見出し画像

トヨタ物語 ウーブン・シティへの道|第1回 すべては東富士工場から始まった

■富士山が見える工場

 2020年12月7日、トヨタ自動車東日本の東富士工場は閉所式を行い、同9日、生産ラインは止まった。工場跡地では2021年2月から、トヨタが作る新しい町「ウーブン・シティ」の建設が始まる。

 わたしは今年7月、閉所を前にした東富士工場を訪れた。

 東海道線の沼津駅から御殿場線に乗り換えて、5つ目が岩波駅だ。駅舎とホームがあるだけで、駅前商店街はない。タクシーが1台だけ客待ちをしていたので、それに乗って東富士工場へ向かった。

 工場は東名高速の裾野インターを降りたところにあるから、車で来てもよかったけれど、町の様子を見てみようと思った。そこで、新幹線の三島駅から沼津、岩波と電車を乗り継いでやってきた。

 結論から言えば、「何もないところだけれど、富士山がいい」。

 晴れた日でも、やや曇りでも富士山がくっきりと見える。富士山はまったくのシンメトリーで、すっきりした形をしている。太平洋側からシンメトリーの富士山が見られるのは裾野市だけの特権だ。もし、これが裾野より西の富士市、静岡市からだと、右側の中腹が少し隆起しているのがわかる。宝永四年(1707年)の大噴火でできた宝永山である。裾野は宝永山の正面にあるので、左右対称そのまま富士山になっている。

 裾野に暮らしていれば毎日、富士の山を眺めることができる。それだけでもう幸せだ。そして、時々は名物のうなぎを食べることができるだろう。桜えびのかき揚げなら週に1回は食べられるかもしれない。さらに、B級グルメの富士宮焼きそばだったら、好きな時にいつでも注文できる。

 まったくいいところだな、ウーブン・シティは富士山が見えるから、ここに作るんだなと考えているうちに、東富士工場に着いた。

 「さあさあ」と声をかけながら出てきたのは、俳優の阿部サダヲに似た工務部長の賢木(和義)さんだ。

 「いいところですね、ここ」と伝えたら、彼は「雪も積もらないし、快適です」と微笑した。

 そして「さあさあ、いろいろ見せたいところがあるんです」と、工場の入り口横の部屋に通された。壁にはトヨタ自動車東日本の歴史パネルがあり、部屋の隅には1台の真っ赤な小型スポーツカーが置かれていた。

 「トヨタ・スポーツ800」だ。かつては「ヨタハチ」と呼ばれ、車好き、レース好きの若者に人気だった。1965年から4年間、販売された車で、開発した主査はカローラを手がけた元飛行機の技術者、長谷川龍雄である。

この続きをみるには

この続き: 5,462文字 / 画像2枚
記事を購入する

トヨタ物語 ウーブン・シティへの道|第1回 すべては東富士工場から始まった

noji 野地秩嘉

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お読みいただき、ありがとうございます
22
『キャンティ物語』が最初の本です。それまではまったくの素人で文章はおろか日記も書いたことありません。しかし、それから30年近く本を書いて生活しています。最近では『トヨタ物語』『スバル ヒコーキ野郎が作ったクルマ』『カーレース入門』(横山剣さんと共著)と車の本ばかりで…。