【アフィリエイト/SEO考察】商標単一ワードから見る「口コミ」と「評判」の検索意図の違い

ご覧いただきありがとうございます。
商標ページ単一での上位表示に成功したトクナガと申します。

商標ページとは、「商品名 ◯◯◯◯」などのキーワードでSEO集客を狙うページのことです。アフィリエイトサイトなら、基本中の基本でしょう。


そんな商標ページの王道テーマが「口コミ」と「評判」のキーワードです。

「口コミ」や「評判」を狙った記事は、商品名単一(商品名だけで検索した場合)でも上位表示されることが多く、網羅性も考えると必須といえます。

実際に検索するとわかりますが「口コミ」も「評判」も、だいたい同じページが表示されます。Googleは検索意図が同じものと考えているのでしょう。


ただし、商標名やジャンルによって、コンテンツは変える必要があります。


実は、ほとんどの方が「口コミ」と「評判」の違いを意識したコンテンツを用意できていません。サジェストやキーワードボリュームも調査せず、口コミをまとめたり、メリット・デメリットを書くだけになっていませんか?


もし、あなたが

「あ、なるほどサジェストやキーワードボリュームによって変えるのね!」

と、上記のヒントで全て理解できたなら、有料エリアの購入は不要です。おそらく自力で調査できる能力があるので、無駄な出費となってしまいます。


もし、あなたが

「口コミと評判って同じ意味なんでしょ?なんでコンテンツを変える?」
「サジェストとキーワードボリュームによって違うってどういう意味?」

と感じて悩んでいるなら、有料エリアを購入してみる価値はありそうです。

あなたがこの記事を読み終える頃には、商品名やジャンルによって、どのような商標ページを優先的に作っていく必要があるか理解できるでしょう。


ドメインパワーを高めるには、検索需要の多い記事が必須

「ドメインパワー」という言葉を聞いたことがありますか?ざっくり説明すると、コンテンツがたくさんあるサイトは上位表示されやすくなります。

ニッチなキーワードを狙ったコンテンツも当然重要ですが、それは基本的なコンテンツを揃え、適切なカテゴリ配置をした後の話になります。

網羅性が足りないとドメインパワーが強くならず、SEO的には不利になると個人的には考えています。ニッチで攻めるにしても、基本を抑えましょう。

その視点で見ると、商標単一ワードを狙ったページは必ず必要になります。

ただし、「口コミ」と「評判」どちらに寄せたコンテンツにするかは、実際のサジェストワードやキーワードボリュームを調査して決定していきます。

そもそもなぜ、商品名単一での検索結果に「口コミ」や「評判」に関連した記事が上位表示されるのかというと、シンプルに◯◯◯◯◯だからですね。

この続きをみるには

この続き: 1,731文字 / 画像2枚

【アフィリエイト/SEO考察】商標単一ワードから見る「口コミ」と「評判」の検索意図の違い

Kazuya Tokunaga

498円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
専業アフィリエイター兼エンジニア。記事を書くよりシステム作ってSEO集客するほうが得意です。 https://tokunagakazuya.tk/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。