見出し画像

メルマガやブログはスマホ時代に緩やかに衰退するだろう

先日とある人とコンテンツ論を語り合っていた時。

最近はnoteで1分くらいで読めるコンテンツ(僕でいうとイケダさんとはあちゅうのくらい、あとは最近サーチマン柴田さんの決算が読めるようになるnoteを一気読みした)に一番心地よさを感じます。一人ですぱじろうしてる時とか、電車の中とか、エレベーターの中でサクッと読むことが多いです。

ちなみに、メルマガはもうどこのも読んでいないのですが、メルマガをスマホで読むってかなりしんどいです。分量の多さが辛い。

ブログメディアも、PCでなら読むのですが、良さげな記事があっても、長いとスマホで読むと途中で離脱してしまう。

この問題、僕は少し悩みました。自分の脳が短文に慣れ過ぎてしまって、長文を読めないアフォになってしまったのではないかと。紙で村上春樹を読もうとしても集中できません。

しかし、テキスト量って実は価値とは比例しません。むしろ、テキスト量が多い方が、伝えたいことをようやく出来ていないという意味合いにおいては、価値が低いのかもしれません。長文の人の記事をよく読んでみましょう。無駄な言い回しが繰り返されていることが少なくないですから。これ、編集の仕事をしていると「余計な箇所を削ろう」と思うので、そういうことに気づけるようになります。今までの自分って…w

僕が作った3,000円や1万円のnoteはPCでの閲覧をベースに、じっくり読む人向けに作りました。3万字くらいのnoteを全てスマホで読む人はさすがにいないのではと。

メルマガのフォーマットは本当に悪しき慣習で、週に1度のテンプレに載せるだけで、先人が作ったフォーマットにみんな縛られすぎています。そして、「テキスト量多くした方が、もったいない感が出て退会率が下がる」とまで言われていたこともあり、それって全然本質的ではないなと。

スマホ時代においては、どんな内容を誰に届けるかという戦略の差はあれでも、細切れ時間にできるだけ多く(理想は毎日)読者に接触し続けることで、大きな資産を築けるのではないかと、ユーザー視点で突き詰めるとそう思うようになりました。

この記事はTheStartupとnote、両方に全く同じ内容を出してみます。

無料記事であれば、分散型メディアの発想であれば「露出面を増やす」ことが大事なので、同じ内容の記事をブログメディアとnote両方で出すことは問題ありません。

ああ、なんかnoteに出すエッセイにしては、ちょっと長い気がしますが、メディア論でした。

我々提供者よりもユーザーの方が動きが早いのは世の常であり、そのユーザーの動きにアジャストするには、自身が正しいユーザー視点を持っていることが大切だと思います。

あと、noteだとコメントしやすい空気がありそうですね。レスはしないことの方が多いでしょうがw 気軽に読んだ感想を書き込んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

もう「スキ」してくれないと、記事書かないんだからっ!
183

こちらでもピックアップされています

オススメnote【IT系、経営系】
オススメnote【IT系、経営系】
  • 40本

IT系、経営系でいいと思ったコンテンツをまとめるマガジン。時々息抜きが入っています。

コメント (12)
私も主に、外出時のスキマ時間にnoteを読んでいます。
持病の関係で、夜9時には寝なくてはいけない私には、PCでゆっくりコンテンツを読み込む時間が取れません。
だからといって、Twitterみたいな短さでは表現し切れませんね。
確かに画面の小さなスマホで長い文書を読むのは難解ですよね
でも、noteはテキストが主体で読むマガジンと言うよりも『テキスト=text』なので簡単にアプリの『音声読み上げ=朗読化』が可能なので『目の不自由な人達』とかには音声朗読化で流行ります
🌟更にコミック時代にも挿絵主体でテキストは自動音声読み上げが絶対的に流行ります
簡潔に書くことが大事なんだと改めて気付きました。読み手の時間を無駄にするような意味のない長文は書かないように努めます。
初めまして!
すごく興味深く、何度も読み込みました!
仰る通りと言いたいところですが、気になる点が一つありました。

それは文章の長さです。

長文、短文で良し悪しは測れないところがあります。

長文でも読み手を惹きつけて読ませる技術があれば問題ないし、短文はビジネス系ブロガーがコモディティ化してる今、内容が核心のみ綴って記憶に残り辛いこともあります。       
一言カレンダーのような。

どちらにも長短所はあると思いますが、
ブログを書くのは確固たる戦略が必要なんだと改めて思いました。

これは自分自身の反省になりました。
ありがとうございます😊






しかしながら、いいねを頂くと本当に読んでくださってるのかな?と疑問を投げかけたくなるときも多々あります。
互助会のようないいねは好ましくありません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。