見出し画像

アンズのコンポートとグラニテの作り方

先日、ドライアプリコットを使ったキャロットラペをご紹介しましたが、残ったアンズを甘く煮て、冷凍庫で凍らせます。干し杏は煮るとおいしさがアップするんですよ。

ドライアプリコット 100g
グラニュー糖    35g
水         300cc

すべての材料を鍋に入れて、火にかけます。

沸騰してきたら可能な限り弱火に落として、10分間、静かに煮ます。

火を止めて1時間。これでアンズがやわらかくなります。

この状態で保存。この状態で、よくあんみつとかにのっているアンズの蜜煮。そのまま食べてもいいのですが、今日は冷凍庫で凍らせます。今日はそのまま凍らせましたが、凍らせる前にアンズを細かく切っておいたほうが食べやすいので、ぜひ小さく切ってください。

凍ったらフォークで崩します。砂糖が入っているので氷がカチカチにはなりません。

出来上がり。煮る際にバニラやレモンの皮、オレンジの皮を入れると香りがよくなると思います。気持ち甘めにしたので(氷をフォークでかきやすいように)好みで砂糖を減らしてもいいと思います。

これってよく考えてみると、駄菓子のあんずボーの高級バージョンという感じです。もう『あんずボー知らない』っていう世代も多いですし、そもそも関東地方限定の駄菓子なので、あまり共感は得られないと思いますが、あんずボーは駄菓子屋に行くとよく冷凍庫に入っていました(よね?) ともかく、アンズの甘酸っぱさがおいしいデザートです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
87
樋口直哉 作家・料理家 主な著作として小説『スープの国のお姫様』(小学館)ノンフィクション『おいしいものには理由がある』(角川書店)料理本『新しい料理の教科書』(マガジンハウス)など。

コメント3件

他のドライフルーツで可能でしょうか?
試してないのではっきりとした分量は言えませんが、マンゴーはいける、と思います。(食べたことあるので)レーズンはあまりおいしくないか、と思います。プルーンは……赤ワインや紅茶で煮てから、凍らせたいところです。色々と試してみるといいかもしれないですね。
ドライフルーツ大好きです。作りたいです。寒くなくなったら(^_^;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。