オンライン服薬指導

9月のオンライン服薬指導解禁に先駆けシステム会社を選定中。
システム利用料も含めて結構な価格設定がなされてますね。
個人的には、LINEやFaceTimeを使用して、QRコード決済もしくはPayPal決済で充分対応できるのではないかと考えています。タイムスケジュール等は、Googleカレンダーで対応可能ですよね。

ここで問題なのがセキュリティ。オンライン服薬指導システムアプリ開発会社のセキュリティは完璧だと信じています。しかしクライアント側で使用している端末のセキュリティは大丈夫なのでしょうか。今は個人情報を差し出して、利便性を享受する時代です。セキュリティはセンシティブな問題とはいえ、AndroidスマホやタブレットやSNSを利用している時点でデータはダダ漏れですよね。参考までにGoogleとLINEのプライバシーポリシーを示します。
最近は中国製のAndroidスマホも問題になりましたよね。

患者情報が漏洩することは企業が消滅することに匹敵する時代です。まあLINEやGoogleのセキュリティが原因となり、情報が一般に漏洩することは無いと思いますが、どうでしょうか。

参考資料
1 オンライン医療の推進について(令和2年6月26日閲覧)
https://www8.cao.go.jp/kiseikaikaku/kisei/meeting/wg/iryou/20200407/200407iryou04.pdf

2 Google プライバシーポリシー(令和2年6月26日閲覧)
https://policies.google.com/privacy?hl=ja#intro

3 LINEプライバシーポリシー(令和2年6月26日閲覧)
https://terms.line.me/line_rules/?lang=ja

4 CNN(令和2年6月26日閲覧)
https://www.cnn.co.jp/tech/35114742.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
薬剤師歴は30数年。全国展開のチェーン薬局に約20年勤務したのち、地域密着型の小規模チェーン薬局に転職し現在に至る。内部統制、個別指導対応、薬物動態、公衆衛生、社会薬学、薬剤学が大好物。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。