見出し画像

マクドナルドモバイルオーダー体験

1月28日から始まったマクドナルドモバイルオーダー、早速試してみました

アプリを立ち上げるとこの画面

因みに前半のスクリーンショットは27日夜に試した時の画面です

画像1

Step1 受け取る店舗を選びます

画像2


スマホのGPSデータで近隣のショップが表示されます

画像3



実際には渋谷の店で受け取りたいので渋谷のマップから選択します

画像4

今回は渋谷明治通り沿いのビックカメラのビルにあるこの店舗

この店は昔から実験店舗のように新しいコンセプトを採用しています


画像5


ドライブスルーでは使用できません。

画像6


受け取り店舗の確定をします

画像7

Step2 商品を選びます。丁度ランチタイムなのでバリューランチ

画像8

標準のセットメニューはこれ

画像9

Step3 メイン以外の変更ができます。

変更ボタンを押すとポテトのサイズの変更ができます。

セットメニューで変更ができるの知らなかったです

ポテトをSにしました

画像10

次にドリンク、こちらもサイズ変更できます

画像11


画像12


画像13

Step4 商品確定します

画像14

Step5 会員登録確認画面

画像15

Step6 実はまだ注文が確定していなく、多分店にもこの注文が送信されていません。キャンセルも可能です

※確かに店に着く直前にキャンセルしたくなる場合もありそう。親切な機能です

画像16


画像17

Step7 イートインがテイクアウトか選択します

画像18

今回はイートインです。驚いたのがカウンターで受け取るか席まで届けてもらうかの選択ができる所

※この機能は全店で利用可能かよくわかりません。今回の店舗は1年くらい前からカウンターでオーダーすると札が渡され、スタッフが席まで届けてくれるシステムになっています。

画像19


支払いをします。今回はクレジットカード決済

ここでUX的に課題が見つかりました

クレジットカード情報を入力して確定させても正式に登録されたかどうかよくわかりません。メッセージもないし、画面も切り替わらない。うーん

画像20

店に入って、受け取り確定させるとこの画面が表示されます

モバイルオーダー専用の注文番号が表示されます

スタート初日のランチタイム、私はその日の15人目のようです

画像21

いつもの店内表示版にM15の文字、なにか新鮮ですね

画像22

受け取りを完了して商品受け取りを押すとこの画面に変わります

画像23


画像24

商品トレーの紙にはこのモバイルオーダーの全面広告

先に席をとってからのオーダーもできます。

カウンターだと行列のプレッシャーがありますがこれであればじっくり選べます。

多くの人がこれを使えば、カウンターオペレーションも楽になります。人員削減のできるかも。

イートインの店の場合、今回のマクドナルドのように店内のデリバリーにスタッフを振替てお客様とのコミュニケーションアップにつなげることができますね。

従来のマクドナルドではスタッフとお客様の接点は基本1回だけ、これを2回に増やすことができます。お客様とのリアルの接点はサービス業にとって満足度を上げるために重要なことです

今後はモバイルオーダー促進のためにおまけがあるかもしれません。例えばセットメニューのポテトやドリンクのサイズアップなど。楽しみです

画像25


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン