見出し画像

瓢たんの焼き餃子

この記事は2017年12月21日に Umio's Food Blog に投稿されたものです。この記事を書いたあと、神戸に用事があるときは必ずと行ってよいほど元町店に立ち寄りました。瓢たんに行くだけのために神戸に赴いたこともありました。残念ながら2020年6月、63年にわたる歴史の幕を閉じましが、この餃子の味とお店の空気感がくれた元気と思い出は、いつまでも私の心にとどまることでしょう。

初「瓢たん」。

カリッともちっとな皮に、あっさりした乾いた(ノン・ジューシー)な餡。もちろん味噌ダレ。「味噌ダレをベースに、あとはお好みで」とお店のおばちゃんからガイダンス。ニンニクが漬け込まれた醤油と酢を加える。

画像1

餡は肉主体。味噌は色も濃く、味にもコクがある。にんにく醤油が餃子を引き立てる。

焼き手は無口だが丁寧な仕事をしている。もちろん注文を取ってから焼き始める。結構待つけど、その分おいしい。サービスのおばちゃんと焼きのおばちゃんのコンビがいいのだ。

店は7席くらいのカウンターのみ。後ろを通る時は声をかけないといけないくらい狭い。でも落ち着く場所だ。

画像2

帰り際、お店のおばちゃんはこのように説明してくれた。「神戸の餃子専門店は味噌ダレ、だからうちはニラと生姜を使ったあっさりとした餡にしてる」。

にんにくは使わない。その代わりにんにく醤油を置いているのだ。「にんにくは餃子の外にある方がいいですね」と答えて帰途についた。

画像3

お店情報

瓢たん 元町本店
兵庫県神戸市中央区元町通1-11-15
最寄り駅: JR・阪神元町駅


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本や資料を買い、酒と食の取材旅行に出かけ、地域で対話して知見を深めるために使わせていただきます! 何より応援していただくことが書くことのモチベーションになります。よろしくお願いいたします!

ありがとうございます! 励みになります!
2
旅人。日本酒コンシェルジュ。日本酒文化を楽しむガイド「日本酒コンシェルジュ通信」https://sakeconcierge.com で、イベントとブログで日本酒のおいしさと楽しみ方を伝える活動。ここ数年は酒の旅にハマっている。

こちらでもピックアップされています

Umio Foodie
Umio Foodie
  • 4本

食べ物、料理、レシピについて考えたこと。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。