百鬼夜行渋谷アタック大作戦で芸術について考えたこと

百鬼夜行渋谷アタック大作戦で芸術について考えたこと

 去年に引き続き2回目の参加だった。このよのはるも、渋谷の街も、もちろん私も、たったの1年だけど、変わったことはたくさんある。それでも去年と同じように、百鬼夜行渋谷アタック大作戦が決行されて、また参加することができて、とても嬉しかった。だいたいここにいるのはいつも奇跡だ。

今回私は、自分がやっている企画の名前で参加した。芸術幼稚園である。別に自分の名前でもよかったのだが、エネルギーをすべて捧げるくらいに頑張っているやつだし、何より友達にも参加してほしかった。芸術幼稚園に来てくれている人たちにも、魔法がとける光景を目の当たりにしてほしかったのだ。しかし結論から言うと、私の策略は失敗した。ひとりだけ学校の友達が来てくれたが、その子は企画繋がりというよりも個人繋がりの友達だった。つまり私はひとりで芸術幼稚園を背負って参加することになった。その結果、自分のことについてたくさん考えさせられる羽目になった。

前回の百鬼夜行のとき、私は本当によく観察していた。ありがたいことにホンにまでしてもらった、1年前に書いた文章を改めて読んで、我ながら感心した。文章の良し悪しはともかくとして、無垢な目で素直に場と人間を見ていた。私には観察する力がある、これは数少ない自信があると言えることで、今回もそうすればよかったのだが、なんせ囚われていた。自分がやっている企画と、それに付随して、自分が芸術を愛することについて。そのせいで、練り歩きもライブも確かに現場にはいたけれど、魂は遥か彼方、別のところで別のものを見ていた。

(そんなの、一緒に参加していた人たちに対して、百鬼夜行に対して、このよのはるに対して、なんて失礼な話だと、自分を叱る自分の声が、文章を書くのを阻んでいたのですが、それでも私がいたことが少しでも愛になればいいと思うので残すことにします。)

実は百鬼夜行の直前に、芸術幼稚園の運営について、かなり尽力してくれていた友達のひとりに叱られていた。原因は積み重なった失敗、私自身のひどい態度だった。簡単にまとめてしまえば、私には他人に対する配慮が足りていなくて、特にのめりこむと周りがどうでもよくなり、総じて自分勝手であるらしい。そのことが重く胸にのしかかっていて、人と繋がることに対する不安を大きくさせていた。だから百鬼夜行の当日も、どうやって関われば邪魔にならないのか、ネガティブなことばかり考えていた。中心のない優しい場であることは十分にわかっていたのに、部屋の端の居心地がよかった。

芸術幼稚園では芸術家を学校に呼ぶということをしている。子どもと芸術を繋ぐとかいうと、カッコいいし、たくさんの大人が称賛してくれるけれど、企画を動かしている実感としては、なかなか難しい試みである。

日本には、芸術家イコール変人、というような間違ったイメージがある。あまり公言されてはいないけれど、社会生活に馴染めないドロップアウトしてしまった人が芸術をやると思っている人が、本当にたくさんいる。それらが全くの偏見であることは分かっている。しかし偏見は強い。学校でも絵を描いていることは遊びにくくられる。かといって、誰もが真剣に取り組んでプロを目指す必要がある世界でもなくて、絵を描くことは確かに遊びでもあるのだ。どうすれば芸術の価値が広く一般に認識されて、現実的にお金なども回ってくるようになるのか、知識も経験も足りない頭で延々と考えて、勝手に活力がみなぎったり絶望したりしている。百鬼夜行のような企画も、このよのはるの路上も、本当は広く一般から応援されるべきだと思うのだが、現実にはそうならない。むしろ東京オリンピックに向けて攻撃的になっている警察たちはそれらを排除しようとしている。悲しくなる。

私は基本的にぼーっとしていて、感受性にずるずると誘惑されやすい一方で、簡単に強い言葉の虜になってしまう。そうならないように気をつけるあまり、全てをシャットアウトするかあるいは乱暴に振舞うかして、世界を受け入れないときがある。それが逆に自分を縛りつけているみたいだ。それに加えて、能動的であれば何であれ正義だと思い込んでいる。能動的コンプレックス。自分から動いている人を好み、他人に任せている人を嫌いすぎている。どちらにせよ生きているのに、これもこれで立派な差別で偏見である。自由になりたいという熱だけが、この膠着をとかしているが、それも確実ではない。まだ拠り所が自分の中にないのだ。

とはいえ、いわば能動的に、芸術をゼロから生み出した人のことはリスペクトすべきだと思う。音楽、絵画、芝居、ライブペイント、大道芸、パフォーマンス、を間近で見ていると強く思う。私は芸術幼稚園では、芸術を運ぶことをしていて、大人になってもそれをしたいけれど、この意味のリスペクトを失ったら終わりだと思う。ネット社会で、コピーしてリミックスすることが何の抵抗も躊躇もなく普通に行われている中で、オリジナルを創造した芸術家の存在を、私は尊重したい。芸術を愛することにおいて、一番大事なことはそれだと思う。

芸術によって世の中が良くなることは誰の目にも見えることではない。たとえば渋谷の街からこの百鬼夜行が消えても、直接には、別に誰も死なないし、ほとんどの人には気づかれないかもしれない。そういう次元の事件じゃないのだ。もっと穏やかに日常の隙間に入り込んで精神に届くものなのだ。目に見えない部分が大事なのだ。

私は、自分には何も創造できないし、世界を変える力なんて持てないと思う。でも、それと同時に、百鬼夜行のような、このよのはるのような、音楽、世界観、芸術、あらゆる世界を変える力を持てるものたちを、命をかけて守りたいと思う。それらをリスペクトすること、愛と葛藤をかかえ続けることでもって、私は貢献したい。ぼーっとしていて何も持たない人間の、ほとんど唯一の執念だ。

「いろいろな事情を抱え今日みな集まっている」と、主宰のリサさんが書いていたが、本当にそう思う。百鬼夜行渋谷アタック大作戦は、芸術のためでも社会のためでも渋谷の街のためでもなくて、あなたのために、私のために、続いてほしいと思う。来年の夏はオリンピックで、東京がどうなっているのかよくわからない。それでも、また渋谷で、目の前で魔法がとけるのを目撃したい。

最後になりますが、この企画を通して出会えたすべての方に感謝を込めて、おわりにします。引き続き私は勝手にいろいろ応援していきます。半分自分に向けて言いますが、たくさん頑張って、疲れたら休んで、たまには遊びましょうね。このよのはる、ありがとう。これからもよろしくお願いします。たくさんの出会いがありますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!