ユカイ - お仕事

39
+13

「何しよっか?」から始まるお仕事

こんにちは、セールスチームの金川です。 8月のオンラインセミナーは「何しよっか?」から始まるお仕事について、プロダクトデザイン事務所TENTの青木氏、治田氏をお迎えしました。 自社オリジナル製品とクライアントワークを行き来しながらプロダクトを開発する両社。それぞれの事例を引き合いに出しながら量産・販売に至るまでの壁やその越え方について、議論しました。 コンパクトにプロジェクトを始めるための「適量生産」や、ハードルが高くて場合によっては敬遠され勝ちな「量産」について、地に

スキ
14
+3

国立長寿医療研究センターが目指すこれからの地域医療とBOCCOシリーズ|インタビュー

こんにちは、セールスチームの金川です。 今回は新しい技術を積極的に取り入れながら患者さんの生活を支え、より元気になってもらうために日々奮闘する医師と、理学療法士のお二人にお話を伺いました。普段のインタビューとは違ったリハビリテーション医学・地域医療の側面から、BOCCOシリーズの魅力についてご紹介できればと思います。 ▼このnoteはこんな方におすすめです ・BOCCOシリーズを医療、介護現場への導入を検討している方 ・BOCCOシリーズと既存サービスを連携し、地域医療に貢

スキ
17
+9

現在に求められるデザインとテクノロジーのあり方

こんにちは、セールスチームの金川です。 「コンヴィヴィアル」とは「共に生きること」を意味します。そこには自分とは異なる他者との出会いや、他者と同じ場所や時間を分かち合うというニュアンスも含まれます。 人と人の距離感にちょうどいいバランスがあるように、人とテクノロジーにも「使う」「使われる」のどちらか一方的ではない、ちょうどいいバランスがあるのかもしれません。 ユカイ工学と同じくデザインとエンジニアリングを繋ぎ、数々の先駆的なプロジェクトを率いてきたTakramの緒方氏を

スキ
35
+1

ユカイ工学入社と同時にnoteをはじめて2年が経ちました。

みなさんこんにちは。ユカイ工学 デザイナーの はらだ です。 タイトルの通り、ユカイ工学がnoteをはじめて2年が経ちました。 入社とほぼ同時にはじめたので、感慨深い気持ちでこれを書いています。 実は1年目の振り返りでも同じく「感慨深い」と言っているのですが、年月とリンクして想いは更に深まっているところです。 今日は少し個人的な話をさせてください。 なんで私がユカイ工学でnoteを書き続けているのか「観察と記録」 私がユカイ工学にデザイナーとして属する中で、重要視して

スキ
16

モノとヒトのちょうど良い関係性

技術や時代の変化に合わせて成長するインタラクションデザイン。 例えばスマホ以前と以後、ファミコン以前と以後、ワープロ以前と以後などなど。何か大きな技術(あるいはインタラクション)の革新がある度に、それを使う人々の常識も少しずつ刷新されていっているのではないでしょうか。 6月のオンラインセミナーは、ユカイ工学と同じくデザインとエンジニアリングを繋ぎ、数々の新規事業開発にたずさわる久下玄氏をお迎えし、技術の進化とインタラクションデザインのアップデートについて議論しました。 ▼

スキ
56

体験を左右する自己帰属感とデザイン

こんにちは、ユカイ工学の鈴木です。 私たちの周りにはサービスやモノが溢れ、生活は豊かになりましたが、単に新しいだけでは広く受け入れられることが難しくなってきたのではないでしょうか。4月のオンラインセミナーは、昨今、デザイン思考などで注目されている「人間中心のデザイン」をテーマに開催しました。 ゲストに明治大学総合数理学部の渡邊先生をお迎えし、「自己帰属感」を軸にしたインターフェイスデザインについて語って頂きました。 明治大学 総合数理学部先端メディアサイエンス学科准教授

スキ
56

ニューノーマルで注目される音声インターフェース。グローリー、フュートレックと共に音声認識活用の裏側を語る。

こんにちは、セールスチームの金川です。 3月のオンラインセミナーは、感染防止や利便性向上に向けて各企業が注目する「触れずに声で操作ができる音声インターフェース」をテーマに開催しました。 ゲストに、音声認識エンジンを採用し製品開発を行っているグローリー株式会社の高橋氏、音声認識エンジンを提供している株式会社フュートレックの田中氏をお迎えし、利用者がストレスなく使える音声インターフェース設計と開発の裏側を語っていただきました。 本レポートではパネルディスカッションを中心にお届

スキ
5

東日本大震災から10年。コミュニケーションロボットを活用した「フェーズフリー」な防災システムとは? | セミナーレポ―ト

こんにちは!ユカイ工学の金川です。 東日本大震災(以下3.11)から今年で10年の節目に、防災情報伝達についてのオンラインセミナーを開催しました。 ゲストに、地域ごとの防災情報発信システムを提供するNTTアドバンステクノロジ株式会社の野田氏、テレビ・プッシュ型の情報提供を行う株式会社Cueformの有吉氏を迎えました。 災害発生時には、地域住民に対して、漏れなく情報の発信を行う必要があり、災害情報伝達手段を多様化・多重化するための整備が求められています。その一方で防災専用

スキ
9

働き方改革をコミュニケーションロボットで?医療業界での取り組みとは。 | セミナーレポート

こんにちは!ユカイ工学の金川です。 2021年第1回目のオンラインセミナーは、医療現場の働き方改革を研究している東京医療保健大学の中島先生と、業務改善のために革新的なナースコールシステムを開発しているケアコムの遠藤氏を迎えて開催しました。 IT活用が進みにくいといわれる医療業界で、既存のシステムや仕組みに、コミュニケーションロボットBOCCOやBOCCO emoをどう取り込み、どんな働き方改革に着手しようとしているのか? BOCCOやBOCCO emoだからこそ担える役割

スキ
15

ユカイ工学 #noteまとめ2020

こんばんは。ユカイ工学 デザイナーの はらだ です。 先日note公式からユカイ工学にも「2020年のまとめレポート」が届きました🕊 改めて数字で見るとたくさん書いたんだな〜と驚きます。 さて、今年さいごのnoteは【 ユカイ工学 #noteまとめ2020 】です! このnoteはこんな人におすすめです👀 ・ユカイ工学のことが気になる ・ユカイnoteの活動方針が知りたい ・会社でnoteをはじめたい/はじめたが悩んでいる --- ユカイ工学noteのそもそも▼

スキ
8