【イベントレポート】急成長ベンチャーでのキャリア 人事 ver.
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【イベントレポート】急成長ベンチャーでのキャリア 人事 ver.

WARC AGENTにて事業責任者をしている加藤です!
2021年9月29日に「急成長ベンチャーでのキャリア 人事ver.」というテーマでオンラインイベントを開催しましたので、概要をご紹介します。

・・・

今回のイベントでは、株式会社プレイドより、井原邦博さん、note株式会社より中西麻子さんが登壇し、「人事のキャリア」についてお話いただきました。

▼登壇者様プロフィール

画像2

画像1


▼イベントの中で特に印象に残っているフレーズはこちら!

#大手からベンチャーに飛び込んだ理由
・人事としての幅を広げたかった。人事は事業を成長させる手段であるので、その業務内容を制限させたくなかったから。(中西)
・将来自分で事業をやりたい、経営をしたいと考えている。その上で自身の力をつけるために経営者や事業に近いところでチャレンジしたかった。(井原)

#大手からベンチャー転職前の不安は転職後どうなったか
・最初はイメージが難しかったが、入ってみると自分自身が動いて推進していくのが好きな人にはお勧めな環境だと思った。何も整ってないので、自分で価値を生み出していけるのは快感と感じられる。
社員数が少ないので、施策に対してリアルタイムでフィードバックがもらえPDCA回しやすいのが面白み。大手だと社員数多いので、不明瞭な部分がある。結果として不安が快感に変わった。(中西)

・人事は事業成長のための手段であるという考え方が身についた。初ベンチャーだったオイシックスでは全てが初めての経験だった(事業側、人事等々)ので毎日がジェットコースターに乗ってる感じでスリリングな経験だった(笑)
今のプレイドでも感じるのは、経営者・他チームとの垣根は無くワンチーム感があるのは面白み。(井原)

#過去のHARD THINGSとそれを乗り越えたエピソード
・同じベンチャーでも経営者や経営の考え方がそれぞれ違うので、それによって人事としてのスタイルが大きく変わる。どう自分自身をアジャストしていくか?をしっかりと把握しないといけない。常に思考の中心は、「会社にとって何が一番が良い選択なのだろうか」ということ。「経営者の翻訳役が人事の役割」と考えられる様になった。
これは大手であれば経験はできなかった 経営者のパートナーはやり甲斐ではあるが大変な点もある。とはいえベンチャーならではの経験で楽しめている。(中西)

・「事業が全て」であると自身の体験からも痛感している。そこに役に立つべく何が出来るのか。アンラーニングが必要、過去の経験バイアスが掛かってしまうのは良くない。
また、オイシックス時の会社の合併は大変だった、人の問題に向き合っていた。ここで人間の幅を鍛えられた点は大いにあると感じている。利害関係色々とある中で、人事としてどう同じ方向に向かわせるか?を考える経験は大きなものだった。(井原)

#ベンチャー人事としてのやり甲斐
・シンプルに圧倒的に手触り感、自分で会社作ってる感。これに勝るものはない。(井原)

・スピード感、リアルタイムなフィードバック、裁量。
note社には「スピード6倍説」がある。とにかく物事が進むのが早く、そこに付いてかなければならないが、自身がオーナーシップを持ってPDCAが回ってより良いものが出来てくるのは楽しい。(中西)

#これから挑戦したいこと
・コロナ禍でのnoteらしい新しい組織の作り方をしっかりと考えてカタチにしたい。
オンライン化して、ミッションに向けて動ききれてないのではないかという点は気になっているので、note社らしいカルチャーや働き方な何なのか?はじっくりと考えたい。
また、社員が増えてきたのでデータドリブンな人事でありたい。ここはまだ手付かずなので早く着手したいと考えている。(中西)

・連続と非連続の共存、よく言う「両利きの経営」にチャレンジしたい。
既存事業と新規事業の共存と成長をどうスケールさせられるかというトライをしている。

とはいえ、プレイド社はまだまだ200名。組織がもっともっと拡大した時(数万人規模)にどうする?という解を持っていたい。それを確立して成功事例とし、世の中に展開していきたい!
個人と企業の関係が変わっているので、受け皿である企業が魅力的にならないといけないと考えており、そのチャレンジが繋がっていくと考えている。(井原)


他にも数多くの学びに繋がるお話を伺えました!


▼「人事×ベンチャー」をテーマにしたイベントだったので、ベンチャー業界の方や現在人事のポジションで働いている方などに複数参加していただきました

参加者様からは
「実際にベンチャー企業へ転職された方のお話が伺えて、非常に参考になった!」
「事業会社の経験がない中で、転職への不安が和らいだ!」
「登壇者の方のような優秀な人材を自社で数多く採用したい!」
というコメント・質問をいただきました。

・・・

そして、今回のイベントをアーカイブし、YouTubeとPodcastへアップさせていただきました!見逃した方は是非ともご覧くださいませ。

YouTube:https://youtu.be/ioANizYlm6o
Podcast :https://soundcloud.com/user-553827174/ver9


また、今後も同様にイベントを開催し、配信をして参りますのでフォローもお願いします!

今回のイベントに関するお問い合わせは、私加藤までお寄せください。

画像3


【インタビュアー情報】
加藤 健太
株式会社WARC執行役員
WARC AGENT事業部責任者

2011年よりJAC Recruitmentにてインターネット業界専任の組織立ち上げに参画し、ベンチャー・スタートアップ領域特化のチーム責任者として従事。HR系スタートアップの取締役COOを経て、2018年当社入社。WARC AGENT事業の立ち上げ後、プレイングマネジャーとしてハイクラス人材のキャリア支援に従事。

・Facebook
https://www.facebook.com/kentakato212
・Twitter
@kentakato212
https://twitter.com/kentakato212
・LinkedIn
https://www.linkedin.com/in/kentakato/


【WARC AGENTについて】
スタートアップ・ベンチャー等の成長企業×ハイクラス人材に特化した人材紹介サービス。CFO・COOを中心としたCxOクラス、管理部長・事業部長、常勤監査役等の経営者を支える人材の支援を行っております。

・WARC AGENT 採用ページ(Notion)
下記のWARC AGENT画像をクリックすると、WARC AGENT採用ページがご覧いただけます。WARC AGENTの組織カルチャー・メンバー紹介等の情報をまとめたnotionです。

画像4

【株式会社WARCについて】
株式会社WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、M&Aアドバイザリー、ハイクラス人材紹介、経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」といった「成長企業の経営管理部門の支援事業」を展開しています。

WARCのコーポレートサイトはこちらからご覧いただけます。

スキありがとうございます!
WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、M&Aアドバイザリー、ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」、経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」等、成長企業の経営管理支援を目的としたサービスを提供しています。