見出し画像

手書き風フォントをつくった

自分の字の手書風フォントを作成した。横書きしか使えない。

文字の幅があるので、wordなどで使う際は、レイアウト→段落→インデントと行間隔から、行間の倍率を「倍数」、間隔を「0.45」に、そして「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外すと良い感じに並ぶ。

手書きで文字を書かなければいけないが、書くのはめんどうだという場面がいくつかあると思うので、その時によければ使ってほしい。

私は就職活動の時期、知らないおじさんに面接で自分のことを話すのは嫌だなぁという理由で、ほとんど活動しなかったが、数少ない面接においてエントリーリートの字だけはやたらに読みやすいと褒められた。ほかに褒めるところが無かったのかもしれない。デザイン性もないし、達筆でもないが、絶妙に読みやすい字だし、男女問わず使えるように思う。

いまだに手書きでエントリーシートを書かせるなんて正気の沙汰ではないし、募集を受ける人たちのことを何も考えていないヤバイ企業だと思うが、そうは言っても、手書きのエントリーシートを送らないといけない場面があるだろう。そのような時に、役に立つのかはわからないが、ぜひ使ってほしい。繰り返すが、縦書きには対応していない。

画像1

本当はこのような厳しい時期にあって、私が大企業に勤めている就活マスターであれば、なにか素敵なアドバイスの一つでもできるかもしれないが、残念ながらそうではないので、役に立つのかどうかわからないものを作ることにした。聞いてもいないのに、就活生にアドバイスしてくる大人はめちゃくちゃダサい気がするけれども。

というわけで、役に立つか分からないですが、よければ使ってください。そして大きな権力を持った際には私に仕事をください。よろしくお願いします。

※フリーフォントですが著作権は放棄していません。
※使用によるトラブルには一切責任を持ちません。
※嫌がらせや差別、違法な目的での使用は禁止します。

追記:基本的にフリーフォントなので、商業利用は問題ないですが、たくさん儲けた場合は、noteの機能で私にサポートをするなりしてください。繰り返しになりますが、文字の幅が広いので、調整が必要です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1991年、沖縄県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社シノドスに入社。退社後、フリーライターとして活動中。B面の岩波新書で「在野に学問あり」、BLOGOSにて「スポーツぎらい」を連載中。