昔作ったRails製のサービス「Mojicon」をSPA化してサーバー代0円で運用できるようにした

昔作ったRails製のサービス「Mojicon」をSPA化してサーバー代0円で運用できるようにした

tnantoka

以下で作った「Mojicon」というサービス。

僕とボットしか使わないまま、ほぼ4年間運用していました。

その間ダウンロードされたアイコンは559件、その大半がボットによるもので、それ以外はほぼ僕という過疎っぷり。

※ ちなみに、一番のお気に入りは「ABFlow」というアプリのために作ったアイコンです。

この状況だとさすがにサーバー代がもったないので閉じようかと思ったのですが、僕自身がたまに使っているので、ちょっと困る……。
「自分が作りたいものを作ると、閉じたい時に閉じれない」ということを学びました。

そんな中、ふと「この程度の機能なら、サーバーサイドなしで動くように簡単に作り直せるのでは?(無料で運用できる!)」と思ったので、やってみました。

結果が、これです。
※ Chrome以外ではまともに動かないです。

技術的な話

フレームワークはNext.jsです。
実質1ページしかないのでNextである必要はないのですが、Lintやテスト等の設定がおまかせできて楽なので。

ホスティングはCloudflare Pagesです。
たまに「Failed: an internal error occurred」でデプロイがこけますが、タダ乗りしてるだけなので何の文句もありません。
(リトライすれば一瞬で通るし)

あとは有名所のnpmパッケージ達にお世話になりました。

  • bootstrap

  • copy-to-clipboard

  • file-saver

  • jsonschema

  • jszip

  • react-bootstrap-typeahead

  • reactstrap

削除・変更した機能

作り直すにあたって、無駄な機能を削除しました。
とにかく保守の楽さを重視。

  • ログイン
    Firebase面倒 どうせ誰もログインしないので削除

  • API
    → 僕すら使っていなかったので削除

  • Font検索
    → Google Fontsで検索すればいいので削除

  • 文字間隔の調整
    → Canvasにないので削除(CSSにはletter-spacingあるのに!)
     テキスト数を無制限にしたので、配置を調整すれば同じことはできる

  • YAML
    → JSONに変更

  • ダウンロード履歴
    → zip内にJSONを同梱することで代替

追加した機能

文字の代わりにアイコンフォントを使いたい、と思うことがたまにあったので、
Material Iconを使えるようにしました。

こんな感じで使えます。
(savingsとcircleを組み合わせて、Corner Radiusを最大にした例)

厳密にはドメイン代がかかってるので0円ではないのですが、
それは月額100円程度で、サーバー代に比べれば全然安価なのでこれでよしとします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tnantoka
文字制限のないTwitterぐらいの感じです。