の達成感は忘れられない。

画像2

大切なのは、考えて最後までやり抜くこと。

1人だったら諦めていただろうし、仲間と意見を出し合いながら 納得するまで挑戦できたら素敵だと思う。失敗してもいいし、完成できなくてもいい。

そんな授業が将来作れたらいいなと思う。

文・写真:手塚帆菜実(人間福祉学部人間形成学科3年・学生広報委員)

読んでくださりありがとうございます。
山梨県立大学【公式】
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。