見出し画像

令.和装No.14八掛の色

着物を仕立てる楽しみとワクワクは
着物好きにはたまらない時間だと思う

井げたに積まれた反物から好みのものを選ぶのもワクワク

欲しいものが決まっていて
その事を伝えると
もったいぶりながら
奥から出てくる
それを待つ瞬間なんて
心が、ふーわふわ(笑)

それが好みの色柄だったら手にとった瞬間から
「これにします」って言いたいのをこらえて。

これ、何マルキですか?
うーん🧐花がバラかー。
ちょっと他の柄もみたいなー。
なんて言っちゃう(笑)

もう「自分のものにしたい指数」マックスなのに平然を装い。
値段と価値とその後を考え
おとしどころを探る。

そういう時間を楽しむのも贅沢な時間。

そして、手に入れた反物
仕立てるときにまた楽しみがあるのです。
それは!
八掛選び。
袷の着物に仕立てるとき
袖口と裾からほんの少しだけのぞく
色!

この八掛の色で、若くも、粋にも、野暮にもなる、結構重要な色選びです。

最近では、「とも濃い」
反物より少し濃いめの色で合わせる方が多いと思います。

「とも濃い」無難です
外れない安心感があります。
でもなぁ...
どうしようかな

私!
カトレアの柄に使われている紫。
この紫色が艶っぽくて好きだなぁ
八掛紫にしようかなぁ

ウダウダ

八掛色見本を眺める(笑)

この時間すごく無駄で
すごく好き。
着物を誂える楽しみ沢山の人に経験してもらいたいなぁ

#お仕立て #反物 #白大島 #マルキ
#袷着物 #大島紬


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしも
19
105年続く京染店の6代目、年の差11と結婚。最近、お客様にも「奥さん」であると認識されはじめました。仕事中は、奥さんってみんなに呼ばれるようになりましたが一応「店長」という名刺ありますが、次は奥さんって名刺作ろうかと思案中。

コメント2件

色選びとか素材選びってワクワクしますよね。
これから出来上がるモノのイメージを膨らませてる時間が一番楽しかったりします。
着物選びそのものがクリエイティブですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。