見出し画像

【新連載】高佐一慈 誰にでもできる簡単なエッセイ 第1回 咳払いシングルス決勝inルノアール

今月から、お笑いコンビ、ザ・ギースの高佐一慈さんによる新連載が始まります! 高佐さんが日々の日常で経験した、くすりと笑える瞬間を書き留める本連載。第1回は、ルノアールで繰り広げられた、「咳払い」をめぐるささやかな戦いについてお届けします。

 みなさまはじめまして。ザ・ギースの高佐です。PLANETSのインターネットラジオ「オールフリー高田馬場」をご視聴頂いていた方はもしかしたらご存知かもしれませんが、ほとんどの方がはじめましてかと思います。ザ・ギースというお笑いコンビで活動している芸人です。「毒に冒された堺雅人」みたいな顔をしている方です。
 去年の暮れ、PLANETS代表の宇野常寛さんから「エッセイを書かないか?」というお話を頂きました。エッセイなど、生まれてこのかた一度も書いたことがなく、そもそもエッセイとコラムの違いすら分かっていない僕が軽々と引き受けていいものかと悩んでいたのですが、宇野さんの「高佐くんなら書けるよ」というありがたい言葉と、僕のマネージャーの「名指しでエッセイをお願いされるなんて奇跡に近いですよ」という言葉に僕自身軽く舞い上がってしまい、「よろしくお願いします」とつい返答してしまったのでした。特にメッセージ性や、みなさまの知識になるような内容ではないので、他の方々の文章の箸休め的に読んでいただければと思います。
 タイトルは、宇野さんが見に来てくれたギース単独ライブで行なった「誰にでもできる簡単な仕事」というネタから名付けることにしました。

 僕は芸人という仕事柄、喫茶店に行くことが多い。ネタを考えたり、本を読んだり、舞台の台本を覚えたり、行く理由は様々だ。最近は自身の配信動画の編集をすることもあり、ほとんど毎日どこかしらの喫茶店に行く。と言うと聞こえはいいが、実際はスマホゲームに手を出してしまい、作業そっちのけで、気付いたら蛍の光が流れてるということもしょっちゅうだ。喫茶店でパソコンを開いてるだけで仕事をした気になってるただの愚か者だ。
 基本、家でもできる作業ばかりなのだが、家だとすぐにテレビを見てしまったり、ベッドに寝っ転がっていつの間にか寝てしまったりするので、体がその感覚を覚えてしまっているのか、家で仕事しようと思っても全くスイッチが入らない。そんなわけで今日も正月だというのにわざわざやってるかどうか電話で確認してまで、新宿のルノアールまで足を運び、スマホゲームの魔の手から逃れながら、この原稿をカタカタ書いている。

 喫茶店は、当たり前だが人が集まる場所だ。会話してる人たちもいれば、僕と同じように何かの作業をしている人、動画を見てる人、ゲームをしてる人など様々だ。そんな人が集まる場所に何時間も身を置いていると、ふとした瞬間に周りの人の仕草が気になってくる。

この続きをみるには

この続き: 2,309文字 / 画像1枚

【新連載】高佐一慈 誰にでもできる簡単なエッセイ 第1回 咳払いシングルス決勝inルノアール

PLANETS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
36
宇野常寛が編集長をつとめる〈PLANETS〉の公式noteです。政治からサブカルチャーまで、ざまざまな分野のスペシャリストが集まっています。独自の角度と既存メディアにはできない深度で、読むと世界の見え方が変わる記事を月に20本以上の記事を配信しています。

こちらでもピックアップされています

高佐一慈『誰にでもできる簡単なエッセイ』
高佐一慈『誰にでもできる簡単なエッセイ』
  • 7本

お笑いコンビ、ザ・ギースの高佐一慈さんが日々の日常で経験した、くすりと笑える瞬間を書き留めます。