塚崎公義(経済評論家)

2005年まで、銀行員として、主に経済調査関係の仕事(景気の予想屋など)をやっていました。 現在は久留米大学商学部の教授ですが、大学教授としてではなく、一個人の経済評論家として堅苦しくない投稿をしますので、よろしくお願いします。

人々の「コロナ慣れ」で景気は順調に回復へ

来年の景気は、人々の「コロナ慣れ」によって回復するでしょう。 「新型コロナはインフルエンザと似たようなものだ」と人々が考えて「コロナを正しく恐れる」ようになれば…

株式投資の期待値はプラス

株式投資の期待値はプラスなので、銘柄分散と時間分散をしっかりやれば、それほど怖いものではありません。 老後資金は全額を預金で持つのではなく、内外株式(具体的には…

土曜日の郵便配達廃止に賛同

土曜日の一般郵便物配達が廃止になるようです。 郵便局の働き方改革、賛成です。 急ぐ人は速達で送れば良いのですから。

Go To キャンペーンが日本経済を救った

Go To キャンペーンは、「旅館等々の最も困っている人に恩恵が及んだこと」「過度な自粛が不要だ、と人々に伝え、自粛警察を黙らせたこと」によって日本経済を救いました。…

財政は破綻しない

日本政府は破産しない。 投資家にとって為替リスクのない日本国債に投資するインセンティブは大きいから。 10年経てば少子高齢化による労働力不足によって増税が容易に…

押印文化脱却のため、印鑑業界に「割増退職金」

押印文化を脱する事は、日本の効率化にとって極めて重要です。 それに対して、印鑑業界が反対運動をするようなことになれば、大きな損失ですから、印鑑業界に「割増退職金…