見出し画像

10年前、原点、Life is beautiful.


40歳を前に、写真やらメールやらいろいろ過去を振り返ることが最近多い。

そんな中、10年前に1つだけ書いたブログが発掘された。

今とほとんど変わらない文体で
今の僕の原点である考え方が書かれている。

ちょうどこの辺の話を書こうと思っていたので、
その代わりに、転載しておきます。

2010年05月30日22:33

001. ”自由意思”という奇蹟
世界は、物質でできている。
これが僕らが世界を見るときの、まぎれもない前提。

もしそうならば、僕らのこの世界は、原子やら素粒子やらが永遠に動き回る摩擦係数が無い「ビリヤード台」のようなモノに似ていて、「予定された運動」を、未来永劫続けるだけなのではないか。

そんな不安を抱え始めた19歳のころ。

当時の感覚は詳しくは覚えていないのだけれども、今とは、世界の色がずいぶん違ったように思う。

世界がひどく他人行儀に見えて、それを悩んでいる自分の思考が借り物のように感じる毎日。

文字にすると思春期特有の悩みのように見えなくもないけれども、当時の僕は、明確に世界を疑っていた。

人生と世界に疑問を抱きつつ哲学科に入り、2年ほど精神的に路頭に迷う。


転機はおそらく、髄膜炎で死にかけた22歳のとき。

「死にたくない」と心から願ったからか。
最終戦の結果を病室でメールで受け取って、人目を憚らず大泣きしたからか。

自分の、この思考とこの感情を信じよう。
自分の、この思考とこの感情の上でのみ、自分と世界は成り立っていると信じよう。

そんな気分に少しだけなった(完全に乗り越えたのは、つい最近)。

感情が強く揺れたときに、人は信じるモノを変える。
--------------
僕らが、感情に突き動かされ、
何かを考え、行動し、喜び、悲しみ、笑う時。

そこには、"自由意思"と呼ぶべきものが存在する。

僕らは確かに、自分の意思で、世界を変えているのだ。
その瞬間瞬間、物質は、予定などされていない方向に動くのだ。

世界がもし物質でできているなら、
それは奇蹟と呼べる。

そして、その奇蹟を積み重ねた人生は、すべからく美しい。

Life is beautiful, definitely.
これが原点。

<良かったら他のポストもお読みください>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
株式会社ORSO 取締役副社長 / do株式会社 取締役 / 一般社団法人 日本ラクロス協会 理事 / 千葉大学男子ラクロス部 General Manager / (元東京大学ラクロス部男子 Coach, General Manager)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。