見出し画像

Windows 環境で KensingtonWorks(TrackballWorks)をインストールせず、第 3、第 4 ボタンを使う

人によっては宗教戦争にも発展するようなお題なのですが、トラックボールの王様は何かというと、私個人的には Kensington SlimBlade Trackball だと思っております。

・直径 55mm という巨大なボール
・カーソル移動と上下スクロールをシームレスに行える指先運動
・高級感溢れるフォルムやケーブル

ボールの回転は程よく慣性が働きますし、重量級のボールでぴたっと狙ったところにカーソルが行く感覚は『大玉ボールならでは』です。

一方で、この SlimBlade をさらに快適に使用するためのソフトウェアである KensingtonWorks は、あまり品質が良いものではないかと思ってます。

実際のところ、使用するにあたり致命的な不具合を経験しております。KensingtonWorks Ver 2.2.7 で、左クリックの押下からダウンクリックが発生するまでにレイテンシがある、というものでした。

具体的には、タイトルバーなどを掴んでドラッグでウインドウの場所を動かしたいときに、クリック後の遅延によってタイトルバーの場所できちんとクリックができず、別なところをクリックしてしまっていた……、という現象です。これが多発していたため、大変厄介でした。

ネットで検索してみますと少なからず同現象がおきているかたはいらっしゃいます。そのため、拙宅固有の問題ではなく、グローバルでおきている可能性があります。

Slimblade Click Latency? https://www.reddit.com/r/Trackballs/comments/euxocb/slimblade_click_latency/

じゃあ、KensingtonWorks を使わなければいいのではないか、という話ですが、使わないと

左上・右上の第 3・4 ボタンを押下しても反応がない。

と言う、もうどうしようもない状態になってしまいます。

調べてみましたが、第 3・4 ボタンは通常のマウスのボタンではなく、KensingtonWorks をインストールしなければ Windows に認識されないボタンであるようでした。つまり、AutoHotKey などのソフトウェアでボタンカスタマイズができません。

その理由は、第 3・4 ボタンは KensingtonWorks に含まれているドライバ(Windows において USB などで接続されているデバイスを動かすためのソフトウェア)で制御されているためです。通常、一般的なマウスやキーボードは接続をすると Windows 標準のドライバで動作します。各種キーは業界標準の規格となっており、「特殊な」キー・ボタンでなければ標準のドライバで問題ありません。

しかし、SlimBlade の第 3・4 ボタンは「特殊な」ボタンに当たります。KensingtonWorks に同梱のドライバがなければ動きません。

なので「SlimBlade(トラックボール)のドライバだけインストール」ができないか、というのが以下のやりかたです。長々とした前説となってしまいましたが、いよいよ本編です。なお、Windows の手順です。

KensingtonWorks からドライバを抜き出してインストールする

以下はメーカによりサポートされた方法ではありませんので、実行する場合は自己責任でお願いいたします。コマンドライン操作やドライバのインストールなど、通常使用しないであろう操作が含まれます。

https://www.kensington.com/ja-jp/software/kensingtonworks/ などから KensingtonWorks のソフトウェア本体をダウンロードします。すると「kensingtonworks_2.2.10.msi」といった MSI インストーラが入手できます。このインストーラを解凍しドライバを抜き出せば、それのみをインストールできます。

$ msiexec /a "C:\tmp\kensingtonworks_2.2.10.msi" targetdir="C:\tmp\kensinton\" /qn

参考: https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0703/02/news130.html

targetdir に指定したディレクトリ内に Kensington\KensingtonWorks2\drivers というディレクトリが作成され、さらにその中に Windows バージョンごと、OS bit ごとのディレクトリごとにドライバが設置されております。

2021/06/04  00:00    <DIR>          .
2021/06/04  00:00    <DIR>          ..
2021/04/19  06:14            14,618 tbwkern.cat
2021/04/19  16:01             8,257 tbwkern.inf
2021/04/19  06:14            57,720 tbwkern.sys
2021/04/19  06:14           590,704 tbwsvc.exe

あとはデバイスマネージャから Kensinton のトラックボールを選択し、ドライバを個別に適用すれば OK です。

画像1

参考: https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1606/15/news043.html

これで、KensingtonWorks 無しで第 3・4 ボタンが利用できます!
肝心の不具合ですが、ドライバのみのインストールであれば今のところは遭遇したことはありません。クリック時の遅延もなく大変快適に過ごしております。キーカスタマイズも AutoHotKey などで代用すれば問題ありません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twofaults

老後、奥さんと世界一周のための費用にします。

#nikon #z6 #family #music カメラや子育て、家族のこと、日々学んだことを記します。 https://twofaults.smugmug.com/Gallery/