ノーコード・ローコード時代に開発者を志向する皆さんへ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ノーコード・ローコード時代に開発者を志向する皆さんへ

うるさん

先日7/5(日)に開催されたサポーターズさん主催の技育祭で、「ノーコード・ローコード時代に開発者を志向する皆さんへ」と題したランチLTを行ってきました。

LTのスライドの共有だけでは内容が伝わりきらないため、スライドを引用しつつ、スライドの行間を埋めてみようと思います。

LTのスコープ

「開発者」と一言で言っても様々な分野の開発があります。LTのスコープは「アプリケーション(webアプリケーションやスマートフォン向けアプリケーション)開発」として話をしてきました。

ガートナーの記事から

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0009

2019年8月のガートナーの記事に、スライドのような内容の記述がありました。ここでの「ローコード」という言葉には文脈的に、「ノーコード」という言葉も含まれています。

ノーコード・ローコードってなんだろう

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0010

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0011

とても簡単に説明すると、ノーコードは「一切プログラムを書かない」で、ローコードは「少しプログラムを書くだけ」でシステムが構築できるプラットフォームのことです。どちらもGUIによって、システム構築のかなりの部分をまかなうことができます。

そういえば最近Puppeteerでシステムの一部を実装する機会がありました。ふと「Selenium IDEみたいなのあるのかな?」と思い検索してみるとPuppeteer recorderなるものが存在して、かなり効率的に実装を行うことができました。対開発者のツールも相変わらず、どんどんと良いものが作り出されていますね。

今、ノーコード・ローコードはとてもホット

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0012

技育祭2020-ランチLT-BEENOS

結構な頻度でノーコード・ローコードの情報を目にします。各社新サービスのリリースや買収が盛んです。日本経済新聞のような、非開発者も読むメディアにも取り上げられるくらいです。

最近個人的に触ってみたものだとMicrosoft TeamsのPower Automate。チャットやビデオ通話の機能が、実現したいユースケースに合わず今回は見送ったものの、かなりのことがノーコードで実現できるのには関心しました。コロナ禍においてMicrosoft Teamsを導入する学校が増えてきていますが、生徒の夏休みに、「Power Automateで便利なものをつくってみよう」のような課題を出す学校が出てくるかもしれませんね。

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0014

「(既にあるかどうか)調べること」から作ることが始まり、開発期間のそれなりの時間を「組み合わせること」に費やす時代になり、純粋にアプリケーション開発者として労働市場で生き抜いていくのは、どんどんと難しくなるなと感じていました。そこに「ノーコード・ローコード」という一種の黒船の到来です。従来の生存戦略のままのアプリケーション開発者は、更に生き抜いていくのが難しくなるでしょう。

システム開発の民主化は、人類にとってとても好ましい進歩ですが、このような時代で開発者を志向しているのだということを、皆さんには認識していただきたいと思います。

これからのアプリケーション開発者に必要とされることは何か

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0015

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0016

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0017

求められるものはかなりシンプルで、「課題に興味をもつこと」だと思います。興味をもてないことに興味を持つためにはどうしたらよいのか、と質問されるかもしれません。その場合は、課題を抱えている人や状況に、意識の輪を拡げてみることです。「この人の笑顔をみてみたい、ありがとうを聞いてみたい」とか「この状況を改善したい」のように感じることができたら、良い状態になるまで、精力的に課題に向き合うことができるはずです。

なお、「プログラミング的思考」の説明は、文科省の資料内の、次の説明がとても端的で伝わります。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが
必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたら
いいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に
近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

「記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか」という部分が特に好きで、「作っておしまいではない」「最初から完璧なものは作れない」「作ったあともどんどんと形を変えていくのだ」という、サービス開発の本質のようなものも含んで表現されていると思うのは、考えすぎでしょうか。

キテレツは古かったか・・・

技育祭_ BEENOS漆原LT_page-0018

深夜のテンションでLTのスライドを作っていた時、たびたびドラえもんが頭の中をよぎりました。この時、「従来のアプリケーション開発者はキテレツみたいだなぁ」と思い、この〆のスライドの内容となりました。

ただ、ウェビナー中のチャットで「キテレツって分からない人いるのでは・・・」というつぶやきがあり、大きく反省。今でもマンガを読むのは大好きだけれど、「ドラえもん」によって藤子・F・不二雄に引っ張られすぎた感がありました。

うちの人事も次のような始末。そうそれ、コロ助だから。

“あたりまえを創出し続ける”
それではまた、インターネットでお会いしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うるさん
BEENOS株式会社の新規事業開発を統括するスタートアップ集団「BeeCruise株式会社」のCTOです。 エンジニアとしての生き方の試行錯誤と越境ECシステムの構築には実績があります。「エンジニアが書く越境EC Hack note」を執筆しています。