愛するということ

「私は何者でもない。」
「何者でもない私は、何者かにならなければならない。」
そう考えていた。

何者かでなければ生きている「価値がない」
そう思っていた。

では、どうやったら私はその何者かになれるのだろう。
ナニを持っていれば私は何者たり得るのだろうか。
学歴だろうか?
金だろうか?
地位だろうか?
社会的名誉だろうか?
もしくは、能力だろうか。

リーダーシップがある、運動で秀でている、コードが書ける、人徳がある、ありとあらゆる「有る」があるけれど、世の中の他人の「有る」があまりに在るがゆえに、自分には足りないことばかりな気がしていた。
足りない穴が多すぎて、足りない部分が大きすぎて、自分に生きる価値がないのだと思っていた。
足りない穴をひたすら埋めるように生きてきた。

自分の足りないところばかりが気になってしまって、他人の「有る」を気にしてしまう自分は、知人が早くして成功することに焼けるような焦燥を覚えるのはもちろん、テレビ越しに五輪の金メダルを掲げる羽生結弦を観ても自分の足らなさに歯軋りするのだった。

嫉妬心を持っては「いけない」、そういった感情を出しては「いけない」。
私はこういう人間で「あるべきだ」。
(社会はこうあるべきだ。)

「してはいけない」と「しなければならない」で自分を雁字搦めにして、玉ねぎのように「あるべき自分」で重層的に自我を縛り上げていった結果、自分が誰なのかわからなくなっていった。

「苦しみが足らない」

口癖のように頭の中でその言葉が反響するのだった。毎秒毎秒。
絶えず「苦しみが足りない」、「苦しみが足りない」。
念仏のように唱えている自分は永遠に自分の心を刺し続けているのだった。

苦しみが足りないから「ナニか」が抜け落ちているような気がするのだ。
その「ナニか」がなければ生きている価値はない。意味もない。
「あるべき自分」に私という人格を練り上げてやっと私は成功に値するのだ。

そう思っていたのだけれど。

でも、果たしてどんな「あるべき自分」になれば私は私の足りなさを赦せるのだろう。
100億円あればいいのか?
それとも1兆円?
総理大臣になっても満足できない?
じゃあ大統領にでもなるのか?
それでも足りないと思うのだろう。
いつまでたっても私は私を赦せない。

「誰かに認められたい。」

そう思って生きてきたけれど、他の誰かに赦される前に、自分で自分を赦さなければ私は解放されないのだった。
自分で自分を認められなければ、いくら誰かに認められていてもそれを信じられないのだった。
そして気づいた。自分を赦せるのは自分だけなんだって。

だから私は私を信じることにした。愛することにした。

「私は私のありのまま、あるがままでいい。あるがままの私で、ナマの私ですでに素晴らしくて、最強にかっこよくて、生きている価値はめっちゃある。」


私はいろんな長所も短所もあるけれど、結局そこには「善い」も「悪い」もなかった。
ただただ、そのままで「いい」

思い出したくないクッソ恥ずかしい過去もあるけれど、
申し訳ない失敗もたくさん数えきれないくらいあるけれど、
全部丸ごと含めての自分だった。

結局、私が欲しかったのは愛なのだ。

それは外から与えられるものではなくて、私が私を愛して初めて感じられるものだった。
私が私を愛して初めて生まれる愛は、内から外へ、宇宙へと溢れるようだった。
本当の愛が分かった。
本当の好きが分かった。

自分に「善い」「悪い」がなければ、自分以外にも「善い」も「悪い」もない。
ただそこに在るだけで全部いい。
同じ宇宙の一部として、全部として私は宇宙の全てを受け入れるし、この世界を愛しているよ。

そうやって自分のあるがままを受け入れて、自分の本当の好きを見つめると、自分の好きが宇宙の中心に、運命につながっているような気がした。

点と線は繋げるわけじゃない。
繋がるわけでもない。
最初からつながっている。

宇宙の中心へと繋がっている愛をたどっていくのが人生なのかもしれない。
その辿っていく過程こそが祈りなんだ。

宇宙の中心から辿ってきた愛を私なりの愛の仕方で現実世界の形に落とし込む、これが仕事なのかもしれない。

そうやって、宇宙の中心に繋がっている仕事、生きた証、それがどんな形態をしていても、製品でも言葉でも行動でも、多くの人の心を動かすものになるに違いない。

だからね、私は気づいたんだ。

「私は何者でもない。でも、無理して何者かになる必要はない。何者にもなる必要がないから私は何者にだってなれる。何者にもなる必要がなくなって初めて私は何者にでもなれる何かになれるんだ。」

僕は、何者かになるよ。
それはいつかはわからないけれど、
必ず。

つづく

==================================================

Somewhat desperate obsession has forever spurred on me to think that “I should be somebody worth notice” or that “Anybody not worth anyone’s notice isn’t worth living”.

Every moment my obsession has tortured me by forcing me to think that I lack something; something that I cannot name what it is but I feel that it’s missing from me or my heart.

What then is it that I lack? What exactly is it that a man has to posses to be worth existing?
Is it a phD from prestigious school?
Or is it some fuck ass amount of money to fuck off your petty friends at the stupid party?
Or is it a social status that you lie on to look down on others?
Or maybe it’s the ability that enables you to achieve all the above.

Leadership, physical strength, ability to code, personality and all the other aspect of a man that I see in other people seems totally missing from me. This feeling of defection has so far been driven me to struggle to obtain what seems to be lost from my ability or personality ever since I knew I was a human being. But never could I get rid of this feeling or suffice myself to think that I was ever worth existing.

I was too obsessed with what I don’t have and too jealous of what others have that I not only envy my early exited friends to the extent that I bit my rips to bleed but also felt too jealous of some Olympic gold medalist over the TV screen.

Moreover there was this obsession of “You should be”.
“You should not be jealous of others. At least you should not expose that feeling.”
“If you are the CEO you should not let others see your fear or struggle”
“You should never give up”
“You should be able to do ANYTHING at once”

All these “should be” were so stark to me that it has forever mold my person to rigidity. I bound my mind so too much that in the end I could not find out my true self if it were not for all the obsessions.

I often used to say “There isn’t enough pain”.
This also was an obsession incessantly ringing inside my head. Every single moment this phrase has stabbed me in the heart.
This puncture has caused me a real pain. A feeling of unworthiness.

There isn’t enough pain. There isn’t enough effort. There isn’t enough anything that the worthy consequence requires. It is the lack of pain that makes me feel that I lack something. It is because of this lack of something that I lack worthiness in my life.

This was my logic as was my feeling; until recently.

At the end of the day I knew that nothing can ingratiate me.
Nothing, or nobody at all can ever forgive my sin of existing in this world.
How much money I have should satisfy me? Billion? Trillion?
What fame shall support my existence? Be a prime-minister or president?
What I knew crystal clear was that the more I have, the more I will want and the less filled I will be.

“I want to be acknowledged by someone.”

Acknowledged by someone I love.
But before anything, I myself should be the first one to acknowledge me. If I don’t believe in myself from the very bottom of my heart, how can I believe in anybody who believes in me?
I should be the one to forgive myself; the forgiveness that certifies my means and existence.

So after so much pain and tortuous detour I finally came to this place.
I believe myself and I love my self “as it is”.

“I’m already great as being who I am right now. My naked self is already precious, unique and I’m worth living.”

Yes, I do have numerous weak points. So what?
There’s no good or bad about it.
On what ground do I judge good or bad anyway?
I’m ok as I am.

Yes, I do have shameful past I cannot stand to recall.
Yes, I do have so many mistakes that I shall have to apologize many people.
But, they are all me. They are part of me, the components of me that can never be excluded from myself as a whole.

All I needed was love.

But the love is not what is given.
It’s what I nurture in me by loving myself.
It’s what I nurture till it pours out from my emotional bound to the extent it soaks into others emotion.
Love I found was always inside out; from my core heart to the universe as a whole.
It's not what I beg and expect from others.
Now I know what love is.

Now that I love myself and acknowledged myself as a whole, I was able to acknowledge others as a whole. In this universe there is no good or bad. Any means of comparison and judgement are imported into me from outer world; they don’t originate from my inner-self. There is no good or bad.
Everything exists as they are. When it sink into my heart that everything just exists as they are, it came natural to me that I belong to universe as a whole and that I myself is a universe.

That moment I knew my fate.
I see my destiny connected to the centre of the universe.
It is my revelation.

You don’t connect the dots nor the dots WILL be connected.
They are ALREADY connected.

The chart is already been drawn up. The chart of life and destiny.
Only thing I have to do is to believe and follow the path being faithful to my fate.
Sail along and I will get there.

So this is what I learned.

“I’m nobody worth notice. But I don’t have to be anybody. I don’t have to be anybody, but because I don’t have to be anybody I can be someone. Someone worth living.”

I will be great.
I don’t know when but when my time comes, I will be.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援は自分用のバレンタインチョコのお代金にさせていただきます

大好きです
3
なにものでもないわたしは、なにものにだってなれる、なっていいんだ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。