見出し画像

今年のトレンド

タイトルにまでしてしまったが、トレンドと呼ばれるモノの中には取り入れなくてよいものも多い。既にお察しの方もいるかとは思われるが、私は年初めからインフルエンザにかかりました。
インフルエンザは歓迎しないが、今年のトレンド、インフルエンザ新薬との出会いは歓迎に値する。今を輝く新薬、その名は「ゾフルーザ」。まるでドラゴンボールのフリーザみたいな名前だが、私にはあっていた。タミフルなどと違い、時短で勝負できる点は働く方には嬉しい効果なはず。「来たな」と思ったら早目に医者にかかりウィルスチェックを受け、陽性なら迷わずゾフルーザで一撃。かかってしまったらぜひ一度医師に相談してみて欲しい。

体の痛みからも解放され、熱も落ち着いてきた中、出来ることは隔離された部屋でじっとしていることだ。おかげで読書が出来る。推薦され読まずだったマンガも。
一仕切全部終わると、今度は真面目にこれからのことなどを考えていた。今年のこと、人生のこと、家族のこと、お金のこと。
「ブレーキを制するものがレースを制する」。
昔、ジムカーナを少し教わっていた頃の先生からの言葉だ。

ある意味ではいいタイミングでインフルエンザにかかったのかも知れない。
ここはしっかり休息を取り、整えて再起することとします。

#インフルエンザ #ゾフルーザ #新薬 #トレンド

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
コメント (2)
どうなんですかねえ、インフルエンザ薬。日本がダントツな使用料らしいですけど。パンデミックになったときに何度もこんな薬飲んだせいで効果が出ないなんてことにならないいいのですが。
よくは分からないですが困った時に一発で今回効いたのは、とても役に立ちました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。