見出し画像

社会的処方研究所Researchコンテスト開催します!

医師が出す薬ではなく、地域のつながりで人を元気にする「社会的処方」。
そのしくみの要となる地域資源を見つけに行く「Research」。
いまこそ、みなさんが集めた情報をシェアし合うとき!

社会的処方研究所のクラウドファンディングをした時からずーっとやるやると言い続けて、なかなか開催されていなかった「Researchコンテスト」をいよいよ開催します!

クラファンのページ見てもらえればわかるように、もともとは、社会的処方研究所Factoryに参加、またはメールやツイッターで有益な情報くれた方に、景品か仮想通貨プレゼントするよ!って企画だったのです。
でも、実行可能性の問題などいろいろとありまして今回の「Researchコンテスト」へと形を変更しての開催となりました。

【参加方法】

①社会的処方研究所『野帳~Field Note』を使って地域の情報を取材してきた内容をinfo@kosugipluscare.comへ送るか、#社会的処方研究所のハッシュタグをつけてツイッターに投稿するだけ。必ず、下記のようにField Noteを使って取材した写真を添付してください!

②エントリー締め切りは今日から1か月後の、5/20まで。
→期間延長しました!6/1までとします!

③Field Noteの使い方、情報の面白さ、重要性などをもとに、社会的処方研究所オンラインコミュニティのメンバーにて内容を拝見します。その結果、「面白い!」「興味深い!」「すごいResearchしたね!」という共感をたくさん集めた投稿をくださった方へ、500円相当の景品(Quoカード)を贈呈します!

④特に興味深い投稿(活動)については、こちらから追加で取材をお願いする場合があります。

⑤興味深いField Noteの記録については、今年12月に刊行を予定している「社会的処方ハンドブック(仮)」に写真を転載させていただきます。

これまでField Noteをお買い求めいただいた方も、これからお買い求めいただく方も、ふるってご応募ください!

※社会的処方研究所『野帳~Field Note』は下記リンク先からお買い求めください!

一般社団法人プラスケア代表理事
西智弘

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは全て暮らしの保健室の運営資金となります。 よろしくお願いします。

3
2005年北海道大学医学部卒。 2012年から川崎にて、腫瘍内科-緩和ケア-在宅ケアをトータルで診療するシステムを創る。2017年に暮らしの保健室を設立し病気になっても安心して暮らせるまちづくりへ取り組む。リレーショナルアーティスト。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。