見出し画像

同じことをやっているように見えて同じことをやっていない話

どうもこんにちは、Tuck @_tuck4 です。いろいろな世界で「それはすでにやってる人がいる(だからお前はイケてない)」っぽいことを言う方がいますが、ちょっと勘違いしているんじゃないかと思うので、またここで好き放題書いていきます。

「同じことをやっている」ように見えるのに評価されたり脚光を浴びているように見えるときは、その人が既存の何かに、新しい「軸」を組み合わせてあると考えた方がいいです。本人が意識している、意識していないに関わらず、です。

たとえばじぶんの場合は「京都の写真を撮っている人はすでにたくさんいる」からのスタートでした。で、何を組み合わせたかというと、ストレートに言うならVSCO filmでの写真編集です。かみ砕いていうと、「京都の写真を海外向けに写真編集している」ということだったんですね。

この続きをみるには

この続き:697文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

ISSUE.002

500円

【更新終了】月間マガジンの2016年2月版。フォトグラファーとしての経験や考えたことなどを発信しています。

または、記事単体で購入する

同じことをやっているように見えて同じことをやっていない話

保井崇志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

マガジンを定期購読していただけたらもう十分です!

いつもありがとうございます!
22
Photographer

コメント1件

はじめまして、いつも興味深く読ませていただいています。ぼくはいつも「掛け算」という考え方を持っているのですが、Tuckさんの言う「軸」というのは近くて新しい表現だったのでちょっと嬉しく感じました。軸の掛け算を重ねて、新しい仕事を生み出しながら活躍する人が増えていくと、楽しい未来が創れるんじゃないかなと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。