Once in a Lifetime

小沢 弥平

Bragrance English 公式として投稿します。

はじめてなので、自己紹介もかねて once in a lifetime という表現を取り上げます。「人生に一度」という意味ですね。

Google 先生に聞いてみましょう!

画像1

はい。何を隠そう、私の大好きな曲名でもあります。ただ、知らない方には関係ないので意味で調べてみます。

画像2

ごめんなさい。そのまんまでした。Google の翻訳機能を紹介してもしょうがないので、いくつか使い方を引用してみました:

"An offer like that will come just once in a lifetime."

「そんなオファーは一生に一度しかないよ!」

解説:うーん、気になりますね。

"A once-in-a-lifetime honeymoon experience is something that can't be bought in a store."

「一生に一度のハネムーンはお店じゃ買えない経験だよ!」

解説:そりゃそーだ。

"I have made a mistake and lost a once-in-a-lifetime opportunity."

「私は失敗し、一世一代のチャンスを逃してしまったんだ。」

解説:どんまいです。次があるよ!きっと!

という感じです。まぁ、ここがポイントでもあるんですが、「一世一代」とか「一期一会」という意味でもあります。

「一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。 茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。」

だそうです。

ようするに、次があるかわからないけど、あるにせよ、ないにせよ、今この瞬間を大切にするということです。

人生はその繰り返しですね。

という気持ちでいられるよう、私はいつも判断に迷ったときは

once in a lifetime

と、心の中で、もしくは声に出して言ってます。すると、不思議とよい方向にことは進みます。とっても便利ですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!