見出し画像

VOLLEY TOUR 2019/20【8】~Zalau vs Craiova

12月15日(日)
この旅の2試合目はルーマニアリーグ
ザラウ対クラヨーバ。

ルーマニアの都市クルジュ・ナポカ近くの
小さな町ザラウの体育館は
片側が客席となっており、
ルーマニアリーグ男子にしては
盛上っている方かな?…と見えます。

入り口には数名の
セキュリティースタッフを配置しており
観戦体制としては万全。

ただ、チケット代は無料だし
厳しい荷物チェックもなく入れるので
気軽に観戦できる環境でした。

画像5

そこで行われたこの対戦を
遥々見にやってきた理由…
それはセルビアマニアの私にとって
見逃せない、セルビアリベロ対決。

ザラウには2017年ユーロ3位に貢献した
シュクンドリッチ。
クラヨーバには昨年同様
現代表のマイストロビッチがいて
先輩後輩という対決。

DSC_5556 - コピー

ザラウもクラヨーバも
今季はCEVチャレンジカップの出場権を得ており、
レベルとしては大きな差はなさそうです。
今季の成績をみると順位は
クラヨーバの方が上回っていました。

シュクンドリッチは昨年、
セルビアリーグをに見に行きましたが
その際は怪我でコートに入れず
控えとしてチームを支える姿しか
見ることができませんでした。
ナショナルでも2017年のユーロでは
第3のリベロとして
イボビッチの怪我でレシーバーとして
わずかにコートに立つだけでした。

なので、実はガッツリプレーを見るのは初めて。

画像2

いやぁー、優しい紳士的な人柄からは
想像できないほどの熱さをもって
コートに立ち、周囲に声を掛けて続けていて
キャプテンシー溢れる
新たな一面を見せてもらいました。

リーダーシップを取れる選手、
意外と今のセルビア代表にはいないので、
貴重な存在だったのにな…と思いつつ、
代表から外れても
しっかりクラブチームで存在感を
残している姿に嬉しくなりました。

対するクラヨーバのマイストロビッチ。
こうやって改めてリベロ追いで見てみると
いい仕事してるな…
自然になったな…
とプレーに成長が見られ喜びを感じます。
なんて…偉そうな見方ですけど…(笑)。

セルビアの縁の下の力持ち、
代表ではいつもアタッカーに視線を取られて
見過ごしがちですが、
ここでしっかり主役として捉え、目に焼き付けました。

画像3

審判の判定に不満をあらわにする
クラヨーバチームのこの一場面。
強気に主張するこういう表情も
なかなかナショナルでは見られません。

こうやってガッツリ見られるのも
クラブチーム巡りのいいところ。
セルビア代表選手全員に興味があって、
みんなに頑張ってほしくて、
みんなに声援を送りたいけど、
代表ではどうしても比重が偏ってしまう…。

だからこういうときに各選手の
いろんな表情を見せてもらって、
私なりに彼らのプレーや性格を
捉えながら奥深く知っていきたいのです。

現場でしか見られないものは
やっぱり大きい!
そして、それが積み重なっていくに従って
気持ちもどんどん増していき
それを「応援」という形で
還元できるように思っています。

だから正直、どちらが勝つか…
というのは二の次だったり…。

とはいえ、目を引くプレーヤーがいると
注目してしまうのは
まだ私にバレーファンの心が
残っている証拠なのかもしれません。

画像4

世界のプレーヤーを見に行く旅から、
セルビア応援の旅に移行していった近年ですが、
いいバレー、面白いパフォーマンスには
心ときめき、
熱い気持ちが伝わってくる選手には
自然と気持ちが入ってしまいます。

今回もクラヨーバのセッターに
心動かされて目で追ってしまい…
あとで気づくと、彼もセルビア選手でした(笑)。

試合はホームの利が大いに影響し
波に乗って第5セットでザラウの勝利が決定!
会場は勝利に湧き
終わった後もしばし賑やかさは続いています。

画像6

試合終了後、
選手たちが居残って子供たちと戯れたり、
子供たち同士で遊んでいたり
海外ならではの試合後のこの光景。
ほのぼのとしていて、本当に羨ましい…。
居残る選手に声を掛けやすいのもですが
子供たちにとっては
プロ選手の戦う憧れのコートに立てるって
やっぱり特別な感覚があるだろうし、
敷居が低い感じで
バレーが身近に感じます。

イタリアやポーランド、ドイツ、フランスなど
強豪リーグの強豪チームにはないこの雰囲気…
マニアックな土地でそれが見られるのも
クラブチーム巡りの醍醐味で、
たとえ英語が使えなくて
めげそうになることが想像できても、
向かわせてしまう何かがあるのです。

そうやって気付けば
苦手なルーマニアも3シーズン連続訪問。
この温かい会場で1試合見終わると
その国に溶け込めたような気持ちになり
やっぱり来てよかった!と思うのです。

【9】へつづく…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます。とても嬉しいです!
13
海外バレー観戦をするようになって早11年目。2009/10シーズンのイタリア SerieA観戦をきっかけに、ヨーロッパ、アジア、南米と計260試合以上を海外で観戦してきました。大好きなバレー観戦と旅について旅行記などを書いていきます。

こちらでもピックアップされています

VOLLEY TOUR 2019/20
VOLLEY TOUR 2019/20
  • 90本

『欧州バレー観戦の旅行記』2019年12月10日~2月18日/セルビア男子チームを愛するがゆえ、各選手が在籍するヨーロッパ各国クラブチームを巡った一人旅の旅行記。フランス、ルーマニア、イタリア、セルビア、ドイツ、ギリシャ、ポーランド、トルコ、ロシア、オランダ、計10ヶ国を巡り26試合を観戦。観光でハンガリー、スペイン、クロアチア、チェコを訪問しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。