セシル@脳心理学トレーダー
固定概念を壊してみよう③損切りしてるのに負ける理由を心理的に解説と解決
見出し画像

固定概念を壊してみよう③損切りしてるのに負ける理由を心理的に解説と解決

セシル@脳心理学トレーダー

こんにちわセシルです

人気シリーズ固定概念を壊してみよう③です

正しくは固定観念なのですがシリーズ化しているのでこのタイトルのまま行きます(笑)

固定概念を壊してみよう①はこちらから
固定概念を壊してみよう②(禁断のnote)はこちらから
固定概念を壊してみよう④誤った手法の考え方

さて本日は損切しているのにトータルで負ける理由を心理的側面から解説及び解決していきます

先日下記のアンケートをとりました

1156票の投票 負けてる人は44%という結果に

どの本を読んでも損切は大切 一番早くに覚えることと書かれていますがその通り損切りを実行してトータルで負けている人がこれだけいるということ

そして例に漏れず私も同じように負け続けていました。
この理由を書いてある本やネット記事を私は見たことはありません。

大半の人はエントリーポイントが悪いからだと思い込みそこを改善しようとしますが、そこだけが原因ではないのです。

その理由とは何かまずは結論から書いていきましょう

結論:含み益を平常心で耐えれるトレーダーに成長していないのに損切りしてしまうからです。
[ここ大事なので100回ほど読み直してください]

(これは私の考え方を書いたnoteで手法や投資の仕方を勧めるものではありません。投資は必ず自己責任でお願いします)

この続きをみるには

この続き: 1,773文字

固定概念を壊してみよう③損切りしてるのに負ける理由を心理的に解説と解決

セシル@脳心理学トレーダー

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
応援ありがとうございます
セシル@脳心理学トレーダー
脳科学と心理学を用いて勝ち続けているトレーダー5年連続年利50%達成 手法✕資金管理✕メンタルコントロール この3つが完成して初めてマーケットから利益を継続して抜き出すことができる。 ドル円専門 このnoteでは私が学んできたこと実践してきたことを公開していくつもりです。