見出し画像

読書録:第1冊目『読書について他二篇』~「読書の達人が選ぶ岩波文庫の100冊」より~

本日2020年6月1日より、新しいチャレンジを始めます。
題して『#岩波文庫達人の100冊』チャレンジ

1992年に錚々たるメンバーにより選ばれた岩波文庫で読める古典的名著リスト「読書の達人が選ぶ岩波文庫の100冊」の中からKindleに対応している書籍を読んでいくというチャレンジです。

基本は、Kindleで岩波文庫の各ジャンルの古典的名著を読んでいくというチャレンジですが、感想はツイッターのツリーで呟いていきます。

時間があれば、これをしっかりとした文章でNoteにまとめなおすというのも、いい訓練になるかと思いますが、なにせ70冊以上あるものですから、継続できる範囲でないと元も子もないということで、ツイートにとどめさせていただきます。

その代わりに、ツイートだと過去ツイートはどんどん流れてしまうため、そのツリーをNoteにリンクとして貼っておき、アーカイブすることにしました。

本日は、ショーペンハウエル著『読書について 他二篇』を読みました。

書籍情報:
『読書について 他二篇』
著者ショウペンハウエル 著 , 斎藤 忍随 訳
通し番号青632-2
刊行日1960/04/05
体裁文庫 ・ 160頁
Amazonリンク:
https://amazon.co.jp/dp/B01LZD4B9D/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
4
大学生です。現在、フリーのライター業もやらせていただいております。アニメやエンタメに関わる仕事をしていきたいです。アニメ周りの感想や、読書感想、その他考えたこと思ったことを雑多に書きます。主にTwitterに生息しています。