ウィズダムスクール|Wisdom School

未来に向けた、これからの世代に伝えたい!人生が豊かになる心の教養と仕事の教養とお金の教養を。 Eラーニングを活用して、異なる世代間の交流・学び合いを実現する叡智の学校、ウィズダムスクールです。 http://www.wisdom-school.net/
    • 藤原直哉の今さら聞けないシリーズ!経営・経済の基礎|全8回
      藤原直哉の今さら聞けないシリーズ!経営・経済の基礎|全8回
      • 8本

      あなたにとってどんな情報が必要なのか、ご自身で見極め判断できる! 第1回 経営に必要な情報とは?前半 第2回 経営に必要な情報とは?後半 第3回 経営に役立つ情報収集とは 第4回 経済の仕組みの基礎 第5回 日本の産業の進む道 第6回 含み益経営とは 第7回 世界情勢の基礎 第8回 頭と心と腹をつなぐ大切さ

    • 駒井伸俊の今さら聞けないシリーズ|会社の実態を表す財務諸表編
      駒井伸俊の今さら聞けないシリーズ|会社の実態を表す財務諸表編
      • 2本

      財務諸表(F/S Financial Statements)|貸借対照表(B/S Balance Sheet)、損益計算書(P/L Profit and Loss Statement)、キャッシュフロー計算書(C/F Statement of Cash Flows)、それぞれのフォーマット、意味、見方の本質的なことを全3回シリーズでお届けします!

    • 小田全宏の陽転思考
      小田全宏の陽転思考
      • 6本
    • 佐藤正彦の圧倒的成果を高めるコーチングの本質|全7回
      佐藤正彦の圧倒的成果を高めるコーチングの本質|全7回
      • 6本

      講座の目的|人と組織の生産性を高め、リーダーとしてより活躍するために必要な『コーチングの本質』を学んでいただくこと。 【第1講】Prologue 今なぜリーダーのためのコーチングなのか? 【第2講】コーチングスキル編:耳を傾ける【傾聴】 【第3講】コーチングスキル編:尋ねる【質問I】 【第4講】コーチングスキル編:尋ねる【質問II】 【第5講】コーチングスキル編:励ます【認知・承認】 【第6講】コーチングスキル編:1on1コーチングステップ 【第7講】人間理解力向上編:行動傾向別コミュニケーション

    • ブログ|学び続けることで、愉しく未来を創る
      ブログ|学び続けることで、愉しく未来を創る
      • 2本

      2018年、ウィズダムスクールのブログでは、「学び続けることで、愉しく未来を創る」をテーマにお届けしていきます! 学びを生活の一部にすることで、日々感じて、気づいて、考えて、発信して、実践して、振り返っていく何層に重なる学ぶ愉しさ。 このブログを通しても、一緒に味わっていただければ嬉しいです。

    • すべてのマガジンを表示

ちょっと振り返ってみませんか。頭と心だけで仕事していませんか。腹を鍛えていますか。勇気の源は、覚悟です!

人間のプロセッサーは、1つではありません。頭の世界を真似しているのがコンピュータです。人間が最後決めているのは、心と腹です。藤原直哉|経済アナリスト 頭と心だけ…

1,000

自分たちと世界の未来を考えていくきっかけとしての富士山、信仰芸術の源の富士山の価値

松下幸之助の考え方「自分の人生を幸せに成功に生きていく考え方」を物事を前向けに考える「陽転思考」としてまとめ、世の中に伝え続けている小田全宏先生(松下政経塾4期…

3,000

運命の考え方!易の世界、陰を陽に転じ、無限に変化し創造していく陽転思考

どう人生が進んでいくのかよりも、どのようにその人生を生きていくのかが大切ですよね。 夜があるから昼間動ける。陰が全くない人は、喜ぶレベルも低い。 松下政経塾4期…

3,000

世界地図・地球儀を見ながら現実を。それぞれの国で、それぞれの生き方、住みやすい生活があること改めて考えてみませんか。

文明の光で世界を照らしていた英国と米国はどうなる? 鎖国ができる国、鎖国ができない大陸? 米国ではない考え方でこれから世界の歴史は動いていく? 今後どんなかたちで…

1,000

対話を通じてメンバーからやる気や考える力を引き出したい! 7つのビジネスコーチングステップを実践活用できる!

課題解決の糸口を見つけたい・・・ 相手の考え方を引き出したい・・・ 承認の種類、具体的な日常の中での承認を整理してみませんか。 学習内容 ・職務に対する満足、不満…

2,000

世界にたまる膨大な含み益!? 世界は含み益から含み損へとバブル崩壊!? 同じお金でも消費と投資、あなたは境目をどこに置きます…

経営、経済を考える上では、複式簿記を理解していれば課題がわかります。過去の蓄積に頼ることなく御用達、自分達の力で投機していけるようになりましょう。 藤原直哉|経…

1,000