2NLと5NLの違い(2020年度)

まあ、色々とある。大きいところで感じたことを挙げる。

1.3Betを受ける頻度が違う。
BTNやCOでコールをするとBB/SB/BTNから頻繁にスクイーズを食らう。そのため76sみたいなフロップに合致すれば強いが、エクイティ自体は高いハンドではないので、不利なハンドで大金を投じさせられる。コールするハンドと、後ろのポジションに気を遣ってコールするハンドを選ぶ必要がある。

2.オッズに合わないような額を強く打つとフォールドされる。
→A58のツートーンボードでAKを持っていてpotの66%を打つ。フォールドされる。
→A58JのツートーンボードでAKを持っていてfrop33%turn75%打つとターンでフォールドされる。

2NLではストレートドローやフラッシュドローでオッズに合わないダブルバレルをコールする相手が非常に多く、リバーで更にベットするとフォールドされたり、リバーでチェックチェックすると弱いキッカーのトップペアが出てくることがあった。普通に強くベットすると5NLの大半ではフォールドされるハメになる。
これは自分が打つ側で2NLを勝ち上がって来たプレイヤーなのでそれがバリューであることを事前に察知してフォールドできるのだ。
確実に2NLと比べるとRegのレベルが上がっていると思う。
だから、Reg相手には少し工夫してバリューを取る必要がある。相手のエクイティの実現を甘受しつつフロップとリバーでベットしたり、ターンとリバーでベットしたり、或いはチェックレイズしたりする。方法はいくつかあるけど、ただのワンペアで分厚いバリューを取ることは難しくなってしまった。
2発撃ってついてくる相手は、大体TPTKかツーペアを持っていることが少なくない。

3.弱みを見せると高頻度でベットやレイズしてくる
 私はここに苦戦している。強いハンドで意図的に小さく打ったり、チェックコールすると相手のエクイティを実現させやすくなるし、そもそも稼げない。かといってチェックレイズするとすぐにフォールドされる。バリューを取るのが非常に難しい。

4.3Betポットでのオーバーアグレッション
フロップでベットするとフォールドしてくれる体感は1/4。まあ、まず降りない。フロートも多い。2番でコールレンジがタイトになったと言うけど、大きいポットはなかなか諦めない相手が多い。稼げるシチュエーションなのだが、同時に大きく取られることも多くて難しい。


勝ってる人はあまり感じないかもしれないけど、負けてる人は同意してくれるような内容になっていると思います。皆さんも違いや傾向があれば教えて欲しいです。宜しくです

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
現在:5NL弱Reg。 フィッシュ、2NLから5NLへ行く、そして5NLでボコボコにされ2NLに戻ってくる。そしてまたしつこく5NLを闊歩します。 5NLプレイヤーで一緒にハンドレビューなどしてくれる人を募集しています、一緒に勝てるようになりましょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。