Virtualion Inc.

Virtualion Inc.

マガジン

  • バーチャルミュージアム

    Virtualion®を用いて作成したミュージアムの紹介記事

  • ミュージアムの裏側

    ミュージアムの可能性をバックヤードからつづるエッセイ

最近の記事

スミソニアン博物館の収蔵品3Dデータを使ってバーチャル展示を作ってみた

世界最高峰のミュージアムの一つであるスミソニアン博物館は、2300点もの3Dデータをフリーで公開しています。今回は、そのデータを使って、Virtualion上で、展示を作ってみました。 完成した展示は以下で公開しています。 1.「ティラノサウルスとトリケラトプス」 ティラノサウルスがトリケラトプスを捕食する有名な標本を、薄暗いライトの中に映えさせてみました。 2.「ジェームズタウンの先駆者たち」 発掘された遺骨を見やすい角度で展示したい!という試みです。 3.「巨

    • 「ミュージアムが来た!」放課後児童クラブへ

      石見銀山の佐藤愛です。 今回初めての試みとして、石見銀山大森町の小学生たちが通う放課後児童クラブへ、出張ミュージアムをしてきました! とりあげたのは、先日の記事でも紹介した「なかむらコレクション展」です。 ひとり1台タブレットを持ち、日頃の学習で活用している小学生たち。 バーチャルミュージアムの操作を教えようとすると、すんなりQRコードを読み取って 「ミュージアムが来た!」 と、バーチャル空間をずんずん歩いて作品を見て回っていました。 今回見てもらったのは、石見銀山をは

      • 新・世界遺産石見銀山ミュージアム支店より

        このたび、Virtualionの新支店「世界遺産石見銀山ミュージアム支店」が、島根県の石見銀山資料館(いも代官ミュージアム)内にて立ち上がりました。 石見銀山支店でVirtualionの制作をしている佐藤愛です。はじめまして。 新たな支店の船出として、同町内で義肢装具を手掛ける「中村ブレイス株式会社」の会長が長年にわたり収集した「なかむらコレクション」の展示を制作しました。Virtualionの操作を学び、展示制作初挑戦です。 なかむらコレクションは、鉱山にまつわる絵巻や

        • 大阪大学中之島芸術センターの授業で登壇

          五十里です。 大阪大学中之島芸術センターで開催された、アート人材育成プログラムに招かれ、講演をしました。 メインの講演者は、陳東和先生(台湾故宮博物院主任研究員)、米倉豪志先生(Droidrive Inc. CEO、Virtualion株式会社CSO、AI・デジタルクローン研究者、作曲家)、施井泰平先生(スタートバーン株式会社CEO、アーティスト)でした。私は、「研究」と「ビジネス」をどう切り分けるか、両立させるかという話をしました。さらにバーチャルミュージアムが「新たなメ

        スミソニアン博物館の収蔵品3Dデータを使ってバーチャル展示を作ってみた

        マガジン

        • バーチャルミュージアム
          18本
        • ミュージアムの裏側
          4本

        記事

          【バーチャルミュージアム】故宮博物院のデジタルアーカイブを用いた野鳥の絵画展

          故宮博物院のデジタルアーカイブは大変充実しており、過去の展覧会の作品をパッケージ化したページもあります。 今回は、Of a Feather Flocking Together: Birds, Flowers, and Fruit in Melodic Harmony という展示をバーチャル化してみました。和訳すると「同類相求む:鳥、花、果物が奏でるハーモニー」あたりでしょうか(もう少しセンスがほしい!)。 展示はこちら CEOの五十里も、先日台湾に行ってきました。展示内

          【バーチャルミュージアム】故宮博物院のデジタルアーカイブを用いた野鳥の絵画展

          【バーチャルミュージアム】アムステルダム国立美術館(+α)アブラハム・ブルーマールト

          アブラハム・ブルーマールト (Abraham Bloemaert, 1566年 - 1651年1月27日) はオランダの画家です。 今回は企画として、彼のミュージアムを作成してみました! 自身もカトリックの宗教者であったことから、宗教画を多く手掛けています。「マニエリスム」を特徴とした画風で知られています。 とくに、鮮やかな色彩や、官能的な身体描写が印象的(バーチャルミュージアム製作者私見)ですね。 バーチャルミュージアムはこちらから! https://virtuali

          【バーチャルミュージアム】アムステルダム国立美術館(+α)アブラハム・ブルーマールト

          【バーチャルミュージアム】ペンギンの博物館

          大阪大学で大学院生をしています、齋藤です。 学部時代に美術部でVirtualion CEOの五十里さんと一緒に展示をさせていただいていた縁もあり、今回ペンギンに関するバーチャルミュージアムを作成したので、簡単に紹介したいと思います。 Biodiversity heritage library を活用しました。 https://www.biodiversitylibrary.org/ ペンギンは動物園で見かけることもあり、よく知っている生物だと思います。ただ、よくよく考えて

          【バーチャルミュージアム】ペンギンの博物館

          【バーチャルミュージアム】77の謎に挑戦‼しまねミュージアム協議会

          島根県にある石見銀山で仕事をしている富田です。 縁あってバーチャリオンと出会い、働くことになりました。 (本当に感謝です) 県内の博物館や美術館が連携した しまねミュージアム協議会があります。 約20年前に協議会で刊行した冊子をバーチャル展示にしてみました。 しまねミュージアム協議会HPでも紹介していただいております。 「77の謎に挑戦‼」 なんの道具? 何をしてる人? スケッチしたのはだれ? ドキッとするような不思議なナゾが散りばめられています。 島根在

          【バーチャルミュージアム】77の謎に挑戦‼しまねミュージアム協議会

          【バーチャルミュージアム】大阪市立美術館の有名収蔵品

          大阪市立美術館は、大阪市にある美術館です。東洋の美術品を中心に収蔵しています。 パブリックドメインの素材を使い、大阪市立美術館に関する収蔵品を取り上げたバーチャルミュージアムを作成しました。リンクはこちら。 ★スマホの方はこちら!。 CEOの五十里の通っていた高校は天王寺の周辺だったので、なじみ深い館です。中学と高校時代には地下展示室に、私の作品を展示したこともあります(中高は美術部だったのです)!

          【バーチャルミュージアム】大阪市立美術館の有名収蔵品

          特許を取得

          バーチャリオン Virtualion 社の社名を冠したプロダクトである、仮想展示システムVirtualion®がこの度と正式に特許技術となりました。 長い道のりでした。 これからも、V社は「だれでもミュージアム」を推進してまいります!

          特許を取得

          【バーチャルミュージアム】アムステルダム国立美術館のゴッホ

          アムステルダム国立美術館は、非常に充実したオンラインデータベースで知られています。80万点近くの作品をみることができ、高画質画像を自由に使用できます。今回はライクスミュージアムのゴッホを展示してみました。リンクはこちら ライクスミュージアムのゴッホは、同じくアムステルダムにあるゴッホ美術館に次ぐ規模のコレクションとして知られています。 日本にいながら世界の名画に触れ合えるのはとても良いですね!

          【バーチャルミュージアム】アムステルダム国立美術館のゴッホ

          【バーチャルミュージアム】江戸の絵と令和の写真を組み合わせた珍鳥ギャラリー

          面白いもの、勝手にミュージアム化プロジェクトです。 今回は、国立国会図書館の画像素材と、社長の五十里が撮った写真を組み合わせました。 奇鳥生写図は、江戸時代におそらく南方との貿易で持ち込まれた標本や、迷行し捕獲された物珍しい鳥をモチーフにした絵画資料です。こちらをミュージアム化しました。必ずしも観察することが難しい種ばかりではありませんが、見た目のインパクトが強い種が多いです。 今回取り上げなかった種は、台湾から東南アジアにかけて生息する種が多いです。見てみたいですね!

          【バーチャルミュージアム】江戸の絵と令和の写真を組み合わせた珍鳥ギャラリー

          香りミュージアム

          「日本の香り」と題して、翡翠、実生柚子、高野槙を題材に匂いが切り替わるミュージアムを作成しました。在京とフランス総領事館のイベントで展示し、多くの方にご覧いただきました。 メタバースと香りが連動するという、新たな試みです。 『婦人画報』にもご紹介いただきました。 >このほか、デジタル技術によって香りと空間を体験できるバーチャルミュージアムソフト「バーチャリオン」のデモンストレーションや、環境保護や芸術への支援を行うハートプロジェクトの紹介展示もあり、会場で多様な表現が競

          香りミュージアム

          【バーチャルミュージアム】東京富士美術館 とことんみせます!富士美の浮世絵

          「終わってしまった特別展、アーカイブ化しよう」企画が進行中です。第6回は浮世絵がテーマです。 とくに歌川国芳を取り上げています。日本語と英語両方に対応!展示はこちらから ジャパンサーチで公開されている、CC0の素材を使用しました。 歌川国芳は、元旦の生まれなんですって!(1798年)

          【バーチャルミュージアム】東京富士美術館 とことんみせます!富士美の浮世絵

          四国水族館・海洋堂・月刊ムーとのコラボ展示

          今週末から、四国水族館でUMAを特集した特別展が開催されています。 バーチャリオンは、こちらの展示の一部をバーチャル化して公開しています。古田悟郎先生作のフィギュアと、その元になった双頭人魚のミイラ(八戸市博物館蔵)の3Dモデルをバーチャリオン上に展示しました。 PC版 携帯版

          四国水族館・海洋堂・月刊ムーとのコラボ展示

          【バーチャルミュージアム】東京富士美術館 西洋絵画400年の旅―珠玉の東京富士美術館コレクション展〜 PART2 肖像画

          「終わってしまった特別展、アーカイブ化しよう」企画が進行中です。第5回は西洋美術史がテーマです。絵画が「人々のもの」になる最初の契機、肖像画の発展をとりあげます。 東京富士美術館で2019年から2022年まで全国で開催された企画展「西洋絵画400年の旅―珠玉の東京富士美術館コレクション展」展の、第2章「肖像画」をバーチャル化しました。 展示はこちらから。 携帯だと重たいので(額装をリッチにした影響か…)、PCまたはタブレットで見るのがおすすめです。 ジャパンサーチにまと

          【バーチャルミュージアム】東京富士美術館 西洋絵画400年の旅―珠玉の東京富士美術館コレクション展〜 PART2 肖像画