杉田家

釣行記-3【春の深夜の恐怖体験。アナコンダがぼくたちをヌルヌルッと襲うッ!!】

もくじ
https://note.mu/tonuma/n/n9c3618aa34ec

どうもこんにちわ。釣行記の第三回です。どうも最近は風に愛されていて、予定がヌルヌルと滑りっぱなしで泣けてきます。そして、最近、女性にモテモテなため、女性のサカナにやきもち妬かれているのか釣果もさっぱりです。よって、気分転換のために普段とは違うエッセンスを取り入れてみようかという試みが今回です。五目釣りで数も釣りつつ新境地を開拓したいのです。そんなわけで根岸にGO!

今回お世話になるのが、20kgくらいのトランクなら片手でひょいと掴んでくれるクール過ぎるタフガイ、森船長のノットイナフです。
ノットイナフ
http://fishtokyo.com/
そして狙いますのが、これっす。

おいしそう。

おいしそう。って、完成形なのですが、よく見ると上はうなぎですね。下はあなご。それも真っ当なあなご。今回はあなご界のロックンロールモンスター、本名がダイナンアナゴなのかクロアナゴなのかはよくわかりませんが、アナコンダです。正直、釣れるのがダイナンなのかクロなのかはわかりませんが、グロいのだけは間違いございません。そうしたわけで、今回はジャスティンぱいせんと鎌倉の黒騎士の3名で出船。

事前にお願いしてた事案は
・クロアナゴやりたい
・メバル&カサゴで数も釣りたい、ていうか五目も
と、いつも通りのワガママな感じでして、あとはどの順番で行くか、です。綿密な協議の上、アナコンダ討伐を優先することになりました。源義経の鵯越の逆落とし的に、初戦で大勝し、後のカサゴとかをビビらせ震え上がらせてやる作戦ですわ。

出船前にタックルチェックですが、どうもリーダーは100lbとかないとあかんぽい。。。私はビッグベイト用に60か80巻いてましたが、マグロ以上のヘビータックル。見たことのない大きさの針をつけてもらい、40号の錘を胴付きでセッティングします。そして平家のようにのんびりしてるアナコンダたちを急襲します!!

意外に近い。

エサは生イカ(冷凍)。

開始後、早々に鎌倉の黒騎士がキャッチ。細めのアナコンダを2匹シメてやった後に。。。

こえー。4.5kg。あまり暴れ回らなかったので被害はネットの中で済みましたが、針の取り外し時は要注意です。

何かを見つけたジャスティンぱいせん。それはごんぶとのアナコンダだと思いまーす!!

友人たちがどんどん先を行く中、ぼくは相変わらず釣れません。むしろ、友人たちの成功を我が事のように喜ぶどころか我が事と勘違いして、なんだか釣れているような気にもなってきました。いるよね、こういう低脳って。周りの友達が優秀だから自分も優秀になってると勘違いしちゃうやつ。人から聞いた話をさも自分のことのように語る奴。友達が金持ちだからって自分も金持ちだと錯覚してる40歳とか。見てて痛々しいわ。いいか、釣ったのは黒騎士とジャスティンぱいせんで、お前はボウズなんだよっ!!アナコンダ釣りについて偉そうに語るんじゃねーぞ、わかったか!!(←でもこれ以降、この釣りについて聞かれたら、わかってる風に語ると思います)

と、自嘲というか自分を罵る間も無く、残酷に時間は過ぎていくため次の獲物に向かいます。ちょっと走ります。

おなかぷっくりなのでお母さんかしら。モテ復活。ルアーはエコギアのグラスミノー赤Mです。ジグヘッドは14g。フォールで喰うのに14g。フィッシュマン5.10LHにモアザンPETW、ラインはPE1.2号。タックル強すぎ。与太話なネットビジネスを許認可事業にでっちあげて関係者を痛めつける監督省庁なみの暴力をカサゴに振るいます。3回くらい流して、イジメを満喫したので、次に向かいます。ちょっと走ります。

なんとか一本。この日、喰いがいまいちというか、しらすみたいなのばっかり食べてるっぽく(せんちょうにきいた)、ダイワのスライとかテイルスラップみたいなセコい感じのルアーでバイトを引き出し、でもフック小さくて乗らない、というのを繰り返した成果がこちら。あと、ガルバスリムをタンカーに直撃させたら一発で真っ二つになりましたとさ。あー悲しい。

スライ
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/morethan_sly/index.html
テイルスラップ
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/mt_tailslap/index.html
ガルバ
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/morethan_galva_s/index.html

結構延長してもらい、不完全燃焼感は残しながらも終了となりました。みなさんお疲れ様でした。またアナコンダ行きましょう!ぼく釣ってないので!!

寄り道しないで帰宅しましたが、ノットイナフさんまできたら寄ってみたらいいと思うラーメン屋さんがこちら。
杉田家
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140308/14000917/
ハウス系?ホーム系?の雄。店員さんいかつくて行列はきっちり守らせられますし、事前注文の際の個別カスタマイズについても
「(ナメてんじゃねーぞ)麺は?」
「ふつーで!」
「(ナメてんじゃねーぞ)味は?」
「ふつーで!」
「(ナメてんじゃねーぞ)油は?」
「ふつーで!!!!!」
と、店員さんの気合フルブーストで、すこし緊張するやりとりになりますが、美味しいですよ。ナメてんじゃねーぞ!!

>>next アカハタ新聞その1ていうか0080ポケットの中の沼津


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。他も見てくださいね。
4
私は元気です。今年は好きな物事で仕事します。 自由、スピードの出る乗り物、精密機械、何か専用の道具、釣り、考えをまとめること、答えを探し見つけること、おふろに入ること、お酒を飲むこと、綺麗な何かを見ること、そうした物事が好きです。 (2019.8.8現在)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。