見出し画像

好奇心の人生ゲーム

社内から選抜で海外のイベントに参加できると期待して前々から英会話に通っていたが、今年はそのメンバーに入ることができないのが分かった。

それ以降、英会話へのモチベーションが途端に失われてしまった。

より正確にいうと、地道に英語の学習は続けていきたいとは思っている。英語から得られるものは長期的に見て大き過ぎるから。ただ、英語を話す気力がないまま安くはない月謝を払い続けるのが馬鹿らしくなってきたので、退会を選んだ。

自分はこれまでそうやって、何か習い事を始めてみてはコツなりある程度の技量に達した段階で急速に興味を失って離脱することが多かった。

良くも悪くも諦めが早いのと、対象の大枠を掴むと満足してしまう傾向がある。それ以上の高みを目指すことに興味が湧かないたちなのだ。

そんな訳でまた何か新しいことを始めようかと画策している。最近はこうやってnoteで書くことを趣味にしているので、もっと書くスキルを磨いていくのがいいかもしれないと思って、エッセイのセミナーみたいな書き方講座を探してみている。

内容はピンキリだし、自分にはどういうのが向いているのか分からない。ただ、長い目で見て徐々に上手くなっていく実感と、自分のできることが増えるということに明るい展望を持っている。

書くようになってからクリエイターや表現者に対するリスペクトの念がよりいっそう強まった。

そういう人ともっと話してみたいと思うようになっている。だからその人たちと関わりを持つためにも、書くコミュニティに参加するのがいいかなと思っている次第。どうなるかは未定ですが。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートで読みたい本を買います。

うれしいです!ありがとうございます!
7
港区のITエンジニア兼、複業ライター。1992年生まれ。noteではエッセイや日記を綴っています。趣味は読書・お笑い・ラジオ。過去記事はマガジンにまとめています。編集・ライター養成講座40期生。彼女と2人暮らし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。