見出し画像

わたしが無意識にやってるさりげなくモテる方法を伝授します!〜ある男子高校生の話〜

突然ですが、ある男子高校生の話をします。

その男子高校生とはバイト先が一緒なので、バイト先で知り合ったバイト仲間みたいな間柄です。

その彼は、高校1年生で性格は草食系な感じです。

陽気ですごく明るいという感じではなく、かといって全然話さなくて人付き合いが苦手という感じでもないです。

ただ、なんというかちょっとシャイな男の子という感じです。

なぜ、その子の話をするかというと、彼の態度がほかの女性陣とわたしとで明らかに違うからです。

バイト先に彼の2つ上の高校3年の女子高生(Aさん)がいます。

彼女は明るい性格なので、彼にタメ語でフレンドリーに話しかけたりしています。

ちなみに彼女はフレンドリーなのでわたしにもタメ語で話しかけてきます笑

でも、彼女が彼に話しかけてるのを見かけたことはあるのですが、逆に彼から彼女に話しかけたところは見たことがありません。

また、彼の5つ上で女子大生(Bさん)が同じバイト先で働いています。

彼女も明るい性格なので、フレンドリーに彼に話しかけるのですが、彼から彼女に話しかけてるところは見たことがありません。

しまいには、その男子高校生は彼女がいないときに「Bさんって本当は何時休憩なんですか?」とわたしに話しかけてきたのです。

直接、その女子大生(Bさん)に話しかければいいのにわたしに話しかけてきたので、代わりにわたしがBさんに休憩時間を聞いて、そのあと彼に「本当は17時だったそうですよ!」と伝えました。わたしは伝達係かい!!

そう、その男子高校生はなぜかじぶんからほかの女性陣には話しかけないのにわたしには話しかけてくるのです。

だけど、彼と同じ歳の女子高生にはふつうに自分から話をかけてましたし、盛り上がってるところを何度か見ました。

だからきっと年上だと緊張して話しかけられないのかなとも思ったのですが、だったらなんで19歳も年上のわたしには話しかけてくるんだろうと思いました。

というのも、その彼は、ただ話しかけるだけでなく「ここ持っててください」とか「これ入れてください」とかちょくちょくわたしに変な用事もお願いしてくるのです。

なので「同い年の女子高生じゃなくて、なんでわたしに頼んでくるんだよ!!」と正直思いました。

そこで、わたしはふとあることに気づきました。

それは、ほかの女性陣とわたしとでは、決定的な違いがあることに気づいたのです。

そう、彼女たちがやってることをわたしはやらずに、彼女たちが意識してないことをわたしは常に意識していたのです。

それが、さりげなくモテるテクニックだといういうことに気づいたのです。

多分、わたしのこれから話すテクニックを見ても「そんなのあなたがやるからモテるんでしょ!」と言われそうですが、それは違います!

というのも、ドイツの哲学者ニーチェの書いた本『人間的な、あまりに人間的な』の中の「男たちから魅力的に思われたいなら」という箇所でわたしが無意識にやってることを紹介していたのです。

偉大な哲学者も言っているのだから、説得力があるとわたしは思うのです!

というわけで、この先はどういった方法でさりげなくモテてるのかを紹介していきますのが、実話も交えますので有料とさせていただきます。

興味なければそれまでですが、内容はかなり濃いです!

実際に、男子高校生の方からわたしに興味を持って話しかけてきているということが起こってるわけだし、ここに書かれてることを実践すれば学校や職場などでもモテると思うので参考になるかと思います。

なので、気になるよ〜という方だけ読み進めてみてくださいね。

この続きをみるには

この続き: 4,211文字

わたしが無意識にやってるさりげなくモテる方法を伝授します!〜ある男子高校生の話〜

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ボタンを押してくれてありがとうございます!
こんにちは、翼です。 tsubasa's roomというウェブサイトで生活に役立つ情報やマニアックな情報、面白い情報を発信しています。 https://tsubasa-room.com/ ほぼ、ニートみたいな生活を送ってますけど十分幸せです。