見出し画像

【公演情報】間奏曲#2『四月になれば彼女は彼は』


間 奏 曲

本公演とは違う、ちょっと危ないアイディア、趣味性の高い表現、実験的なトライをどんどん行なう場として、弦巻楽団の若手劇団員が自主的に立ち上げた企画。2009年の#1『こんにちは、母さん』から15年の時を経て復活。

今回は、持続可能な演劇との向き合い方と、劇団員としての創作方法を再考すべく、演出家不在の稽古を重ね3ヶ月間にわたる稽古場公演を実施する。

演目は、弦巻啓太が若手演出家コンクール2014で最優秀賞を受賞した作品『四月になれば彼女は彼は』。

あらすじ
劇団の稽古場で、男と女、二人の役者が稽古をしている。脚本は岸田國士の『紙風船』。二人は次回公演のキャスティングオーディションを兼ねた「試演会」で、その戯曲を上演しようとしている。
戯曲を読む。声に出す。相手に向かう。試行錯誤しながら稽古を繰り返す二人。
やがて稽古する二人の姿に、別の人間が重なってくる。それは『紙風船』の夫か、妻か。それとも。
「演じる」とは何か。「台詞」に滲み出てくるものは、自分の人生か、役の人生か——。

無料キャンペーン実施中!


出演

相馬日奈
阿部邦彦
佐久間泉真
柳田裕美
イノッチ

※二人芝居。組み合わせは回によって変わります。

日時

2024年1月〜3月

1/14(日) 20:00【阿部×柳田】(完売)
1/18(木) 20:00【佐久間×相馬】(完売)
1/21(日) 20:00【イノッチ×相馬日奈】
2/7(水) 20:00【イノッチ×相馬日奈】
2/8(木) 20:00【佐久間泉真×柳田裕美】
2/11(日) 20:00【阿部邦彦×相馬日奈】
2/14(水) 20:00【イノッチ×柳田裕美】
2/18(日) 20:00【阿部邦彦×柳田裕美】
2/21(水) 20:00【佐久間泉真×柳田裕美】
2/25(日) 20:00【阿部邦彦×相馬日奈】
2/28(水) 20:00【イノッチ×相馬日奈】
3/6(水) 20:00【佐久間泉真×相馬日奈】
3/9(土) 20:00【イノッチ×柳田裕美】
3/10(日) 20:00【阿部邦彦×相馬日奈】
3/15(金) 20:00【佐久間泉真×柳田裕美】
3/17(日) 20:00【阿部邦彦×柳田裕美】
3/29(金) 20:00【イノッチ×柳田裕美】
3/31(日) 20:00【佐久間泉真×相馬日奈】

※開場は開演の20分前。
※上演時間は約60分を予定。

会場

あけぼのアート&コミュニティセンター 8号室
札幌市中央区南11条西9丁目4-1/地下鉄南北線中島公園駅より徒歩15分
Googleマップを開く

料金

予約・当日共通/日時指定/税込
一般 1,000円
高校生以下 500円

※各回10席限定。
※高校生以下は、当日年齢を確認できるものを提示。

ご予約はこちらから

スタッフ

脚本:弦巻啓太
制作:佐久間泉真
主催:一般社団法人劇団弦巻楽団

お問い合わせ
一般社団法人劇団弦巻楽団(担当:佐久間泉真)
メール:info@tsurumaki-gakudan.com

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?