見出し画像

すごい笛師・蘭照さん

画像1

唄口部分しかない?!

そうです。これは篠笛の頭部管です。
ピッチの微調整ができるように、
笛師の蘭照さんにお願いして作っていただいたものです。

フルートのように組み立て式の楽器は、頭部管を抜き差しして
管の長さを変化させることができ、
それによってピッチの微調整ができます。

が、篠笛はただの竹の一節。

もちろん、、そこがいい。
そこがいい。
そこがいい・・・・

しかし、
わたしがやっている音楽のように、ピッチが合っていることが、
重要な音楽シーンでは、本当にムズイ。

もうリップコントロールしか使えないのですから。

ピアノはピッチ調整を演奏の都度にできませんが、
弦楽器や管楽器は必ず演奏前にみんなチューニングしていますよね。
それに値するものが篠笛にはありませんので、

今のように寒い時期だと、
ピッチが相当低くなっているのですが、

あ、低い・・・・相当、低い・・・

と覚悟する以外どうしようもありません(笑)
笛吹きならおわかりですが、
ピッチを上げながら吹く(カリ奏法)は
本当にパフォーマンスが出せないのです。


というわけで、頭部管を作っていただいたのです。

しかしながら、やはり金属部分があるせいか、
この部分から割れが生じ、

画像2

このような姿になってしまいました。
むむむむむむむむ・・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

この笛はもう20年ほど前でしょうか、
ずいぶん前に作っていただいたもので、
色々と理由があって、結局、篠笛はそのまま一節の姿で、
ピッチコントロールは稽古といくつか笛を揃えることで、
対応しようというのがわたしの結論でした。
そのため、頭部管はこの1管のみです。

お囃子などの民俗芸能のなかで奏される笛に、アンサンブルのなかでピッチを合わせる、という目的はなく、
そもそも、音楽がそういう価値観でできていません。

それは西洋音楽と比べて、劣っているとか優っているとか、全く違う話ですが、自身がやっている音楽シーンは、ピッチが合っているかどうかは、重要視されていますので、いくら笛だからといっても、無視できるものではないんですね。

篠笛も古くから我が国にありますが、こんな風に演奏者のやりたい音楽シーンに応じて、さまざまに改良や試作が重ねられてきています。
笛師の蘭照さんは、本当に何百本というか、何千本ではないでしょうか、
凄まじい数の笛を作ってこられ、
ペーペーの若手であったわたしのような演奏者の要望に、
耳を傾けてくださり、こんな手の込んだ笛をも作ってくださいました。

蘭照さんは、演奏者の要望に応えようとしてくださるので、
まさにものすごい数の試作、改良版があります。

篠笛が既存の民俗芸能の枠から、飛び出て、
さまざまな音楽シーンで活躍しだしたのも、
このような職人さんによる楽器の進化と同時進行で、歩んできたからこそです。


古い楽器のように見えますが、
実に最先端、ひとつの姿にとどまることなく、
まだまだ進化しそうです。

明日は蘭照さんのお誕生日です。

蘭照さん、
お誕生日おめでとうございます。
そして、いつもありがとうございます!!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです~!ありがとう♡
6
篠笛という竹の横笛を吹いてます。 小学生のころはリコーダーを吹きながら下校。 中学生からフルートを吹奏楽、高校ではクラシックを。 大学は武道に走り、居合道部所属。 とりあえず、長い棒状のものを手にしてきました。 本が好き。活字好き。