見出し画像

Firstradeで口座開設しよう

私は昨日紹介したBlackSkyをどうしても買いたくてFirstradeの口座を開設しました。BlackSkyはまだSPACなので日本の証券会社では買えないからです。インターネットやTwitterでFirstradeを調べると入金するのにアメリカの銀行口座が必要だというコメントしかないのですが、それは事実とは異なります。正解は日本の銀行からも直接送金できますので詳細を書いてみたいと思います。

まずはFirstradeのメリット、デメリットを私見で。
メリット:
・手数料無料
・SPACを含むほぼすべての銘柄の取引ができる
・アプリが便利
デメリット:
・当然ながら特定口座非対応なので確定申告が必要
・日本からの送金時の手数料がかかる
これらが実際に使ってみた感想です。日本からの送金手数料ですが、取引手数料が無料なのでむやみに送金しない限りはすぐに元が取れると思います。

実際の口座開設はすでにいろいろなサイトで書かれているのでここでは省きます。では本当に日本から直接送金できるのか、ですが、答えはFirstradeのサイトに書いてあります。

キャプチャ

ちゃんとここに書いてありますよね。なのでここを確認せずにアメリカの口座を開設して、最低維持費残高とか取られるのは機会損失甚だしくやめたほうがいいです。それに日本からアメリカの銀行に送金して、さらにFirstradeに入金って手間と時間かかりすぎ。

で、実際に私がやっている方法ですが、三井住友銀行から送金しています。まずは三井住友銀行のオンラインバンキングで送金先の事前登録をします。送金先は上記スクショに出ている情報をそのまま入力するだけです。私の場合は1日で登録ができました。

次は実際の送金ですが、オンラインバンキングで事前登録先を呼び出して、送金額を入力し、決まった質問に回答するだけです。注意点は、上記スクショにも出てますが、備考欄にFirstradeの口座番号とフルネームを記載する事。私は過去に2回送金しましたが、午前中に三井住友銀行のオンラインバンキングで送金処理をしたらその日のマーケットの中盤にはFirstradeの口座に反映しました。めっちゃ早いです。

送金手数料は3,500円+為替が実際のレートよりも1円くらい多くとられます。また着金時に15ドルくらいとられます。

大きな注意点としては、TransferWise等のサービスは使えないこと。これはちゃんとホームページに書いてあります。また、インターネット上の情報では楽天銀行やソニー銀行では送金できないと言っている人がいました。伝統的な日本の銀行では出来るのではと思い私は三井住友銀行で試しました。最後に、窓口で送金手続きすると手数料が高くつくのでオンラインバンキングでやりましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
eMAXISlim米国株式(S&P500)をコアに米国個別株、ベトナム株を買っています 日々の投資の記録です