マンガの実写化って素敵だと思った

番外編8 ライブには行けなかったので、銀魂見に行きました。 マンガの実写化に前向きじゃなかったけど、そんな考えは間違ってたと気付かされるくらい笑える映画でした。小栗旬は銀さんやった…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。 サポートしていただけるとやる気が出ます! いただいたものは全て制作費用として使わせていただきます。

体によいよ♪
139
漫画家○人生遠回りなA型女○堂本剛の嫁になりたかった ○集英社「夢見がちなジュピター」 マイナビ農業「農家に憧れなかった農家の娘」など ○noteマガジン「ピン留めの惑星」(大島智衣さんとの共同マガジン) tsuki_hanako@outlook.jp

この記事が入っているマガジン

つきはなこの不都合な真実
つきはなこの不都合な真実
  • 136本

おはようからおやすみまで、自分を見つめるノンフィクション

コメント (7)
「ハガレンの実写化」を知ったばかりです。「実写化」ということばも知らなかったし。
ルパンはハズレらしいよ(笑)
数少ない成功例「美味しんぼ」
私も晋助様推しですが、大学時代も日本史ゼミで高杉晋作を研究していました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。