◆ニンジャスレイヤーTRPGリプレイ◆ネオサイタマ炎上(中編)◆ヘイトフル・アロウズ・ハヴ・ビーン・ショット◆#前編

◆前置きな◆
◇2021年1月17日、1月23日に行われたニンジャスレイヤーTRPGのリプレイとなっております。
◇リプレイ化に辺り、読みやすいように脚色を少しだけしたり、発言の位置を変えたりしています。

ザイバツ、三度来たる。
ネオサイタマ全域は戦場と化し、虚像の街が燃え盛る。
ザイバツの浸透部隊を手早く片付け、トコロザワ・ピラーへ向かう
チーム:テツノネコの一同は、もはや運命めいた鼓動を感じ取っていた。
ネオサイタマの死神、地獄の猟犬、ニンジャを殺すニンジャ、狂人。

ニンジャスレイヤーとの、最後のイクサの予感を。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆前回のあらすじ◆
ネオサイタマ都知事選挙の隙を狙い、三度目の侵攻を開始したザイバツ・シャドーギルド。
そしてその混乱に乗じてトコロザワ・ピラーに殴り込みを掛け始めたニンジャスレイヤーとその仲間達。

ネオサイタマ全土が燃え盛るその光景こそまさにジゴク おお!なんたるケオス!

他のソウカイニンジャにザイバツを抑えて貰っている間、チームはニンジャスレイヤー達を阻止すべくトコロザワ・ピラーへと車を走らせていた!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:DRRRRRRR!BOOOOOOOM!

燃え盛るネオサイタマ、マッポビークルや撃墜されたモーターヤブの残骸を強引に弾き飛ばしながら爆進する一両のトレイラー。

側面に描かれた「鉄」「猫」のカンジ・ペインティング、
メンポを付け、スリケンを携えたマネキネコのグラフィティは
放射熱によって一部が焼け焦げている。
ソウカイ・シックスゲイツ:アイアンテイカー、そしてその部下達が駆る
専用カスタム重装甲トレイラー『ハシリネコ』に他ならぬ。

彼らはザイバツ強襲部隊といの一番に接敵し、これを撃破。
しかし息つく暇すら与えられず、トコロザワ・ピラーへと急行している。
……宿敵ニンジャスレイヤーがこの混乱に乗じてラオモト・カンの首を取りに行っていると言うのだから!

プロップマン:「さながら戦場だな、マッポーめいた光景よ」

画像1

◆プロップマン (種別:ニンジャ)
カラテ  :2     体力 :23
ニューロン:10+1* 精神力:18
ワザマエ :8     脚力 :4
ジツ:7(カナシバリ・ジツ) 
万札:151
名声:24

ソウル:アーチ級/コブラ・ニンジャクラン系譜
サイバネ装着総数:2

◇装備や特記事項◇
◆アイテム◆
・生成パーソナルメンポ:精神力+5
・生成タクティカルニンジャスーツ:体力+1 精神力+4
・家族の写真:DKK獲得キャンセル 1/2の確率で使い捨て
・*キーボード・オブ・ゴールデン・エイジ*
 ハッキング絡みの判定時に、ダイスを全て振り直すことができる。
 1回の判定につき1回までしかこの振り直しは行えない。

◆サイバネ◆
▲テッコ
・カラテ判定ダイス+1 回避ダイス+1

▲サイバネアイ
・ワザマエ判定ダイス+1

◆選択スキル◆
・スリケン急所破壊

◆ジツ・ソウル由来スキル◆
・★カナシバリマスタリー
・★モウドク・ダート
・★毒物無効
・★★コブラ・ゲン・ジツ
・★★★半神的存在(体力計算:ニューロン×2)
・★★★共振装束生成

◆自動獲得スキル◆
・時間差
・マルチターゲット
・連射2
・疾駆

◆ニンジャソウルの闇◆
1:ニューロン+1/精神力-2 破壊衝動

◆生い立ち◆
・ブラインドタッチ(物理)

アマルガム:「フームま、ラオモト=サンさえ無事ならなんとでもなるでしょ」

画像2

◆アマルガム(種別:重サイバネニンジャ)PL:Freija
カラテ  :2     体力 :5
ニューロン:7*    精神力:8
ワザマエ :14-1* 脚力 :8
ジツ:0
万札:57
名声:21

ソウル:レッサー級/カイコ・ニンジャクラン
サイバネ装着総数:6

◇装備や特記事項◇
◆アイテム◆
・パーソナルメンポ:精神+1
・伝統的ニンジャ装束:回避+1
・ウイルス入りフロッピー:ハッキング難易度ー1 確率で壊れる
・湾岸警備隊制式タクティカルホルスター
・*LAN直結型オートマチック・ヤクザガン*x2:【装備前提:生体LAN端子+、サイバネアイ】
 遠隔武器 拳銃 連射3 時間差 マルチターゲット ダメージ1 二挺拳銃 連射+1
・*オムラ・ヘヴィマシンガン*
 遠隔武器 連射6 範囲射撃3x3 ダメージ2 重火器
◆サイバネ◆
▲クロームハート
・体力+1 精神+1

▲サイバネアイ
・あらゆるワザマエ判定ダイス+2

△高性能赤外線ターゲッター
・遠隔攻撃ダイス+3個

▲▲生体LAN端子+
・ニューロンダイス+2 ハッキング時さらに+4

△ジツ拡張サイバネ
レッサーソウルの特性を利用し、ジツ+の代わりにスキル1個獲得

◆選択スキル◆
・常人の3倍の脚力
・タツジン(ミリタリー)
・ウィークポイント射撃

◆自動獲得スキル◆
・連射3
・疾駆
・マルチターゲット
・時間差

◆獲得狂気◆
・神経ノイズLv1

◆生い立ち◆
・ショドー10段

ヴォーパルニャンチャン:「事実戦場だしな…もはや抗争だ、火事場泥棒みたいな真似しやがって…」

画像3

◆ヴォーパルニャンチャン (種別:重サイバネニンジャ) PL:くれない
カラテ  :4     体力 :6
ニューロン:6*    精神力:4
ワザマエ :10-1* 脚力 :8
ジツ:3(ムテキ・アティチュード)
万札:162
名声:19

ソウル:???
サイバネ装着総数:10

◇装備や特記事項◇
◆アイテム◆
・ダガーナイフ(カタナ:テクニカル型):フェイント、精密攻撃時のダイス+1 他-1
・ウィルス入りフロッピー:ハッキング難易度-1 確率で壊れる
・聖遺物(ネコネコカワイイの残骸パーツ):精神力+1
・サイバーサングラス:ワザマエダイス+2 サイバネアイ系の効果とは重複しない
・伝統的ニンジャ装束:回避ダイス+1

◆サイバネ◆
▲生体LAN端子
・ニューロン判定ダイス+1 ハッキング絡みなら更に+2

▲▲▲ヒキャク++ -装備前提:生体LAN端子
・脚力+2 回避ダイス+2、連続側転難易度−1

▲▲▲▲**オーダーメイド・サイバネフレーム『トビネコ』**
体力+1 回避ダイス+1 脚力+1 トビネコ・カラテブースター

-トビネコ・カラテブースター
全身各部に内蔵された数多のブースターにより、高機動を可能とした
タテヨコナナメ一直線に5マス以上移動して止まった場合に限り、近接攻撃のダメージを+1する

▲▲▲テッコ++
・カラテダイス+3 回避ダイス+3 ワザマエダイス+2

◆選択スキル◆
・タツジン(イアイドー)

◆ジツ由来スキル◆
・★ムテキ・マスタリー(喪失)

◆自動獲得スキル◆
・連射2
・疾駆

◆獲得狂気◆
・自我希薄化Lv1
・神経ノイズLv1 ワザマエ-1
◆生い立ち◆
・オイランドロイド偏愛者
・サイバーゴス
◆BIO◆HAZARD◆G3◆

ヴァリエイション:「何たる無秩序よ」

◆ヴァリエイション (種別:バイオニンジャ)PL:しーじょ
カラテ  :15** 体力 :25
ニューロン:6    精神力:3
ワザマエ :5    脚力 :8
ジツ:0
万札:203
名声:23

ソウル:???
バイオサイバネ装着総数:12

◇装備や特記事項◇
◆アイテム◆
・タクティカルニンジャスーツ:体力+1
・**アミュレット・オブ・クレオパトラ**:体力+1 精神力+1

◆サイバネ◆
▲▲▲バイオサイバネ腕(多腕)
体力+4 連続攻撃+1 近接攻撃ダイス+4 遠隔攻撃ダイス+2 カラテダメージ+1
『各種近接武器装備による射撃ペナルティ無視』、
『各種近接武器装備による連続側転ペナルティ無視』
素手状態が生み出され、
武器系や素手系『タツジン』の使用が再度可能となる(サイバネ埋め込みは不可)。

△毒牙
「バイオサイバネ」による近接攻撃時、出目6が1個でも含まれていた場合、追加で毒ダメージ1を与える。
『連続攻撃』の場合は各攻撃ごとに判断する。このダメージは『サツバツ!』発生時も追加される。
他のいかなる属性ダメージ(炎、毒、電気、オーラなど)も追加で付与させられない。

△△肉体破壊
敵の肉体や精神を効果的に破壊するためだけの残虐器官を有している。
「バイオサイバネ」による攻撃時に、『肉体破壊』を得る。

▲バイオサイバネ胴体
体力+4

◆選択スキル◆
・邪悪なサディスト

◆自動獲得スキル◆
・連続攻撃3

◆獲得狂気◆
・自我希薄化Lv1
・バイオインゴット欠乏症Lv1
・狂戦士化Lv1
・強化肉体への過信Lv1

◆生い立ち◆
・拷問好き

アイアンテイカー:「ザイバツの雑兵共に負けるようなソウカイヤじゃない……と思いたいね」

画像4

◆アイアンテイカー (種別:バイオニンジャ/ソウカイ・シックスゲイツ) PL:のっち
カラテ  :15** 体力 :30
ニューロン:6    精神力:2
ワザマエ :6    脚力 :8
ジツ:0(ムテキ・アティチュード 現在喪失中)
万札:28
名声:29

ソウル:???
バイオサイバネ装着総数:12

◇装備や特記事項◇
◆アイテム◆
・オキナワ旅行券×2
・*タカハシ・マスターツールキット*
・タクティカルニンジャスーツ:体力+1
・パーソナルメンポ:精神力+1
・オーガニック・トロスシ:体力3 精神力2回復

◆サイバネ◆
▲▲戦闘用バイオサイバネ(両腕)
・体力+2 連続攻撃+1 近接攻撃ダイス+2 カラテダメージ+1 射撃不可

▲バイオサイバネ脚(獣人)
・体力+2 脚力+1 近接攻撃ダイス+1

▲▲バイオサイバネ強化胴体
・体力+8 近接攻撃ダイス+2

△第二の心臓
・シナリオ中1回のみの使用。余暇中に自動再生する。
『サツバツ!』の出目6を受けても即死せず、代わりにD6ダメージを受けるだけで済む。

△生体毒分泌器官
「バイオサイバネ」による攻撃時に、追加で毒によるダメージ1を与える。
他のいかなる属性ダメージも追加で付与させられない。

◆選択スキル◆
・挑発
・トライアングル・リープキック
・頑強なる肉体
・常人の3倍の脚力
・不屈の精神
・マーク・オブ・ソウカイヤ

◆自動獲得スキル◆
・連続攻撃3

◆獲得狂気◆
・バイオインゴット欠乏症Lv1
・自我希薄化Lv2
・狂戦士化Lv1
・強化肉体への過信Lv1

◆生い立ち◆
・エンジニア崩れ

ブラザーディー:「ザイバツニンジャが数人、道を塞いでいます 轢き殺します」

画像5

◆ブラザーディー(種別:ニンジャ)PL:徳明
カラテ  :5   体力 :9
ニューロン:5   精神力:7
ワザマエ :13** 脚力 :8
ジツ:3
万札:79
名声:24

ソウル:アーチ級/ヒャッポ・ニンジャクラン

◇装備や特記事項◇
◆アイテム◆
・**カタナ**(二刀流・バランス型)
 一刀流用カタナ『ミカヅキ』 二刀流用カタナ『シンゲツ』『マンゲツ』
・ZBRアドレナリン注射器
・生成フルヘルムメンポ 体力+1 精神+1
・生成タクティカルニンジャスーツ 体力+1 精神+1
・オキナワ旅行券

◆選択スキル◆
・ヒサツ・ワザ:ファイアフライ

◆自動獲得スキル◆
・連射3
・疾駆

◆ソウル由来スキル◆
・タツジン(イアイドー)
・頑強なる肉体

◆ニンジャソウルの闇◆
・ワザマエ+1/破壊衝動

◆生い立ち◆
・刀剣マニア
ヴォーパルニャンチャン:ひき逃げアタック
ヴァリエイション:関係ない、行け
プロップマン:伏輪ドリフト…!

NM:GYAGYAGYAGYAGYAGYA!!
タイヤをあえて横滑りさせ、ハシリネコをスライド!
あまりの猛スピードにより、横転するかと慢心したザイバツニンジャは回避が間に合わない!

【名無しザイバツニンジャ】:「アバーッ!!サヨナラ!!」

プロップマン:「まあ、所詮ネオサイタマの住民など雨後のタケノコのごとく沸いてくるもの…そやつが言う通り、ラオモト=サンさえ無事ならば再建は容易だ。無事ならばな…おい、揺れが強いぞ」

ヴォーパルニャンチャン:「信用してないわけじゃないが・・・」

ヴァリエイション:「うむ、ラオモト=サンさえいればどうとでもなる」

ブラザーディー:「ボディに汚い血がついてしまいました 後で洗車します」

アイアンテイカー:(ニンジャスレイヤーの協力者に、ブラザーディー=サンやヴァリエイション=サンが話してた“ナラク・ニンジャ”…… 今回ばかりは嫌な感じがする)

NM:KABOOOOOM!! ビルが爆発! 降り注ぐ瓦礫を回避!

プロップマン:「奴らも再建が不可能になるほどの大規模な破壊は避けるだろう。特にラオモト=サンを殺すつもりならば……それに、後々己の領土になる街だからな。少なくともバンザイ・ニュークなどは使わんだろう。
まあ、そもそもあの方が負ける状況など想像できんがな…」

アイアンテイカー:「しかし……ザイバツは本気でラオモト=サンを殺、倒せると思ってるのかな?」

ヴォーパルニャンチャン:「ニンジャスレイヤーもいる・・・」

プロップマン:「少なくとも思っているから襲撃をかけてきたと見る。方法は知らんがな」

アイアンテイカー:「GRRRR……手の内が知れない連中だ」

NM:負けるんだよねー 残念だけど(ネタバレ
ヴァリエイション:悲しいなぁ...
アマルガム:まっさかー

NM:さて。
「制空権」「権力」「財界」の漢字サーチライト。
ライトアップされた不吉な天守閣の威容、ソウカイ・シンジケートの居城であるトコロザワ・ピラー。

重苦しい稼働音を響かせている回転扉にはトレイラーが突き刺さっており、ドアは開けたままにされている。
ハシリネコはピラー前の広場でグルリとコンパスめいて車体を回転させてスピードを殺し、そのままエンジンを切った。

ヴァリエイション:「イレギュラーが重なっている状況だ、油断はできん」

プロップマン:「聞くところによれば、キョートは権謀術数渦巻く魔境と聞く。無策でこれだけの兵を動かしては、首謀者が追い落とされる原因にもなり得よう」

ヴォーパルニャンチャン:「じゃあ勝算があってきた可能性が高いってことか、急ぐぞ!」

プロップマン:「そうだ」

ブラザーディー:「到着しました」

アイアンテイカー:「面倒臭い連中だな……僕たちのトコロザワ・ピラーだ。 堂々とエントリーする」*トレーラーから飛び降りる

ヴォーパルニャンチャン:「外壁は…やめとこう 狙い撃ちにされる、勝手知ったるなんとやらだ…」

ヴァリエイション:「ならばエレベーターの秘密ルートだな」

NM:では、今PCから見て正面入口にはトレイラーが突き刺さっており、そしてその前に二人のニンジャの姿を確認出来る。
当然、その二人は君たちがよく知る人物だ 安心してヨイ。

【ソニックブーム】:「…来たか」

プロップマン:「ドーモ、ソニックブーム=サン、来てたのですか」

アイアンテイカー:「ドーモ、ソニックブーム=サン!」*オジギ

ヴァリエイション:「ドーモ、ソニックブーム=サン」

ヴォーパルニャンチャン:「ドーモ、ソニックブーム=サン」

アマルガム:「ドーモ、ソニックブーム=サン」

【アムニジア】:「ドーモ、チーム:テツノネコの皆さん」*オジギ

アイアンテイカー:「アムニジア=サンもドーモ」*軽くオジギ

ヴォーパルニャンチャン:「と…えーと…ドーモ、そうだった」

アマルガム:「エーット……そっちは誰だっけ…ああ、アムなんとか=サン」

ヴァリエイション:「ドーモ、アムニジア=サン」

ブラザーディー:「ドーモ、ソニックブーム=サン ユカ……アムニジア=サン」

NM:ソニックブームとアムニジアの周りには何人か死体が転がっている 全てザイバツのニンジャだ。

プロップマン:「そのトレーラーはやはりニンジャスレイヤーの?」

【ソニックブーム】:「あぁ、ニンジャスレイヤー=サンの仲間が乗っていた」

プロップマン:「仲間、ですか」
プロップマン:(推測が正しかったと喜ぶべきか?」

ヴォーパルニャンチャン:「……ううむ」
ヴォーパルニャンチャン:(ヤモトちゃんはいるだろうな……)

ヴァリエイション:「一匹狼のヤツが仲間を作るとは...少々恨みを買いすぎたか?」

アイアンテイカー:「GRRRRR……形振り構わず数任せで来たか」*唸る

アマルガム:「アレの場合仲間というよりも共通の敵がいる他人って感じよネ」

【ソニックブーム】:「俺も奴らを追おうとしたが、そうなるとザイバツのクソ共の汚ぇ足をトコロザワ・ピラー内に踏込ませる事になる」

プロップマン:「顔ぶれは確認できましたか?」

【アムニジア】:「えぇ、勿論です」

【ソニックブーム】:「ヤモト=コキ、スーサイドのガキ、フォレスト=サワタリにイッキ・ウチコワシの奴が、そこから入っていった」*壊れた入り口を指差す

ヴァリエイション:「......全員集合というわけか、だがこれは一気にケリをつけるチャンスともとれる...…」

ヴォーパルニャンチャン:「後半の奴らはなんで一緒にいるんだよ……あいつら敵同士じゃなかったのか……」

プロップマン:「便乗というやつだろう、ソウカイヤも恨みを買ったものだな」*他人事

アイアンテイカー:「GRRR……なんたる……!」

【ソニックブーム】:「さぁな、ニンジャスレイヤー=サンがドゲザでもして仲間になってくれ、とでも頼んだんじゃ…ムッ、伏せろォッ!!

アマルガム:「!」*伏せようとしてすっ転ぶ
アイアンテイカー:「!」*伏せ
ヴァリエイション:「!!」*回避!

NM:ソニックブームはカゼをその腕に纏い、水平にチョップを放った!
放たれたカゼは刃と化し、後ろからアンブッシュを仕掛けようとしたザイバツニンジャ数人の首をボウリングピンめいて切り飛ばした!

【名無しザイバツニンジャ】:「アバーッ!!サヨナラ!!」

ヴァリエイション:ワザマエ!
アイアンテイカー:同時撃破ボーナス倍点な!
プロップマン:ブルズアイ!

【ソニックブーム】:「ソニック・カラテカッター…とでも名付けるべきか?」

プロップマン:「チッ、サンシタどもが……どうやら話し込んでいる時間はないらしい。ここは任せても?」

アマルガム:(シックスゲイツを辞めて、更にカラテが鋭くなっている……?)

ヴォーパルニャンチャン:「・・・ワオ」

ヴァリエイション:(やはり、さすがのワザマエといったところ)

【アムニジア】:「アブナイ!プロップマン=サン! キエーッ!!」*矢を3本束ね放った!

NM:放たれた矢はプロップマンの脇を抜け、後ろからアンブッシュを仕掛けようとしたザイバツニンジャの額を射抜いた!

【名無しザイバツニンジャ】:「アバーッ!!サヨナラ!!」

アマルガム:シックスゲイツのしがらみから開放されたソニキ、普通に更に強くなりそうなんだよな
ヴァリエイション:のびのびカラテ伸ばせそう

ブラザーディー:「…数が多すぎます、早急にニンジャスレイヤー=サンを始末し、他地域に合流せねば!」

アイアンテイカー:「プロップマン=サンの言うとおり、時間は無さそうだ……ソニックブーム=サン、アムニジア=サン。ここはお願いします。僕たちはピラーの中に踏み込み、奴らを追う。
ラオモト=サンの御前に、奴らを出させる訳にはいかない。皆、準備はいいか?」

ヴォーパルニャンチャン:「もちろんだ!」

ヴァリエイション:「当然だ!」

アマルガム:「私が言うのもお門違いだけど……死なないでネ、ソニックブーム=サン」

【ソニックブーム】:「構わねぇ、元からそのつもりでここに来たしな…
イヤーッ!!」

NM:ソニックブームは両腕にカゼを纏い、チョップを縦に放った! 放たれたカゼの刃は後ろからアンブッシュを仕掛けようとしたザイバツニンジャを真っ二つに切断!

【ソニックブーム】:「…早く行け! ここは俺たちが食い止める!」

アイアンテイカー:(遠距離対応できるソニック・カラテとアムニジア=サンの矢、なんて頼もしい迎撃なんだ)
アイアンテイカー:「ソニックブーム=サン、オタッシャデー!」*駆け出す

ヴォーパルニャンチャン:「……!」*そのまま無言でむかおう、言葉は不要だ…

ブラザーディー:「すいません、任せます ソニックブーム=サン アムニジア=サン!」

プロップマン:急ごう
アマルガム:振り返り振り返りしつつ進もう、迷いまくっている
ヴァリエイション:迷えば敗れる、一心不乱に突き進む

アマルガム:実際、シナリオ上そういうわけにはいかんけど、定点防御得意なガムが残るのは戦略的には普通にありなのよね
ヴォーパルニャンチャン:おいかけるメンバーにむいてないな・・
プロップマン:でもアマルガム=サン脆いからな…

アイアンテイカー:たしかに、瓦礫の上にヘヴィマシ乗せて拠点防衛するガムチャンはイメージしやすい
アマルガム:タンクがいないとな(
ヴォーパルニャンチャン:なんだかんだ完全に連携できる人員だからこそ発揮できる強みがある(

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:粉々になった強化ガラスに一瞥する事も無く、殴った痕が残っている正面入口から入ると見えるのは……おお、ナムアミダブツ!

天井にぶら下がっていた巨大ボンボリは見るも無惨に落下して粉々になり、
黄金装飾された荘厳たる玄関は首を切断された大量のクローンヤクザが床に転がっている光景はツキジめいている。

そして、緑色のバイオ血液もまだ渇いておらず、エレベーター前には失禁の痕が残されている。
……嫌な予感がする!

アイアンテイカー:「……! なんてめちゃくちゃな……」

ヴォーパルニャンチャン:「ううむ…こんなもんで止められる訳無いだろ……」
ヴォーパルニャンチャン:(ダークニンジャ=サンは何をやってるんだ……)

ヴァリエイション:「好き放題やってくれているようだな」

アマルガム:「これは……」

ブラザーディー:「…まさか、まさか!」*エレベーターのボタンを押す

NM:ブラザーが決断的にエレベーターのボタンを押して一拍子、扉が開かれると……
『ラオモトの声』の焼け焦げた死体!頭蓋骨と脳が無慈悲に粉砕されている!

プロップマン:「誰だこやつ」

アマルガム:「しらなーい」

ヴォーパルニャンチャン:「エッ、まぁ……無理も無いか、そりゃ連絡を全部人任せにしてりゃしらないだろうよ!!」

ブラザーディー:「これは……あぁ、ラオモト=サンのメッセンジャーでしたか」

ヴァリエイション:「我々と交流はなかったが、市井のビジネスマンな」

プロップマン:「まあどうでもいいな、所詮はエレベーターゲイシャのようなもの」

ヴォーパルニャンチャン:「個人的に好いてもないからまあいい…」

アイアンテイカー:「あんまりカラテの得意なニンジャじゃなかったとはいえ……こうも一方的とは」

NM:ラオモトの声=サンの扱いがひどすぎる

ブラザーディー:「…急ぎませんと もしや、ニンジャスレイヤー=サンに屈して喋ったとしたら一大事です」

ヴァリエイション:「ニンジャスレイヤー=サンの拷問は一流だ。おそらく吐いてしまっているだろう」

ヴォーパルニャンチャン:「もう、そうだと仮定したほうがいいな…」

アマルガム:「失禁してるしネ」

アイアンテイカー:「……こうしてる暇はない。急がないと」*雑に尻尾でラ声=サンの死体をエレベーター外に放り投げる

NM:エレベーターに乗ったらもう戻れないがよろしいか?(RPG的なアレヴォーパルニャンチャン:OK! セーブわけとかないと
プロップマン:セーブしていこう、特徴的なオブジェクトが置かれてそう
アイアンテイカー:セーブ……
ヴァリエイション:明らかなセーブポイント

アイアンテイカー:テツノネコ追体験UNIXRPG、セーブポイントに鉄製のメンポをつけたマネキネコオブジェクトが置かれてそう

NM:セーブも慈悲も無い

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:階数ボタンをコンマ0.1秒で順番に8,9,3,8,9,3,8,9,3と押した、マイコ音声がアナウンスする。
「直通ドスエ」エレベーターが上昇を開始する……上昇の重力が急激にかかる。相当な速度なのだ。操作盤は11階までしか無い。

その後君たちはバルコニーめいた足場に張り渡されたロープを、
破壊されたミニガンを、
開かれたままのカーボンフスマを、
破壊されて間もないモータードクロを、
壁や床に散らばったコイン大の極小スリケンを、
蹴り破られた金箔地に鯉の絵が描かれたフスマを、
数多の戦いの痕跡を気に留める暇すら惜しみ、ただひたすら奥へ奥へと走っていた。

ヴァリエイション:ダイジェスト!
NM:ではここからコピペ・ジツの発動だ
ヴォーパルニャンチャン:dieジェスト・・
アイアンテイカー:なんて厳しい戦いだったのかしら

NM:「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。
さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「一」の文字。

タダーン!電子合成されたドラの音が鳴り響く。

セレモニーホールと同様、数百畳サイズの薄暗いタタミ部屋が現れる。
部屋の中には四本の円柱が立てられ、そこからボンボリが吊り下げられている。

部屋の中央には巨大な焼け焦げた死体、この部屋の主はアースクエイクのはずであった。
身体のあちこちにカラテ痕跡が残されており、巨大ブレーサーは粉々に砕かれ、心臓を焼かれて死んでいる。
彼の死を惜しむ暇は残されていない、チームは上へ続く階段を登る。

ヴォーパルニャンチャン:アースクエイク=サン……ち、地の文で死んでる……
ヴァリエイション:タダオーン!

アイアンテイカー:
アイエエ……アースクエイク=サン……!
出涸らしシックスゲイツならまだしも、現役シックスゲイツを地の文スレイとは!なんたるカラテ、なんたる憎悪か……

ヴォーパルニャンチャン:ここまでされるいわれはない!
プロップマン:まあ本来もっと早く死んでるはずだったし…

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。
さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「二」の文字と書かれており、既に扉は開かれてる。

君たちは意を決してタタミ部屋へと足を踏み入れた。
タダーン!電子合成されたドラの音が鳴り響く。

セレモニーホールと同様、数百畳サイズの薄暗い鋼鉄タタミ部屋が現れる。
部屋の中には四本の円柱が立てられ、そこからボンボリが吊り下げられている。
この部屋の主はアイアンテイカーだが、所要でこの場を離れていた為素通りされたのだろう。
己のウカツを恥じ入る暇すら無い、チームは上へ続く階段を登る…。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。
さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「三」の文字と書かれており、既に扉は開かれてる。

君たちは意を決してタタミ部屋へと足を踏み入れた。
タダーン!電子合成されたドラの音が鳴り響く。

セレモニーホールと同様、数百畳サイズの薄暗いタタミ部屋が現れる。
部屋の中には四本の円柱が立てられ、そこからボンボリが吊り下げられている。
部屋の中央には焼け焦げた死体、この部屋の主はバンディットのはずであったが額にスリケンを受けて死んでいる。
彼の死を惜しむ暇すら無い、チームは上へ続く階段を登る…。

ヴォーパルニャンチャン:残当
プロップマン:雑魚
ヴァリエイション:三倍=サン
ブラザーディー:なんたる無慈悲か!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。
さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「四」の文字と書かれており、既に扉は開かれてる。

君たちは意を決してタタミ部屋へと足を踏み入れた。
タダーン!電子合成されたドラの音が鳴り響く。

数百畳サイズの薄暗いタタミ部屋が現れる。
部屋の中には四本の円柱が立てられ、そこからボンボリが吊り下げられており、部屋の中央の天井には円い陰陽マークが意味ありげに描かれている。

部屋の中央には焼け焦げた死体、この部屋の主はビホルダーのはずであったが車椅子は無惨に破壊され、ビホルダーも首を切断されて死んでいる。
彼の死を惜しむ暇すら無い、上へ続く階段を登る…。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NM:「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。
さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「五」の文字と書かれており、既に扉は開かれてる。

君たちは意を決してタタミ部屋へと足を踏み入れた。
タダーン!電子合成されたドラの音が鳴り響く。

セレモニーホールと同様、数百畳サイズの薄暗いタタミ部屋が現れる。
部屋の中には四本の円柱が立てられ、そこからボンボリが吊り下げられている。
部屋の中央には焼け焦げた死体、この部屋の主はヒュージシュリケンのはずであったが頭を踏み潰されて死んでいる。
彼の死を惜しむ暇すら無い、上へ続く階段を登る…。

ヴォーパルニャンチャン:ああ…これじゃバイセクター=サンはうまれない…
アイアンテイカー:でっかいスリケンに包まれてあれ
ヴァリエイション:ギロチン・チャブはおあずけな

◆◆◆

NM:最後の部屋だ、君たちが足を踏み入れようとした その時だ。

「グワーッ!!サヨナラ!!」

NM:誰かが殺され爆発四散した音。
この声は……シックスゲイツ名誉構成員、ゲイトキーパー=サンの物だ!
前線から引いていた彼を再び送り出さざるを得ない程逼迫した状況であったか。
チーム全員は己らのウカツを深く恥じ入り……途中でやめた。
恥じ入るのは後で良い、今はともかくラオモト=カンを御守りする為!まずはゲイトキーパー=サンを下した者を倒さねばならぬ!

アイアンテイカー:「この声は……! イヤーッ!」*部屋に飛び込む!

ヴォーパルニャンチャン:「くそう…!」

ヴァリエイション:「おのれ...!絶対に許さん…ニンジャスレイヤー一味があ!!」*ダッシュ

NM:一際巨大な両開き式が自動で開かれ、君たちは足を踏み入れた!

アマルガム:決断的エントリー!
プロップマン:紳士的にエントリー
ヴァリエイション:怒りに燃えながらエントリー!
アイアンテイカー:獣めいて猛然とエントリー!
ブラザーディー:静かにエントリー
ヴォーパルニャンチャン:超スピードでエントリーだ

NM:部屋の中に居たのは四人のニンジャ、そのうちの一人……アンサラーが代表してアイサツをする。
傍らは全員見覚えがあるニンジャ…ヤモト=コキ、フォレスト=サワタリ そして……スーサイド
その全員が殺意を滾らせ、睨み付けている。

【アンサラー】:「来たようだね、ドーモ、テツノネコの皆さん……アンサラーです」

◆アンサラー(種別:ニンジャ)
カラテ  :14 体力 :14
ニューロン:9  精神力:9
ワザマエ :8  脚力 :7
ジツ   :3  万札 :20

◆装備や特記事項
・スキル
『連続攻撃3』『タツジン(アイキドー)』
『バーニングハンド・ジツ』『ヒサツ・ワザ:バーニングチョップ』

◇タツジン:アイキドー
→このキャラが「カウンターカラテ」で与えるダメージは2となる。
 更に回避ダイス成功数が攻撃ダイス成功数をぴったり1個だけ上回っていた場合、
「ジャスト防御」扱いとなり、そのカウンターカラテに対しては回避が行えなくなるが、
そのカウンターカラテで与えるダメージは通常通り1となる。

◇バーニングハンド++
・カトン・ジツの一種。
手番開始時に【精神力】を1消費し、【ジツ】+【ニューロン】で発動判定を行う(難易度:NORMAL)。
発動したターン中に限り『近接攻撃』判定ダイスを+3する。付与される火炎ダメージ1D3+1点。
このダメージは「カウンターカラテ」にも付与されるようになる。

◇ヒサツ・ワザ:バーニングチョップ
・赤熱した左手から放たれる決断的チョップ。
使用する場合、高熱を発するチョップによって追加で1D4+1点のダメージ
(回避難易度:ULTRA-HARD)
ムテキ・アティチュード状態に対して命中した場合、代わりに1D3+1ダメージを与える。

ヴォーパルニャンチャン:「ドーモ、火事場泥棒のファック野郎共」
ヴォーパルニャンチャン:(ヤモトちゃん・・・いや、今は敵だ)*メンポで表情は伺えぬ 視線はヤモトにむいている

アイアンテイカー:「ドーモ、アンサラー=サン。チーム:テツノネコ……アイアンテイカーです」*低く唸りながら身構える

ヴァリエイション:「ドーモ、ヴァリエイションです。殺し損ねた顔ばかりだな」

【ヤモト=コキ】:「ドーモ」

◆ヤモト=コキ(種別:ニンジャ/アーチ級)
カラテ  :5 体力 :11
ニューロン:6 精神力:6
ワザマエ :9 脚力 :6
ジツ   :5 万札 :0

◆アイテム◆
・*ウバステ*
・オリガミ

◆スキル◆
・疾駆
・★タツジン:シルバーカラスのイアイドー
カタナによるダメージ+1 ダイス+2 各スタイルのペナルティ解消

・★★★サクラ・エンハンスメント(カタナ)
手番開始時に使用可能 精神力2消費
カタナのダメージ+1 攻撃ダイス+3 リーチ+1

・★★★サクラ・エンハンスメント(オリガミ)
カラテミサイルLv5相当 精神力1消費
時間差 マルチターゲット 追尾性能が高い為回避難易度:HARD

・★★★半神的存在
体力計算:カラテ+ニューロン

・★★★サクラ・エンハンスメント(フェニックス)
グレーター・カトン・ジツ相当。手番の攻撃フェイズに攻撃の代わりに使用。
ジツ発動に精神力2消費、難易度:HARD。
爆発範囲は5x5、中心点は2D3ダメージが2回、回避判定:難易度NORMAL』となる、これは2回の『時間差』とみなされ、まとめて回避ができない)。
中心点に隣接する周囲8マスのダメージはD3である(『回避難易度:NORMAL』)。
最外周の16マスは1ダメージである(『回避難易度:NORMAL』)。
味方には命中しない。なおこのジツは、術者自身を中心点として発動することもできる。
この場合、当然ながら術者自身はダメージを受けない。

【フォレスト=サワタリ】:「…ドーモ」

◆フォレスト・サワタリ(種別:ニンジャ/アーチ級)
カラテ  :12 体力 :35
ニューロン:12 精神力:12
ワザマエ :12 脚力 :7
ジツ   :4  万札 :0
◆スキル◆
・連続攻撃2+1
・連射2+1
・疾駆
・時間差
・マルチターゲット
・頑強なる肉体
・不屈の精神
・トラップ対処知識
・特殊近接ステップ
・タツジン(ユミ・ドー)

◆装備◆
・*タケヤリ*
・*ロングボウ*
・パーソナルメンポ
・伝統的ニンジャ装束
・**隊員名簿**
・**耳とドッグタグの首飾り**

◆ジツ◆
・異常タフネス
・半神的存在

◆サイバネ◆
・バイオサイバネ強化胴体

◆暗黒カラテ衝動◆
・ナム妄想(重度)

◇タケヤリ:『特殊近接武器』『ダメージ2』『近接攻撃リーチ+1』『連続側転難易度+1』
『二刀流不可』『基本攻撃難易度:HARD』『基本射撃難易度:HARD』『属性ダメージ追加不可』
※弓の射撃難易度がU-HARDとなるので注意。状況に応じてスリケン相当の遠隔武器を用いてもよい。

☆異常タフネス:『サツバツ!』の出目6の効果を+3ダメージに、
それ以外の出目の効果を+1ダメージに置き換える。また、このニンジャは
『★★★半神的存在』を持っていても装備やサイバネから【体力】を得ることができる。

◇ナム妄想(重度):このものはニンジャソウルを由来とする妄想に憑りつかれており、
大切な仲間を失った事で一層酷くなり、その狂気は短時間ながら伝染するようになっている。
戦闘開始から2ターンの間、フィールドに居る全てのコマは連続側転が不可能になる。

◇**隊員名簿**:『レリック』
『連続攻撃+1』『連射+1』を得る。

◇**耳とドッグタグの首飾り**:『レリック』
かつてのサヴァイヴァー・ドージョー隊員の耳とドッグタグで作られた首飾り
フォレスト=サワタリのあらゆる攻撃ダイス+2 回避ダイス+2

【ショーゴー=マグチ】:「ドーモ…」

◆ショーゴ=マグチ(種別:ニンジャ/アーチ級)
カラテ  :9 体力 :12
ニューロン:6 精神力:8
ワザマエ :6 脚力 :4
ジツ   :4 万札 :0

◆アイテム◆
・鎖:カラテダメージ+1

◆スキル◆
・★★★攻勢ソウル・アブソープション・ジツ
任意発動で判定の必要無し、精神力1消費。
視界の通る相手の体力を1吸収、己の体力に変換する。回避不可。

・★★★防勢ソウル・アブソープション・ジツ
回避の代わりに選択可能、精神力1消費。
攻撃をあえて受けると同時に傷に治癒する、ただしサツバツは無効化出来ない。

・★★★ソウル【パンク・ニンジャ】
体力+3 精神+2

アマルガム:「ドーモ、アマルガムです。なんとまあ、辛気臭い面ばかり」

ブラザーディー:「ドーモ、ブラザーディーです……サワタリ=サンやアンサラー=サンはまだ理解出来ます…ですが、何故、あなたがそちら側に? スーサイド=サン」

プロップマン:「ドーモ、負け犬の皆さん。プロップマンです…。
クックック、よくもまあ恥ずかしげもなく顔を見せられたものだな?
良い事を教えてやろう。徒党を組むというのは実際有効な戦術だが……
生ゴミと、生ゴミと、生ゴミと、生ゴミが手を組もうと、出来上がるのは山盛りの生ゴミだ」

ヴォーパルニャンチャン:「…ヤモト…=サンのことでしょう」

ヴァリエイション:「烏合の衆がソウカイヤを揺るがそうなどと、所詮は絵空事よ」

アマルガム:「エ、わかんないのルーキー、これでしょ」*小指立てる

ブラザーディー:「あぁ、チンチン=カモカモですか…」

ヴォーパルニャンチャン:「はぁ・・・(下品だなぁもう)」

プロップマン:「下らんな」

ヴァリエイション:「下らん」

アイアンテイカー:「スーサイド=サン……ソニックブーム=サンのインストラクションは身につかなかったのか?」

【ショーゴー=マグチ】:「あ?ソニックブームのインストラクションだぁ?ボコられてソウカイヤに入れさせられ、スーサイドなんてふざけた名前を付けられる事に、何の教えがある?
……それだけならまだ良い」

アマルガム:「サンすらつけないとは……嘆かわしい」

アイアンテイカー:「……」*無言で続きを促す

ヴァリエイション:「...」

【ショーゴー=マグチ】:「お前らだったんだな、ヤモト=サンの脚をこうにしたのは…なぁ?」

アマルガム:「アー らしいネ?」

◆TIPSな◆
当時アマルガムPLは不参加だったので、別働隊の支援に向かっていた事にしてました◆理由付け◆

ヴォーパルニャンチャン:「…言い訳はしないさ、事実だからな」

プロップマン:「そうだったか? 覚えておらん」

アイアンテイカー:「そうだよ。僕が握り潰した」*スーサイドの目を見て

ヴァリエイション:「だからどうした?」

アマルガム:「私はそんとき居なかったケド だから見逃すってこともないでしょ」

ヴォーパルニャンチャン:「ショーゴー=サン、ここまできたらもうカラテだ」*イアイのかまえだ

【ショーゴー=マグチ】:「はっ、ラオモトとやらに尻尾振って気がつきゃ幹部、随分と良い身分だなぁ…このクソ野郎共が」

アイアンテイカー:(ソニックブーム=サンの手荒なインストラクションすら撥ね退ける、この強靭なエゴ!)

アマルガム:「いい身分なのよネーこれが」

プロップマン:「羨ましいか?随分とだらだらと、所詮は負け犬の恨み節だな」

【ショーゴー=マグチ】:「クソみてぇな生き方だな 哀れみすら覚える」

プロップマン:「哀れむ、コケにする。何も持たないものが最後に縋るものだな」

ヴァリエイション:「愚かな。カラテも頭もサンシタか」

アイアンテイカー:「スーサイド=サン、君すごく“パンク”してるな。 そのエゴとカラテ……僕に届くか試してみるか?」

【フォレスト=サワタリ】:「…サヴァイヴァー・ドージョーの皆…私が至らぬばかりに皆死んでしまった」*ドッグタグとサヴァドメンツ全員の耳で作った首飾りを握りしめる

アマルガム:「うわ出た」

アイアンテイカー:「……出たな、狂人」*カラテ警戒

ヴォーパルニャンチャン:「恭順しないからだ」

プロップマン:「こやつ、まだ生きていたか…」

ヴァリエイション:「狂人め」

【フォレスト=サワタリ】:「しばし待っておれ、現地徴用した勇敢なる兵士と共に、奴らを必ずやジゴクへ送ってやる…!」

プロップマン:実際サヴァイバー・ドージョーっていうある意味での足枷がいなくなったサワタリ=サン何しでかすかわからなくてめちゃめちゃ怖い
ヴォーパルニャンチャン:ほんとだよ・・

【ヤモト=コキ】:「…聞かせてよ、どうして?どうして、こんな事を続けてきたの?」

アマルガム:「どうしてって、何が?」

【ヤモト=コキ】:「ラオモト=サンの命令だから? ビズだから? それともタノシイからやってるの?」

ヴァリエイション:「全てだな!」

アマルガム:美味しいスシのためだわ?」

ブラザーディー:(あれがヤモト=サン……平坦だな、どうでもいい

ヴォーパルニャンチャン:「秩序を守る為だ、ネオサイタマという社会の秩序を守らないといけない、大人の責任だ、ラオモト=サンがいなかったら、ソウカイヤがなかったら、ネオサイタマはとっくにザイバツに支配されてるぞ。
頼むから……おとなしくしててくれ……そうすれば手を下す必要もない」

ヴァリエイション:「秩序を守り、利益を生み、カラテを磨き、バイオ改造する。アブハチトラズどころではない」

【ヤモト=コキ】:「その大人の責任とやらで!私をこうにして! シルバーカラス=サンを殺したって言うの!?許さない…アンタ達を許さない!」

アイアンテイカー:「そうだよ」

ヴォーパルニャンチャン:「そうだっていってんだよ!」

プロップマン:「そもそもだ、シルバーカラス=サンが死んだのは貴様のせいだろう?」

ヴァリエイション:「それがどうしたというのだ!悔しいのならカラテで示して見せよ!」

アマルガム:「許されなきゃ、なに?」

【ヤモト=コキ】:「黙れ!!」*プロップマンに向けてオリガミミサイル飛来!

ヴォーパルニャンチャン:「やりにくいよ……もう……!」
ヴォーパルニャンチャン:(やっぱり私はいやだ!ヤモトちゃんとは戦えない!)

アイアンテイカー:カバーリングしていいですか! フレーバーで!
NM:いいよ!
プロップマン:してくれ

アイアンテイカー:ではオリガミ・ミサイルを前面で受け、平然としてます
プロップマン:プロップマン、オリガミミサイルについてはスルーする

プロップマン:「ヴォーパルニャンチャン=サン」

ヴォーパルニャンチャン:「・・・なんだよ」

プロップマン:「奴が抵抗を止めても逃がすことなどあり得んぞ」

ヴォーパルニャンチャン:「・・・わかってるよ」

プロップマン:「フン、そうだといいがな……」

【ヤモト=コキ】:「私のせい?ナンデ? ソウカイヤに逆らう事が悪だと言うの?」

プロップマン:「そうだが?」

【ヤモト=コキ】:「嫌な事は嫌って言えない事が悪だと言うのなら、私は悪でいい!」*カタナを抜くと刀身が桜色に光る!

アマルガム:「……む、あれいいな」
アマルガム:(私もスピンアップすると重心が七色に光るギミックとか仕込もうかな……)

プロップマン:「ふん、命を張ってまで逃がそうとしてくれたシルバーカラス=サンが哀れでならないな」

プロップマン:ヤモト=サンは打てば響くので煽りがいがある
ヴァリエイション:ゲーミングマシンガン

ヴォーパルニャンチャン:(私だって、なにかの間違いがあったらあっちがわだったかもな・・・)
ヴォーパルニャンチャン:「…少しの差でしかないんだよ、ヤモト=サン…どっちも正しいんだ…」

【アンサラー】:「どうやら…これ以上の話は無駄なようだね」

ヴォーパルニャンチャン:「そうだな。」*かがみ、片手を地につく

アイアンテイカー:「アンサラー=サンは流石に話がわかるね。僕たちも話し込んでる暇はないんだ、だから……」

【アンサラー】:「ウム」*腕が炎に包まれる


アイアンテイカー:「イヤーッ!」*フレーバーでアンサラーに跳躍し、尻尾で打ち下ろす!
【アンサラー】:「イヤーッ!!」*バーニングチョップで弾き飛ばす!

【アンサラー】:「なればカラテだ!」
アイアンテイカー:
「GRRRRR!!」*空中で姿勢を整え、他メンバーの近くに再び着地!

アイアンテイカー:「上等だァ! 手前ら全員トコロザワ・ピラーから生きて出られると思うなァ!」*咆哮!

アマルガム:「ま、キツいんならVN=サンはあの子以外仕留めればいいんじゃないのかしらネ、幸いにして他にも的は3つあるわけだし」

ヴォーパルニャンチャン:「・・・そうする」

ヴァリエイション:「皆殺しだ!」

プロップマン:「ヴァリエイション=サン、アイアンテイカー=サン、俺様の前に立て、アーチのジツを見せてやる」

ヴァリエイション:「言われずとも。カナシバリ、頼りにしているぞ」

アイアンテイカー:「ハイヨロコンデー。 楽しみにしてる」

ヴォーパルニャンチャン:「・・・ああ」*キレがわるい

ブラザーディー:「正しい、間違っている…そんな物は勝者が決めます…今は、カラテあるのみ」

ヴォーパルニャンチャン:ショーゴーをおとさねえとやべえ!ガムとVNが死ぬ!
ヴァリエイション:まずショーゴーにフォーカスだ
アマルガム:ステ低めのショーゴー=サンとヤモっちゃんを早々に落として頭数減らすのがいいね

NM:では各自距離を取り、一斉にアイサツをする。

【アンサラー】:「ドーモ、アンサラーです」
アイアンテイカー:「ドーモ、アイアンテイカーです」

【フォレスト=サワタリ】:「ドーモ、フォレスト=サワタリです」
ヴォーパルニャンチャン:「ドーモ、ヴォーパルニャンチャンです」
アマルガム:「ドーモ、アマルガムです」

【ヤモト=コキ】:「ドーモ、ヤモト=コキです!」
ヴァリエイション:「ドーモ、ヴァリエイションです」

【ショーゴー=マグチ】:「ドーモ、スーサイド……いや、ショーゴー=マグチです!」
ブラザーディー:「ドーモ、ブラザーディーです」

アイアンテイカー:ここコミックとかで見開きページに交互に敵味のコマになっててアイサツしてるとこ
ヴォーパルニャンチャン:わかるマン

プロップマン:「……」*スゴイ・シツレイ!

アイアンテイカー:シツレイ!アーチ級ふてぶてしさ
ヴォーパルニャンチャン:シツレイ!
ヴァリエイション:シツレイ!

プロップマン:今他人の目無いしね、もう下っ端じゃないから怒られる心配ないし…
ブラザーディー:なんたるシツレイ!それだけ相手を舐め腐ってるとも取れる

【TURN1な】

♪~【Paradoxical Dreamers】

画像6

IT:アイアンテイカー BD:ブラザーディー V:ヴァリエイション
PM:プロップマン AM:アマルガム VN:ヴォーパルニャンチャン
F:フォレスト=サワタリ A:アンサラー Y:ヤモト=コキ S:ショーゴー=マグチ
◆行動順な◆
サワタリ→プロップマン→アンサラー→ヤモト→ショーゴー→ヴォーパルニャンチャン→アイアンテイカー→ヴァリエイション→ブラザーディー→アマルガム
◆TIPSな◆
NM:今回のイクサは特殊ルールとしてトドメは刺す事は出来ない あくまでラオモトの元に行くのが目的であり、カイシャクする暇すら惜しいのだ。
心臓ブチ抜いたらならばそれまでだが

NM:まずはフォレスト=サワタリ パッシヴ:ナム妄想(重度)発動!
サワタリの狂気が場を包み込み、ナムのジゴクの幻影が見える!

アイアンテイカー:「くっ……またあの感じだ……ジツなのか、これは!?
総員、戦闘態勢を取れ! 敵部隊に遅れを……GRRRーッ!」

ヴァリエイション:「ゲン・ジツか!?」

アマルガム:「ゲン=ジツの一種かしら……コャンチャンの身体にノイズが」

ブラザーディー:「これは、純粋な狂気ですね…仲間を殺された事でより深く、濃くなっています」

プロップマン:「それだけでこれか?全く、度し難い狂人だな…」

ヴォーパルニャンチャン:「ヘッ・・・幻覚ノイズはゴーグルで遮断できるんだよ・・・」*でも狂気はやわらげない

ヴァリエイション:「どこまでも理解不能だ」

アイアンテイカー:「ソウカイ・ネットの情報通りなら一番厄介なのはスーサイド=サンだ。 生命力を奪うジツを使う」

ヴォーパルニャンチャン:「ソウルアブソープションだな・・・先に潰そう・・・」

【フォレスト=サワタリ】:「ベトコン…そこだ!」

NM:サワタリはロングボウを引き絞り…

choice[テイカー,ブラザー,ヴァリ] → テイカー


NM:テイカーを狙って矢の雨を降らす!連射3、時間差、範囲3x3!
アイアンテイカー=サンに1発 ブラザーディー=サンに2発だ!

アイアンテイカー:的確にリーダーを狙うとは流石大将
ブラザーディー:ヌゥーッ!タンクを削りつつ脆い前衛から崩しに掛かるタクティクス!

フォレスト=サワタリ:ワザマエDice : (4B6>=4) → 3,4,2,4 → 成功数2
フォレスト=サワタリ:ワザマエDice : (4B6>=4) → 3,1,5,6 → 成功数2
フォレスト=サワタリ:ワザマエDice : (4B6>=4) → 5,1,2,3 → 成功数1


ブラザーディー:では3個ずつで2回回避
アイアンテイカー:2個回避かな

ブラザーディー:回避Dice : (3B6>=3) → 4,4,1 → 成功数2
ブラザーディー:回避Dice : (3B6>=3) → 5,1,5 → 成功数2

アイアンテイカー:回避Dice : (2B6>=4) → 4,2 → 成功数1

【フォレスト=サワタリ】:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」*大量の矢を番え放った!

ブラザーディー:「イヤーッ!!」*矢を切り払う

アイアンテイカー:「イヤーッ! 効かねぇ!」*鋏を構えピーカブー・スタイル!

NM:では次、プロップマンの手番
プロップマン:まずは手番開始時にモウドク・ダートを使う

プロップマン:ジツDice : (17B6>=4) → 2,4,5,6,6,3,2,6,3,4,1,1,3,3,1,1,5 → 成功数7

プロップマン:
それで変に前に出たくないので動かないでおこう、んで攻撃の代わりにコブラ・ゲン・ジツを使う

プロップマン:ジツDice : (17B6>=4) → 3,6,4,4,1,1,6,3,3,5,6,5,5,5,3,3,6 → 成功数10


ブラザーディー:で、出たー!

ヴォーパルニャンチャン:「頼むぞ・・・プロップマン=サン・・・」

プロップマン:「誰にものを言っている、さっさと連中を殺して来い」

ヴォーパルニャンチャン:「・・・わ、わかってるよう!」

ブラザーディー:「ハイヨロコンデー」

アイアンテイカー:「これだけの空間を一気に…… また出力上がってない?」

プロップマン:「もとよりこの程度は出来る、慣れたまでよ」

NM:ではアンサラーの手番、3歩だけ前に出て、2連射でスリケンを投げよう

choice[テイカー,ブラザー,ヴァリ] → ブラザー

アンサラー:ワザマエDice : (4B6>=5) → 3,6,2,1 → 成功数1
アンサラー:ワザマエDice : (4B6>=5) → 6,5,6,6 → 成功数4


ブラザーディー:無駄に出目がいい 2個ずつで回避 ナムで難易度-1
アイアンテイカー:殺意十分ってわけね

ブラザーディー:回避Dice : (2B6>=3) → 4,5 → 成功数2
ブラザーディー:回避Dice : (2B6>=3) → 3,3 → 成功数2

ブラザーディー:「イヤーッ!イヤーッ!」*スリケンを切り払う!

アマルガム:「鋭いスリケン……!」

ヴォーパルニャンチャン:「ブラザー=サンを集中狙い…考えることは同じか」

NM:ではショーゴーの手番、ショーゴはヤモトの前に出て両腕をかざした。すると両腕からコロイド光が放たれ、PC達を包み込む!
攻勢ソウル・アブソープション・ジツを発動!

アマルガム:視界の通る、だから前衛の三人か
ヴァリエイション:うむ

【ショーゴー=マグチ】:*精神8→7

アイアンテイカー:「ジツか……! 小癪な!」*唸る

ヴォーパルニャンチャン:「ソウル・アブソープション!」

ヴァリエイション:「ソウル・アブソープションか!触れずしてカラテを吸い取るとはな...」*体力25→24

ブラザーディー:「ヌゥーッ!!力が…!これがかの…」*生成メンポが消え掛かる
体力9→8

アイアンテイカー:「GRRRRR!! 嫌な感じだ!」*頭を打ち振る
体力30→29

アマルガム:「私もアレ欲しい」

プロップマン:「貴様に制御出来るとは思えん、ガン以外握るな」
プロップマン:(ガキが二人そろってアーチだと……舐めた真似を!)

アイアンテイカー:「大したダメージじゃないけど……浴び続けると実際死ぬやつだな、これ」

ヴァリエイション:「特にアマルガム=サンはな」

NM:ではヤモっちゃんの手番!
サクラ・エンハンスメント(オリガミ)発動!

ヤモト=コキ:ジツDice : (11B6>=4) → 2,2,1,6,2,3,1,5,6,2,6 → 成功数4

アイアンテイカー:こええ……
アマルガム:追尾弾だ!

choice[テイカー,ブラザー,ヴァリ] → ブラザー


アイアンテイカー:なんたるブラザー=サン集中砲火か!
ヴォーパルニャンチャン:なんでええええ
ブラザーディー:前衛で一番脆いのを狙ってきたな!残り全部吐き出す!
ヴァリエイション:フォーカス集まりすぎ

ブラザーディー:回避Dice : (1B6>=5) → 3 → 成功数0
ブラザーディー:回避Dice : (1B6>=5) → 2 → 成功数0
ブラザーディー:回避Dice : (1B6>=5) → 3 → 成功数0
ブラザーディー:回避Dice : (1B6>=5) → 2 → 成功数0
ブラザーディー:回避Dice : (1B6>=5) → 2 → 成功数0


ヴォーパルニャンチャン:ブラザアアアア!!
ブラザーディー:アバーッ!!
アイアンテイカー:アイエエ!!

【ヤモト=コキ】:「なんでだろう…ブラザーディー=サン? アンタのイアイを見てるとイライラする…。
ナンデ!ナンデ!シルバーカラス=サンのと、似てるの!!」
*桜色のオーラを纏ったオリガミが大量飛来!

プロップマン:「ガキの癇癪な」

ブラザーディー:「グワーッ!グワーッ!グワーッ!グワーッ!グワーッ!」*追尾するオリガミを回避出来ず全弾命中!体力8→3

ヴォーパルニャンチャン:「ブ、ブラザー!!!!」

アイアンテイカー:「ブラザーディー=サン!?」

アマルガム:「ブラザー=サン!?」

ヴァリエイション:「後れを取るな!」

ブラザーディー:「…大丈夫です、ウカツを晒しましたが、まだいけます」

アイアンテイカー:「チッ、的確に集中攻撃してきたな……。 今度はこっちの番だ!」

ヴォーパルニャンチャン:「…そうか、なら…ショーゴー=サン・・・まずお前からだ」

プロップマン:「死ぬなら一人くらい道連れにしろ」

アイアンテイカー:「ヴォーパルニャンチャン=サン! 切り込む頼む!」

ヴォーパルニャンチャン:「もちろんだ!!!!」

NM:ではVNの手番
ヴォーパルニャンチャン:あい、ダッシュ移動、サツバツで叩き落としてやる!4連精密イアイ!

ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 3,2,4,1 → 成功数1
ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 2,3,4,5 → 成功数2
ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 1,6,1,4 → 成功数2ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 4,6,5,6 → 成功数4*サツバツ!*


ブラザーディー:出たー!
アイアンテイカー:ウィーピピー!!
ヴァリエイション:サツバツ!!
NM:ヌゥーッ!1/1/1/3で回避!

ショーゴー=マグチ:回避Dice : (1B6>=3) → 2 → 成功数0
ショーゴー=マグチ:回避Dice : (1B6>=3) → 6 → 成功数1
ショーゴー=マグチ:回避Dice : (1B6>=3) → 5 → 成功数1
ショーゴー=マグチ:回避Dice : (3B6>=3) → 3,3,4 → 成功数3

ヴォーパルニャンチャン:「イヤァーーーッ!!!ヤクザなめんじゃねえ!」*火花をちらし 脚部のローラーで一気に距離をつめ タントの連続攻撃!

【ショーゴー=マグチ】:「テメェらヤクザさえ居なけりゃ!俺やヤモト=サンはぁ!!」

ヴォーパルニャンチャン:「イヤァイヤァーーーイヤァーーー!!!イヤァーーーーー!!」

【ショーゴー=マグチ】:「グッ…!イヤーッ!」*一発だけ受けたが後は回避!反撃のヤンクキックで距離を離す!体力12→10

ヴォーパルニャンチャン:(これでいい、ブラザー=サンから注意をそらすんだ…)

アイアンテイカー:続いて手番行きます…アッ!ナム妄想で側転出来ない!
普通に移動します…
NM:続いて、ヴァリさんの手番
ヴァリエイション:移動してスーサイドにスリケン!

ヴァリエイション:ワザマエDice : (7B6>=4) → 4,1,1,5,4,3,5 → 成功数4

NM:1個で回避!

ショーゴー=マグチ:回避Dice : (1B6>=3) → 5 → 成功数1

アイアンテイカー:「ところでスーサイド=サン、女の子の脚握り潰したことってある?
ヤモト=サンの脚は……今でも夢に見るくらい良い握り心地だったよ。
今は……頭も握り潰したいと思ってる」*スーサイドに挑発的に鋏を向けとこう

【ショーゴー=マグチ】:「ナンオラー!」

ヴァリエイション:コワイ!
ヴォーパルニャンチャン:コワイ!
アマルガム:コワイ!

ヴァリエイション:「イヤーッ!」*ナム妄想に苛まれながらバイオスリケン投擲!

ショーゴー=マグチ:「イヤーッ!」*スリケンを鎖で弾き飛ばす!

ヴォーパルニャンチャン:「ブラザーディー=サン!アマルガム=サン!今だ!」

ブラザーディー:「ハイヨロコンデー!」

ブラザーディー:ぼくの手番だね、その他行動でスシを食べておこう。
ちょっと勿体無いがトロスシ使用 体力3回復っと 体力3→6

ヴァリエイション:喰らえ
ヴォーパルニャンチャン:くらえ
アマルガム:いっぱいくえ
プロップマン:食っておけ

ブラザーディー:そしてスーサイド=サンにちょっかいだしていこ、疾駆ダッシュ

ヴォーパルニャンチャン:「お前、見えてる奴にしかそのジツを使えないよなぁ…?追い込んでやるよ、どこまでも…」
(ブラフだが…じゃないと味方を識別できる理由にならない)

【ショーゴー=マグチ】:「…さぁな?」

プロップマン:「そもそも、そうでなくてはここで俺様達を迎え撃つ必要もない、一人暗がりに潜み、じっくりと俺様達にジツを使えばいいからな」

ヴォーパルニャンチャン:「そういうこった」

ブラザーディー:ではスーサイドに4連精密イアイ 4/4/4/5だ!
ヴァリエイション:おうとも!
アマルガム:やっちゃえ!
プロップマン:コロセー!

ブラザーディー:ワザマエDice : (4B6>=5) → 6,5,2,2 → 成功数2
ブラザーディー:ワザマエDice : (4B6>=5) → 1,1,5,5 → 成功数2
ブラザーディー:ワザマエDice : (4B6>=5) → 3,6,3,4 → 成功数1
ブラザーディー:ワザマエDice : (5B6>=5) → 5,1,3,4,1 → 成功数1


ブラザーディー:サツバツが出ない
NM:スーサイドは防勢ソウル・アブソープションでガード!受けたダメージを即回復!

ヴォーパルニャンチャン:これって時間差にものるの!?
NM:乗る!3部でグレネードの爆発を回復しながら受けるアレを再現したものだ…

ヴォーパルニャンチャン:アイエエ!?
アイアンテイカー:なんたる……!
アマルガム:ずるいぞ(ずるいぞ)

ブラザーディー:「イヤーッ!!」*瞬時に4連斬り!

【ショーゴー=マグチ】:「グゥーッ!……へっ…効くかよ…」*精神7→6

ヴォーパルニャンチャン:「アーチが・・・!」

ブラザーディー:「…なれば再生が追いつかなくなるまで切り刻むのみ」

アマルガム:「ならば死ぬまで撃ち殺す」

NM:アマルガム!
ヴォーパルニャンチャン:ころせええええ
アイアンテイカー:ころせええええええええ!!
ヴァリエイション:コロセー!
アマルガム:二丁拳銃だな 5連射、割り振り4/4/4/3/3、目標スーサイド

アマルガム:ワザマエDice : (4B6>=3) → 1,4,1,2 → 成功数1
アマルガム:ワザマエDice : (4B6>=3) → 1,3,1,6 → 成功数2
アマルガム:ワザマエDice : (4B6>=3) → 2,4,5,2 → 成功数2
アマルガム:ワザマエDice : (3B6>=3) → 3,2,2 → 成功数1
アマルガム:ワザマエDice : (3B6>=3) → 4,1,1 → 成功数1


アマルガム:ウィークポイントは出ないけど全部命中だ
アイアンテイカー:ブルズアイ!
ヴォーパルニャンチャン:ほーほーほー

NM:ヌゥーッ!余計なダメージ受けたくないので精神切るか 防勢!
ヴォーパルニャンチャン:アッコラー!
ヴァリエイション:
しぶといな
アマルガム:テメッコラー!

【ショーゴー=マグチ】:「そんなチャカなんか効かねぇんだよ!」
*精神6→5

アイアンテイカー:「撃たれたそばから再生してる……本当に生身か、コイツ!?」

アマルガム:「なるほどネ」

【ショーゴー=マグチ】:(…くっ…いきなりジツを使いすぎたな…)

プロップマン:「貴様ら、奴を殺し切れるか?」

アマルガム:「いやあアレ銃で殺すのは無理だネ カラテ組に頑張ってもらわないと」

ブラザーディー:「やってみせます」

ヴァリエイション:「超速再生か、即死させるしかないな」

ヴォーパルニャンチャン:「プロップマン=サン、ショーゴーにカナシバリいけるか?ニューロンを焼き切ったほうが速いかもしれん……」

プロップマン:「距離がありすぎる、が…まあ、良いだろう。見せてやる」

アイアンテイカー:「死ぬまで殴り続けながら、プロップマン=サンがニューロンも焼くか!」

ヴォーパルニャンチャン:「ああ・・・今回はマジで連携だぜ」

【TURN2な】

画像7

アイアンテイカー:(アンサラー=サンとサワタリ=サンは実際油断ならぬ強者……何を仕掛けてくる!?)

NM:ではフォレスト=サワタリの手番

choice[ブラザー,VN,テイカー,ヴァリ,プロップ,ガム] → ブラザー

ヴァリエイション:ワッザ!?
プロップマン:ヘイト買いすぎじゃない?
アイアンテイカー:アカーン!!
ヴォーパルニャンチャン:なんでよおおお

NM:ブラザーにヤリ攻撃!4/4/4!通常でHARD コブラで+1 UH!

フォレスト・サワタリ:カラテDice : (4B6>=6) → 4,5,6,2 → 成功数1
フォレスト・サワタリ:カラテDice : (4B6>=6) → 2,5,1,1 → 成功数0
フォレスト・サワタリ:カラテDice : (4B6>=6) → 2,2,2,3 → 成功数0


ブラザーディー:3個回避!

ブラザーディー:回避Dice : (3B6>=4) → 3,4,2 → 成功数1

【フォレスト=サワタリ】:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」

ブラザーディー:「狂人め!イヤーッ!」*ヤリをいなす!

NM:プロップマンの手番!
プロップマン:じゃあちょっとだけ移動しておくか。範囲に誰もおらんからカナシバリ使えんし…。
んで、ショーゴー=サンを対象にノロイ・ジツ使ってみるかあ!

ヴァリエイション:やったぜ。
ブラザーディー:ノロイ・ジツだ!
ヴォーパルニャンチャン:やったー!

プロップマン:ジツDice : (18B6>=6) → 1,3,3,4,4,5,6,1,5,6,6,6,3,5,3,5,4,4 → 成功数4


プロップマン:成功、ニューロン破壊効果を発揮するのは次のターンからだ

【ショーゴー=マグチ】:(な、なんだ…この妙な感覚…)

プロップマン:「これは少し『かかり』が遅い…貴様ら、俺様をカバーしろ。アーチのジツを見せてやる」

ヴァリエイション:(これが!アーチ級に到達したカナシバリ・ジツか!)

アマルガム:「プロップマン=サンの本気とは珍しい……」

ヴォーパルニャンチャン:「なら期待にこたえないと…」

NM:ではアンサラーの手番 一番近いテイカーがタゲ。
バーニングハンド++発動だ

アンサラー:ジツDice : (12B6>=4) → 1,6,2,4,2,5,4,5,2,2,6,3 → 成功数6

NM:そしてテイカーにカラテ!5/5/7!
アイアンテイカー:ぬおお
ヴォーパルニャンチャン:うひいい

アンサラー:カラテDice : (5B6>=5) → 5,1,2,6,3 → 成功数2
アンサラー:カラテDice : (5B6>=5) → 5,2,5,5,2 → 成功数3
アンサラー:カラテDice : (7B6>=5) → 1,1,6,2,5,3,5 → 成功数3


アイアンテイカー:ここは…3個ずつで回避だ

アイアンテイカー:回避Dice : (3B6>=4) → 1,1,2 → 成功数0
アイアンテイカー:回避Dice : (3B6>=4) → 4,5,5 → 成功数3
アイアンテイカー:回避Dice : (3B6>=4) → 4,1,3 → 成功数1


追加ダメージ 1D3+1 → 3+1

アイアンテイカー:4点かぁ

【アンサラー】:「硬そうな身体だ、だがこのジツを前にしてどうなるか 試してみるか アイアンテイカー=サン」

アイアンテイカー:「上等! そのカラテが僕に通じるか試してみろ!」

アマルガム:「アイアンテイカー=サンにまともな傷を負わせたのなんての赤い死神くらいなものよ」

【アンサラー】:「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」*猛火に包まれた決断的危険チョップ!

アイアンテイカー:「グワーッ! ……まだまだァ!」*肩口で燃えるチョップを受け止める!体力29→25

【アンサラー】:「なんと…なんと荒々しいカラテか」

アイアンテイカー:「僕を焼き殺したいなら……もっと気合入れろッコラーッ!」*狂戦士化!

ヴォーパルニャンチャン:「あれで抑える、流石だな…」

アマルガム:「ニンジャスレイヤー=サンが控えていることを考えれば、あまりここで消耗もできないけど……出し惜しみできる相手じゃなさそう」

NM:次、ショーゴー!一番近いVNかブラザーがタゲとなる
ヴォーパルニャンチャン:どうする?アブソープをつかいまくれば寿命が縮むぜぇ

choice[ブラザー,VN] → VN

NM:VNに動かず4/5でカラテ!コブラの難易度上昇打ち消し!
ヴォーパルニャンチャン:こいやああ!!

ショーゴー=マグチ:カラテDice : (4B6>=4) → 6,1,6,4 → 成功数3*サツバツ!*
ショーゴー=マグチ:カラテDice : (5B6>=4) → 5,5,5,5,3 → 成功数4

サツバツ!(5[5]) → 「これで手も足も出まい!」敵の両腕を切り飛ばした!鮮血がスプリンクラーめいて噴き出す!


ヴォーパルニャンチャン:アイエエエエ!
ヴァリエイション:サツバツ!!
アマルガム:なんと

ヴォーパルニャンチャン:ムテキを使って付随効果を打ち消し、ダメージも1に!

ヴォーパルニャンチャン:ジツDice : (9B6>=4) → 3,4,4,1,3,1,6,5,3 → 成功数4


【ショーゴー=マグチ】:「イヤーッ!イヤーッ!!」*鎖にコロイド光を纏わせて打撃強化!

ヴォーパルニャンチャン:「流体防御!イヤーッ!」*防御の構えのまま 身体の表層に透明液体金属がながれ 衝撃を吸収!

NM:だがコロイド光が液体金属を切り裂き、直撃!

ヴォーパルニャンチャン:「グワーッ!長く使ってなかったからな…危なかったぞ…」*ダメージは殺した 体力7→6

【ショーゴー=マグチ】:「…チィ!」

アイアンテイカー:「ヴォーパルニャンチャン=サンがジツで防御するとは……油断ならないカラテ、ジツ頼りのニュービーじゃないみたいだなァ!」

アマルガム:「それなりには鍛えているようネ」

【ショーゴー=マグチ】:「へっ、シックスゲイツ様にお褒めに預かり光栄だナァ、褒美になんかくれよ…テメェの首が一番欲しいがな」

プロップマン:「死をくれてやろう、屈辱的な、な…」

アイアンテイカー:「とんでもない跳ねっ返りだ……せいぜい気張って取りに来い!」*鉄メンポの下で笑いながら挑発!

ヴァリエイション:「笑止!少し強くなったくらいで思い上がるなよ!」

NM:ではヤモっちゃんの手番!

choice[ブラザー,VN,テイカー] → VN

NM:ヤモっちゃんはサクラ・エンハンスメント(カタナ)発動!
そして動かずに精密イアイ2連!

ヤモト=コキ:ジツDice : (11B6>=4) → 1,4,3,5,5,5,2,3,1,1,4 → 成功数5

ヤモト=コキ:ワザマエDice : (7B6>=4) → 3,4,3,1,3,6,1 → 成功数2
ヤモト=コキ:ワザマエDice : (7B6>=4) → 3,4,5,3,4,5,4 → 成功数5

ヴォーパルニャンチャン:
2ダメ!
アマルガム:
安上がり

ヴォーパルニャンチャン:「ま、まずい!回避できん!」

【ヤモト=コキ】:「イヤーッ!イヤーッ!」*シルバーカラス直伝のイアイドー!

ヴォーパルニャンチャン:「グワーッ!グワーッ!」*体力6→4

【ヤモト=コキ】:「アンタ達さえ!アンタ達さえ居なきゃー!!」

ヴォーパルニャンチャン:「シルバーカラス=サンは…もっと強かったぞ、こんな防御、あいつならたやすく抜いてた」

【ヤモト=コキ】:「アンタがシルバーカラス=サンの事を口にするなぁーっ!!」

ヴォーパルニャンチャン:「そういう所が子供だって言ってんだよー!!」

アイアンテイカー:「ヴォーパルニャンチャン=サン、まだ行けるよな!?」

ヴォーパルニャンチャン:「あたりまえだあああ!!!」

NM:ではヴォーパルニャンチャンの手番!
ヴォーパルニャンチャン:ムテキを解除、ダッシュ移動で5マス離れ、
ショーゴーに5マス接近の精密4連!

ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 6,2,5,3 → 成功数2
ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 1,5,3,5 → 成功数2
ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 2,1,6,3 → 成功数1
ヴォーパルニャンチャン:ワザマエDice : (4B6>=4) → 6,3,2,3 → 成功数1


ヴァリエイション:サツバツが出ない
アマルガム:安定はしてるけど出目が走らんね
ヴォーパルニャンチャン:まま、リソース吐かせるのが目的

NM:フーム…カラテモンスターに備えてジツでガードしとこう

ヴァリエイション:「連携で仕留めるぞ!」

ヴォーパルニャンチャン:「どうする?ショーゴー=サンよぉーー!!イヤァァアアー!!!」*加速をつけた横回転斬り 高速回転殺人ゴマめいたイアイだ

【ショーゴー=マグチ】:「何度やっても無駄だぁ!!」*致命の一撃は避け、後は受けながら回復!

ヴォーパルニャンチャン:「そうかなぁ!! 疲弊が顔に出ているぞ!」

ヴォーパルニャンチャン:「元々、お前が勝手なことをしなければ…ヤモト=サンは身の安全が保証されていたかもしれなかったんだ!
お前が…お前が…お前らガキ共が…人のお膳立てを…全てブチ壊しやがって…」

【ショーゴー=マグチ】:「勝手な事だぁ?ざけんじゃねぇ!! ボコって無理やりソウカイヤに入れる事のどこが、何のお膳立てだぁ!」

プロップマン:「簡単なことだ、弱いのが悪い」

アイアンテイカー:「GRRRR!! イヤーッ!」*一瞬屈み込んでトリイへと跳躍!

NM:いまだかつて無い激闘な…テイカーの手番!
ヴォーパルニャンチャン:うむ…
アイアンテイカー:よっしゃぁ!連続側転じゃあ!

アイアンテイカー:ワザマエDice : (6B6>=3) → 3,3,4,1,5,3 → 成功数5

アイアンテイカー:空中で縦回転しながらショーゴーへと襲いかかる! トライアングル・リープキック発動からの4連撃だ!

アイアンテイカー:カラテDice : (6B6>=4) → 3,3,4,3,6,4 → 成功数3
アイアンテイカー:カラテDice : (6B6>=4) → 4,6,1,3,3,4 → 成功数3
アイアンテイカー:カラテDice : (5B6>=4) → 2,1,4,5,6 → 成功数3
アイアンテイカー:カラテDice : (5B6>=4) → 5,2,3,2,5 → 成功数2


プロップマン:出ないときは出ない
ヴォーパルニャンチャン:ぬうう
NM:しかし当たれば痛い!ジツガードしか無い!

アイアンテイカー:「よそ見してんじゃねぇぞ! イィィィヤァァァァーーーッ!そのジツ! 無限ってわけじゃないんだろォ!?」*尻尾打ち下ろしからの鋏連打!

ヴァリエイション:「姑息なジツを使うなら、首をはねて殺してやる!」

【ショーゴー=マグチ】:「グワーッ!グワーッ!……グゥーッ!」*精神5→4

ヴォーパルニャンチャン:「これだから…これだからあああ!!!
支配者が必要だと!はっきりわかる事だよなあ!?
でなければ!狂犬共はつけあがる!
そんな危険なジツを持ってる奴を野放しにしてられるわけねぇだろ!!」

【ショーゴー=マグチ】:「誰が…誰がそんな事を頼んだァ!!結局はテメェらがぬくぬくとしてぇからだろうが!」

ヴォーパルニャンチャン:「黙れ!何もしらないガキが!」

アイアンテイカー:「ヴァリエイション=サン! 殺れェ!」*そのままスーサイドを押さえ込み!

アマルガム:「それの何が悪い?全員で不幸になるのがお望み?お断りだわ」*ぬくぬくとしたい

ヴォーパルニャンチャン:正 論
NM:ヴァリエイション=サンの手番!
ヴァリエイション:移動してショーゴーに5/5/5/4でカラテだ!

ヴァリエイション:カラテDice : (5B6>=4) → 2,1,5,1,6 → 成功数2*サツバツ!*
ヴァリエイション:カラテDice : (5B6>=4) → 1,1,6,5,4 → 成功数3*サツバツ!*
ヴァリエイション:カラテDice : (5B6>=4) → 2,3,5,1,1 → 成功数1
ヴァリエイション:カラテDice : (4B6>=4) → 5,1,6,6 → 成功数3*サツバツ!*


ブラザーディー:出たー!
ヴァリエイション:サツバツ3つだ
ヴォーパルニャンチャン:でたあああああああ
プロップマン:サツバツ!
アイアンテイカー:3サツバツ!

ヴァリエイション:サツバツ!(4[4]) → 「逃げられるものなら逃げてみよ」敵の脚を粉砕!

ヴァリエイション:サツバツ!(5[5]) → 「これで手も足も出まい!」敵の両腕を切り飛ばした! 鮮血がスプリンクラーめいて噴き出す!

ヴァリエイション:サツバツ!(1[1]) → 「死ねーッ!」腹部に強烈な一撃! 敵はくの字に折れ曲がり、ワイヤーアクションめいて吹っ飛んだ!


プロップマン:アイエエエ…
ヴォーパルニャンチャン:ヤッター!さぁどうする
NM:ヌゥゥー!1発はあえて受けてサツバツだけ3/3/3で回避!

ショーゴー=マグチ:回避Dice : (3B6>=4) → 2,3,3 → 成功数0
ショーゴー=マグチ:回避Dice : (3B6>=4) → 1,6,2 → 成功数1
ショーゴー=マグチ:回避Dice : (3B6>=4) → 4,5,5 → 成功数3

脚力減少:(1D3) → 2


NM:アーッ!脚!
アマルガム:足粉砕
ヴァリエイション:脚破壊!

プロップマン:お揃いじゃん、ヤモト=サンと、ペアルックって奴だな。
ヴォーパルニャンチャン:おそろいじゃん
アマルガム:邪悪なオソロっちやめろ

ヴォーパルニャンチャン:「いけ!!!叩き落としちまえ!!」

ヴァリエイション:「イィィィヤァーッ!!!横のガキとお揃いにしてやる!!」

アイアンテイカー:(ヴァリエイション=サンのカラテがクリーンヒットだ。流石のジツでもノーガードって訳にはいくまい!)

【ショーゴー=マグチ】:「ぐ、グワーッ!!がっぁ…!あ、脚が…!」*ジツの回復が間に合わない!大腿骨粉砕!体力12→7

【ヤモト=コキ】:「ショーゴー=サン!!」

【ショーゴー=マグチ】:「た、大した事ねぇ…捻挫の方が、まだ痛ぇなぁ!」*強がり

ヴァリエイション:「ハハハハ!その意気だけは買ってやる!」

アマルガム:「痛々しいわネ」

アイアンテイカー:「ナイスだ、ヴァリエイション=サン!」*素早くスーサイドからタタミ2枚分の距離をとる

アマルガム:「ブラザーディー=サン、静かにさせてあげたらどうかな」

ブラザーディー:「えぇ、ヤンクの戯言はウンザリです」

ヴォーパルニャンチャン:「ハァーーハァーー…ああ!殺せ!!見せしめだ!」

アイアンテイカー:「切り刻め、ブラザーディー=サン!」

NM:ブラザーの手番!
ブラザーディー:では精密イアイ4連!
ヴァリエイション:コロセー!

ブラザーディー:ワザマエDice : (5B6>=3) → 4,6,3,1,3 → 成功数4
ブラザーディー:ワザマエDice : (5B6>=3) → 5,3,4,3,1 → 成功数4
ブラザーディー:ワザマエDice : (5B6>=3) → 4,2,1,4,3 → 成功数3
ブラザーディー:ワザマエDice : (6B6>=3) → 2,3,6,6,6,1 → 成功数4*ヒサツ!*


アマルガム:でたあ!
ヴォーパルニャンチャン:でたあああ
ブラザーディー:ヒサツゥ!
ヴァリエイション:ヒサツ!!!!

NM:回避Diceがねぇぇぇ!!ワンチャンかけてジツガード!まぁ、そうそう最大値なんか出ないやろ…

2D3 追加ダメージ : (2D3) → 3[3,3] → 6

NM:死んだわ
ヴォーパルニャンチャン:やったぜ
ヴァリエイション:やったぜ。

ヴァリエイション:「トドメヲサセー!」

ヴォーパルニャンチャン:「ケケケケ・・・死んだな あの構えは」

ブラザーディー:「ふむ、強烈な一撃は回復が間に合わないと見ました、カイシャクする暇すら我々は惜しいのです、眠って貰います…
イィィヤァァアアアアーッ!!」

【ショーゴー=マグチ】:「なっ、グワーッ!!ヤラレター!!」*体力7→0 気絶!

ヴォーパルニャンチャン:「ハァーーーハァーーー・・・次はおまえだ・・・抵抗すると・・・こうなると・・・警告は終わった」*ヤモのほうにゆらりとむきなおり

アイアンテイカー:「スーサイド=サン、カラダニキヲツケテネ」*皮肉半分

【ヤモト=コキ】:「ショーゴー=サン!!」

プロップマン:「死神のようだな、頼る男頼る男、皆死んでいく」

ヴァリエイション:「ハハハハ!言えているな!」

NM:お前らが殺してるんだよなぁ
プロップマン:出てこなければやられなかったのにって言ってるだろ

ヴァリエイション:げへへ
ヴォーパルニャンチャン:ダハハ

NM:ではアマルガムの手番だ
アマルガム:攻撃集中5連射、割り振りは4/4/4/3/3

アマルガム:ワザマエDice : (4B6>=3) → 6,5,1,1 → 成功数2
アマルガム:ワザマエDice : (4B6>=3) → 3,1,4,6 → 成功数3
アマルガム:ワザマエDice : (4B6>=3) → 2,2,2,5 → 成功数1
アマルガム:ワザマエDice : (3B6>=3) → 6,4,5 → 成功数3
アマルガム:ワザマエDice : (3B6>=3) → 6,5,6 → 成功数3*ウィークポイント!*


アマルガム:出たー
プロップマン:お、出た
ヴォーパルニャンチャン:でた!!
ブラザーディー:ウィーク!
アイアンテイカー:ウィーク!
ヴァリエイション:出たぁ

アマルガム:ダメージ1/1/1/1/2です
NM:ふむ、それじゃあ2/2/1/1/3で避けましょうか

ヤモト=コキ:回避Dice : (2B6>=4) → 4,1 → 成功数1
ヤモト=コキ:回避Dice : (2B6>=4) → 3,1 → 成功数0
ヤモト=コキ:回避Dice : (1B6>=4) → 6 → 成功数1
ヤモト=コキ:回避Dice : (1B6>=4) → 6 → 成功数1
ヤモト=コキ:回避Dice : (3B6>=4) → 1,3,2 → 成功数0


ヴォーパルニャンチャン:うぃーひひひ
アマルガム:3点!
プロップマン:3ダメ!
ヴァリエイション:いいね

【ヤモト=コキ】:「ンアーッ!」*避けきれず銃弾命中!体力11→8

アマルガム:「よそ見してる場合かしら?
まったくあなた達ときたら、口を開けばお前らさえ居なければと…。
私達が、ソウカイヤがいない世界を想像できるの?その貧相な想像力で?
悪の組織がいなければ、皆おてて繋いで仲良しこよし?
まぁ、想像力豊かなこと」

ヴォーパルニャンチャン:「まったくだ・・・ああ!まったくだ!
テメェらのためにこっちゃ命張って、治安を守ってやってんのによお!!
それをごちゃごちゃ勝手抜かしやがって…
違うかよ、ええ? テメェらゴミのようなテロリスト!ヤンク!」

アイアンテイカー:大将はギリギリアウトな気もするけど、ヤモッチャンの目の前でカギ=サン殺したりショーゴーの脚砕いといて秩序サイドっぽい主張するの、ソウカイヤ(極道)イズム全開ですき

アマルガム:「私はそこまで傲慢ではないけどネ、必要悪って奴だわ」

【アンサラー】:「守ってやってると来たか。
なればヤクザクランなぞ必要無いだろう、ならば何故、君たちが維持していると主張する治安を乱す連中を、君たちの傘下に入れているのだね?」

ヴォーパルニャンチャン:「無軌道テロリストだけには言われたくねぇよ!! ラオモト=サンなくしてネオサイタマあらず!」

アイアンテイカー:「知れたこと!ヤクザクランとソウカイヤ、統制された闇社会と暴力!それがラオモト=サンの定義する”治安”だからだ」

【アンサラー】:「話にならないな、結局は君達は自分達の事しか考えていないのだよ 自分達さえ潤えば、他者等どうでもいいと、なんたる傲慢よ」

ヴォーパルニャンチャン:「だからテメェらだけはそれを言うんじゃねえ!」

アマルガム:「ほっといて好き勝手されるほうがマシなら最初からそうしてるわ」

アイアンテイカー:(イッキ・ウチコワシの革命闘士……舌戦じゃちょっと分が悪いな!)
アイアンテイカー:「ご大層なお題目より……カラテで証明したらどうだ?」*尻尾くいくい

【アンサラー】:「うむ…」*手から炎が吹き上がる

ヴァリエイション:「頭のおかしいテロリストが自分の都合ばかり並べ立てている。気にすることはない」

アマルガム:「そうそう。……証明するのは私以外でお願いネ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

→#後編へ続く