ハイボール

サイバーエージェントで働いていた時期に、先輩から教わった言葉の一つに「ハイボールを投げ合うのがアライアンスだ」というのがある。

ハイボールとは、コミュニケーションにおいて高いボールをお互い投げ合いましょう、ということ。

TORIHADAの共通言語のひとつに「凡事徹底」とあるが、当たり前のことを当たり前にする(ローボールを投げ合う)だけだと→組織は鈍化する

相手に高いボールを投げることによって、それを受け取る立場に自分もいくために、必死に成長しなければいけない環境になる。

このハイボールの投げ合いは、BtoBなど他社とのコミュニケーションでとても重要で、

他社はTORIHADAに期待してくれることがある。
一方でTORIHADAも他社に期待することがある。
→日頃から相手に要求する。そして自分も高い要求に応える。
自社を背負う立場として、このサイクルを作ることが大事。

当たり前のことをこなすだけで”仕事ができている”と思い込むのはやめ、今期最後の戦いを仕込んでいる今だからこそ、コンフォートゾーンを抜け出すために

・自分は高いボールを投げられているか?
・高いボールを受け取れているか?
を見直し、徹底していきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
「鳥肌が立つ感動を作り、世の中を良くする。」 株式会社TORIHADAの代表の大社です。 ショートムービー領域を中心に、意思ある個人のチャレンジを応援する事業を行っています。 日本一のTikToker MCNプロダクションを運営しています。