見出し画像

【エクストラ】ショックロック詳細解説

■はじめに

 今回はシティリーグシーズン1で計4人が使用して、準優勝を1人、ベスト8を2人、ベスト16を1人出した、ショックロックの解説を書こうと思います。

■ショックロックを使った理由

 元々とても強いデッキだと思っていましたが、ロックは出来ても時間内に最終的に勝つのが難しかったため、使うには至っていませんでした。ですが、ジュジュベ&ハチクマンの登場によって少ないカードで時間切れのリスクが軽減できるようになったため、使うことにしました。また、レッドカードやマーシャドー[やぶれかぶれ]が禁止カードになったことも、このデッキにはとても追い風でした。

 ハムさんが最初にこのことに気付いてくれました。ありがとうございます。

■基本的な動き

①ピカチュウをライチュウ[エボルショック]に進化させて、相手のバトルポケモンをマヒにさせる。
②退化スプレーでライチュウを手札に戻す。
③メモリーエネルギーがついたムーランド[特性:ばんけん]で、進化前のヨーテリーの技[ものひろい]を使ってトラッシュの退化スプレーを回収する。

 この動きをし続けることで、相手のバトルポケモンをマヒにし続けることが出来ます。また、ムーランドの特性ばんけんが働いていれば、グズマやオカルトマニアなどのサポートを使われることもありません。序盤はこの盤面を整えることを目標とします。

 この盤面が整ったら次は、今の環境で採用される事の多いグレートキャッチャーを使われないように、ジュジュベ&ハチクマンの追加効果やAZを使って、呼ばれてしまう恐れのあるポケモンをトラッシュしておきます。

 最後に、相手の山札を削る作業に入ります。上記の動きにジュジュベ&ハチクマンをルザミーネ2枚で使い回す動きを加えます。しかし、ジュジュベ&ハチクマンの効果は自分の山札もトラッシュされてしまうので、このままだと山札の枚数によっては自分の山札が先に切れてしまいます。そこで自分の山札がなくなるタイミングで次の動きをし続けることで、それを防ぐことが出来ます。

①ピカチュウをライチュウに進化させて、相手のバトルポケモンをマヒにさせる。
②ジュジュベ&ハチクマンを使う。または、ルザミーネを使ってルザミーネとジュジュベ&ハチクマンを回収する。

この続きをみるには

この続き: 3,253文字 / 画像1枚

【エクストラ】ショックロック詳細解説

つぬ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6

こちらでもピックアップされています

ポケカ
ポケカ
  • 28本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。