さる 🙈マネージャー

1440時間でマネージャー職まで出世してみた|そこそこの人生に満足しないためは時間を作ろう!|キャリアと資産を生み出す時間管理術やってます|社長や起業家のツイートは流行るけど、もっと等身大な仕事のお話もつぶやくよ|まあまあドローンの人

さる 🙈マネージャー

1440時間でマネージャー職まで出世してみた|そこそこの人生に満足しないためは時間を作ろう!|キャリアと資産を生み出す時間管理術やってます|社長や起業家のツイートは流行るけど、もっと等身大な仕事のお話もつぶやくよ|まあまあドローンの人

    マガジン

    最近の記事

    https://twitter.com/VEGGEY1/status/1365622276918452224?s=09

      • 子どもとやりたい!『焚火で絶品焼き芋』完全攻略法

        すっかり季節は冬到来。アウトドアには焚火が温かくて、調理が楽しい季節になりました。 ということで、焚火の腕を挙げながら楽しむ絶品焼き芋を完全攻略しましょう!サツマイモは秋に美味しいイメージがありますが、1~3月は保存熟成されて糖度が増す時期。焼き芋の旬はこれからです! 子どもと焼き芋 オススメポイント「美味しくて栄養たっぷり」サツマイモは、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど人が生きていくために必要な栄養成分をバランスよく含んでおり、「準完全栄養食品」と言われています。穀類(米

        • 今日の会議はアウトドアで焚き火!会議室では出ない会話が生まれます。

          • 間に合いました。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 読むアウトドア【実践編】
            さる 🙈マネージャー

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            大人も子ども空中散歩!非日常の木登り、ツリーイングってナニ?

            樹木に身をゆだね、新しい森のアクティビティとして近年注目されているのが「ツリーイング」というロープを使った新感覚の木登りです。 誰でも安全に高い木の上にのぼることができ、木の上の世界を楽しむアウトドアレジャーの1つです。 今回は、広島県でツリーイングをはじめとした自然体験活動を行うフォレステラさん協力のもと、5歳~9歳の仲良し5人組が挑戦してくれました。元気いっぱいに木登りを楽しむ様子をお届けします。 ツリーイングってどうやるの?まずは木登り道具の装着をします。ヘルメッ

            パパかっこいい!と言われすぎて辛い。ロープワーク初心者のためのたった1つの分かりやすいページ

            グーグル先生に「ロープワーク」と尋ねると、約500,000件もの検索対象を教えてくれます。多くのページが結び手順を写真で解説されていて、ロープワークが苦手な私は毎度参考にさせてもらっていますが、「もう少し詳しくここの手順が知りたい・・・」なんてこともあるワケです。 そこで今日は、数あるロープワーク解説サイトの中でも、手順の詳しさと分かりやすさではピカイチの「animatedknots(英語)」をご紹介します。 さあ、これで今日からスイスイとロープワークを嗜んで「パパ、かっ

            息子の卒業式、担任の先生がHRで最後に贈った言葉。 「最後じゃけ絶対守れよ…【死ぬな】お前ら笑いよるけどなー、何人かおるんじゃ。ワシが(天国に)行った時には怒ってやらんといけんヤツがの。人間いつか死ぬ。でもの、順番は守れ。ワシが先じゃ!絶対守れよ。」

            マッチが使えない小学生が82%とというニュースから。 肝心なのは「火を使う」ってコトだと思います。。。そんなワケでこの春は親子で焚火のススメ。追記しました。 https://note.mu/ureshii/n/n1d46363b764c?magazine_key=m2a228ee779ca

            息子にナイフを持たせた日

            タイトルが危なっかしいですが、息子にナイフを解禁しました。 今までも一緒に果物を切る、一緒にツルを切るという簡単なことはさせつつ、危なさも教えてたので、そろそろ自分で出来るだろうという判断です。 目的があれば手段として教えてみた。ある日「木の枝でパチンコを作りたい」と言い出ましたので、んじゃ「自分で作ってみな。」とナイフを使って自分で作らせることにしました。 今まで"大人しか使えない"と思っていた道具が自分も使えるからか、親に認めてもらった自信からか、途端に目が輝きはじめ

            「にんべん」に「木」と書いて休。 今日の昼寝は樹上10mのハンモック。春ですね。

            遊び場をアウトドアにすれば「落ち着きが無い子」ではなく「●●と●●がある子」だと気づく話

            「うちの子は落ち着きが無いから気をつけてくださいね」 というお母さんの言葉と共に1日自然塾で一緒に過ごした6歳の男の子、 確かにお母さんと一緒に話をしていても、色々とうわの空な様子。 ともかくお昼ご飯を作るために囲炉裏の準備を始めると、まったく別人に変わりました。 初めての自然体験でいろんな事に興味深々、焚き木を拾い始めたかと思うと井戸を覗き込んだり、木の皮をむしったり、突然穴を掘り始めたりと目の前のあらゆるものを全身で満喫している様子です。 それにつられて他の子ど

            アルバイトの大学生ちゃん、保育士になるために頑張ってました。 しかし昨年の配置基準緩案ですっかり目標を失ってしまっている今日ここ頃。 教育と保育の違いは?と勉強を重ねて来たけど、「保育士政策」のコレジャナイ感ってば…。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H5V_U5A201C1EE8000/

            子どもスゲっ!と思うのは教えない事がいつの間にかできるようになってる事 アウトドアでは「今日の擦り傷が未来の大怪我を防ぐ」だけどついつい手を出しちゃうんだよね。 わが子は勝手に工夫し成長するもの|yuminarie|note(ノート)https://note.mu/yuminarie/n/nda15930878d8

            息子、明日高校受験。早いもんですね。 今日は気分転換でドライブがてら。

            木登りという非日常。みんなの楽しそうな笑顔は寒さとか関係ないワケです。

            昔日常にあって無料だった自然の体験が、今はお金出して経験しなきゃいけない時代になりつつある不思議。