スタバ「Mobile Order & Pay」の注意点と”とてつもない違和感”
見出し画像

スタバ「Mobile Order & Pay」の注意点と”とてつもない違和感”

wanganista tokyo

スターバックスコーヒージャパンが、6月26日から東京都内56店舗で始めた「Mobile Order & Pay」サービス。スターバックスの公式スマホアプリ会員「Starbucks Rewards」であれば、スマホから商品の注文が可能で、お代は登録された「モバイルスターバックスカード」から支払われる。「レジに並ばずに買える」メリットは非常に大きく、混雑時の注文待ちにうんざりしていた人達は是非使いたい。

残念ながら、湾岸エリアのスターバックスコーヒーで対応している店舗は晴海トリトンスクエア店のみ……。だが、最新のITサービスを活用しスマートなライフスタイルを送るwanganistaなら、興味津々の方も多いだろう。

ということで、今回早速使ってみたので、注意点を中心にレポートしたい。

   

注意点1:オーダーできないメニューがある

筆者がスターバックスに行くとき必ず注目するのが期間限定のメニュー。つい最近まではプリンアラモードのメニューが展開されていたし、現在では発酵ヨーグルトを使ったフラペチーノが展開されている。過去に大ヒットした期間限定メニューが記憶に残っている……なんて人も多いはずだ。

今回も、スターバックスコーヒーのアプリを開き、トップに出てくる期間限定商品のバナーに「おいしそうだな」と心躍らせる。

(よし、これ頼もう!)

「レモン発酵ヨーグルトフラペチーノ」をオーダーすべく、アプリトップの「Mobile Order & Pay」をクリックする。

受け取り店舗を選択し、メニューを開くと……

続々と出てくる注意点。そして、筆者が感じた違和感とは? 続きはwanganista.tokyoで!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
wanganista tokyo
東京・湾岸エリアの「ヒト」「コト」(ときどき「モノ」)に焦点をあて、湾岸での暮らしを満喫する人たち(=wanganista ワンガニスタ)のライフスタイルを発信していきます。このnoteでは、サイトでは語れない「編集長こぼれ話」を書いていきます。