ウジエスーパー人事•広報担当
人見知りで引っ込み思案の私が気付けば輪の中心に。利府店・精肉担当/M.Sさん
見出し画像

人見知りで引っ込み思案の私が気付けば輪の中心に。利府店・精肉担当/M.Sさん

ウジエスーパー人事•広報担当


はじめまして。利府店で精肉担当のチーフをしている入社6年目のSです。高校時代にスーパーマーケットでアルバイトした経験がキッカケとなり、人と接する仕事で楽しく働きたいと新卒でウジエに入社しました。

入社前に不安だったのが職場での人間関係。もともと人見知りで引っ込み思案な性格で、自分から話しかけるということが苦手だったんです。お客様と話すことは好きだったのですが、職場の仲間とのコミュニケーションは少し違いますから。うまく話の輪に入れなかったらどうしよう…と心配でした。

でも、ウジエのスタッフは本当にみんないい人ばかりなんですよ。話しかけるタイミングをうかがって緊張していた私に、みんなが次々と話しかけて来てくれて。「分からないことがあったら言ってね」とか「うちの息子もSちゃんと同い年なのよ~」とか…。

親子かそれ以上に年の離れたパートナーさん(パート・アルバイトさん)も多いのに、年齢差を全然感じさせない接しやすさがありました。それどころか「Sちゃんは私たちの娘のようなもんよ」と、とても可愛がっていただきましたね。


いつの間にか脱・人見知り-----
色々な方に話しかけていただき、楽しく話をするうちに自然と自分から話しかけにいくことも苦ではなくなっていきました。入社2年目・3年目と年数を重ねるごとに周りのことを気にかけるゆとりも生まれて、(○○さんに話しかけに行こう~♪)などと考えながら仕事をするのも楽しめるようになっていったんです。

私は入社2年目でチーフを任せてもらいましたが、最初は分からないことだらけでした。だからこそパートナーさんの意見がとても大事だということを身に染みて感じましたね。お店には勤続20年・30年の大ベテランさんも多いので、私たち社員よりもお店のことを分かっていますから。


分からないことはパートナーさんに聞いて、やり方や考え方を一つひとつ教わって…と、本当に「娘」のように育ててもらいました。もちろん上手くいかないことも多かったですが、挑戦する人を見放さない会社ですから、「また頑張ろう」と気持ちを切り替えて頑張って来られましたし。


仕事をするうえで「誰と働くか」って、とても大切なこと。人に恵まれた環境で働けているからこそ、一つひとつの仕事のやりがいも、自分自身のちょっとした成長も、みんなと一緒に感じることで前に進めるのだと思います。