【新環境デッキレシピ】セキタンザン・ドラパルト・マッドパーティ編
見出し画像

【新環境デッキレシピ】セキタンザン・ドラパルト・マッドパーティ編


 こんにちは、ぼるです。
 新環境で新たに作ったデッキ紹介Part3ということで、前回と前々回に続きまして、今回で最終回となります。もう手持ちのデッキがありません。
 こうしてちょっとした思いつきで書いてみた記事を、たくさんの方に見ていただいて嬉しく思います。

画像1

 かれこれ7デッキほど紹介してきました。
 今日は自分の手持ちデッキの残り3つ、「セキタンザンVMAX」「ドラパルトVMAX」「マッドパーティ」を軸とした3デッキを紹介していきます。
 ジムバトル等の大会もなく、何か優れた結果を残したデッキではないのですが、どれも自信作となっています。参考程度にご覧ください。前の記事も是非。

 よければ右下のスキ!ボタン押してください☺︎ 次の記事を書くモチベに繋がります。
 では早速デッキレシピの紹介に移ります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ①セキタンザンVMAX
 レギュレーション変更により、特性「じならし」を持ったマグカルゴが使えなくなってしまったので、新環境では向かい風を受けてしまったセキタンザンですが…

画像2


 同じ闘タイプのウーラオスと比較したときに、セキタンザンは「ストーン闘エネルギーを有効活用できる」点や、「ムキムキパッドを使える」点では、ウーラオスよりも"耐久面"で優れています。
 特性「じならし」が使えなくなったことで、欲しいカードを欲しいタイミングで持ってくることができなくなったので、以前よりもっと構築を丸くする必要があるな、と感じました。
 というわけで、作ってみたデッキレシピがこちら。

画像3

 セキタンザンVMAXデッキです。
 このデッキは、新環境でTier2〜3に位置すると思います。弱くはないです。
 使ってみた感想としては
 ・「じならし」の代用として「スマホロトム」を採用。ただ、スマホロトムはデッキトップの5枚しか見れないために、やはり完璧な代わりにはならない。セキタンザンVMAXの上技ふんかだんの追加効果条件を満たすくらいには、機能してくれた。
 ・アメイジングジラーチを採用しているセキタンザンデッキを多く見かけたが、個人的には要らない気がした。自分も使ってみたが、デッキトップ2枚をみたところで、勝ちが広がるかと言われたら、微妙なところだった。
 ・前環境ではマオスイレンを採用していたが、その枠をモミに。ネギガナイトVと入れ替えた時にセキタンザンのエネルギーが剥がれるので、そのタイミングでモミを打てると強い。ネギガナイト2枚採用していたが、1枚をふつうのつりざおに。
 ・れんげきウーラオスにヤレユータンを複数取られるとヤバい。

 
 こんな感じです。セキタンザンはまだまだ弱くはないと思いますが、僕は他のデッキを握るかな〜って思いました笑 次。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ②ドラパルトVMAX
 ドラパルトVMAXデッキも、レギュレーション変更により、「ミステリートレジャー」や、特性サイコリチャージをもった「カラマネロ」が使えなくなってしまったので、向かい風を受けました。
 一方で、いちげき・れんげきウーラオスが超タイプ弱点であったり、特殊エネに依存したデッキが多かったりと、新環境では「エネ破壊×ドラパルトVMAX」がかなりの環境メタデッキとなってくるかと思います。
 というわけで、作ってみたデッキレシピがこちら。

画像4

 エネ破壊×無人×ドラパルトVMAXデッキです。
 このデッキは、新環境でTier1に位置すると思います。ムゲンダイナが流行らない限りは間違いなくTier1です。

 使ってみた感想としては
 ・強い。ムゲンダイナ以外のどの対面に対しても微有利以上ある気がする。システムポケモンを狙撃できる点(ベンチバリアに引っかからない)も、超タイプ悪弱点という色の強さも、特殊エネ環境である点も、このデッキのためにあると言っても過言ではない。事故る時もある
 ・新カードミミッキュVはかなり強い。特性ダミードールで相手にボスの指令やあなぬけのひもを強要できるので、いいタイミングで使えば1ターンもらえることが多い。手札流し→ミミッキュVが強すぎる。捲り性能の鬼。
 ・いれかえ0、Uターンボード3に。ドラパルトが逃げ1である点や、回収ネットが4枚入っているので、前でポケモンを縛られることがほぼない。破られるふうせんよりもUターンボードを採用。ミミッキュVは逃げ2だが、ダミードールが適用されたターン以外は前で攻撃しないので、攻撃に使った1エネを、Uターンボードと合わせて逃げエネに使えば良い。
 ・特性「ちゃめっけ」を持ったピクシーを採用するか迷ったが、バトル場以外も特殊エネルギーを剥がすことができるうねりの扇を採用。回収ネットをピクシーに使うよりも、ジグザグマやミュウツー、ギラティナに使いたかったという点もある。
 ・デデンネGXを使って序盤から盤面を整えるデッキが多くみられるので、混沌のうねりよりも無人発電所を採用。また、ウーラオスデッキに入っているジラーチGXの特性を止められるのも強い。


 こんな感じです。無人ドラパルトは間違いなく新環境トップメタと言えるでしょう。全人類がドラパルト握ればいいと思います。次。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   ③マッドパーティ
 僕が持っているデッキの中で唯一、今風に言うと「ルールを持たないポケモン」を主軸としたデッキです。
 「ダートじてんしゃ」「ミステリートレジャー」がレギュレーション変更により使えなくなってしまいましたが、マッドパーティにぴったりな「レベルボール」が再録されたことにより、強化されたと言っても過言ではありません。マッドパーティデッキも構築に変化が見られましたね。
 構築とプレイングさえ煮詰まってしまえば今環境トップTierを狙えるデッキタイプだと思っています。
 というわけで、作ってみたデッキレシピがこちら。

画像5

 マッドパーティデッキです。
 このデッキは、新環境でTier1〜2に位置すると思います。ただ、明確な不利(無理)対面(ドラパルトVMAXなど)が存在するので、マッチ運もほしいところ。

 使ってみた感想としては
 ・対面によってありえんほど強い。ボールが多いので、ブンブン回る。ダート自転車で山を掘り進めてた前環境よりも早く、山を掘り進められる印象。また、サポート「ボールガイ」を強く使うことが可能なデッキだと思った。
 ・マーシャドーの枠に混沌のうねりを採用していたが、スタジアム1枚を縦引きする難しさが否めなかった。マーシャドーはレベルボール対応である点も含めて優秀。
 ・博士で巻き込んでしまったボスやサカキの追放を回収するために、ともだちてちょうを採用。かなりいいカード。安心して博士打てる。
 ・回収ネットがもうすこし欲しいが、枠がない。

 こんな感じです。ポッドデスが超タイプである点もいいですよね。マッドパーティをうまく回せる人、尊敬します。自分はあんまり使えません笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いかがでしたでしょうか。
 以上、本日分の3デッキ、「セキタンザンVMAX」「ドラパルトVMAX」「マッドパーティ」の紹介・解説となります。
 そしてこれにて、僕の手持ちの全10デッキのレシピ紹介noteを終わらせていただきます!
 まだポケモンカードを始めて間もない、新潟市内の超ド級無名プレイヤーですが、ポケモンカードは面白くて大好きです。
 また何か、新しいアイデアや面白いデッキができたら、noteにして皆さんと共有しようと思います。
 ここまで読んでくださった皆さんに圧倒的感謝!またどこかでお会いしましょう。それでは。
 Adios,Amigos.
                                                               ぼる


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!!!良ければフォローもお願いします
ポケカ(20.09.02〜)